埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ


楽天は来季松井に抑えを任せるようです。



今季は松井を先発に回し、松井より劣る森原を守護神にしてスタートしました。




あれだけ積極的に補強をしておいて、抑えを軽視する訳がなく、松井のプライドにも配慮して前倒しで先発転向させて抑えを空けておく、増田の受け入れ準備だと思ってましたが。。。

交渉が上手く行かなかったのかもしれませんね。



それともFA流出ばかりで染み付いてしまったライオンズファンの被害妄想だったのでしょうかね。


松井を抑えに再転向させる辺りから見るに、石井一久も抑えの重要性を分かっているので、多分増田との交渉が上手く行かなかったと思われます。




こうなると、増田の移籍先は巨人、阪神、オリックス辺りになりますね。




ただ、

ライオンズファンは楽天にはFAで嫌な思いをしてるので、

もしかしてセットアッパーとして増田を獲得するかもという疑惑はまだ拭えません。




楽天は社員に経営状態を公開するとのことですし、コロナの影響が大きくあります。


この状況下でFAで大金を注ぎ込むことは、良くないとの判断ですかね。



とりあえずは、楽天じゃないようなので移籍するならセ・リーグでお願いしたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







楽天は個別にコロナによる試合削減があった場合は、改めて交渉するという条項を入れるそうです。



交渉するのは当たり前なのに、選手会が強すぎてオーナー会議が舐められてる的な事を三木谷オーナーは散々言ってましたね。




球団あっての選手でもあり、選手あっての球団でもあるので交渉するというのが妥協点だと思います。





ライオンズも経営に余裕はないので、しっかり交渉した方がいいですね。




コロナによる経営不振は社会問題ですし、一般の会社なら交渉もなく、一律ダウンが当たり前ですが野球選手は個人事業主ですし、金銭感覚的にも風潮的にも一般の会社の当たり前を求めても難しいと思います。




しかし、

FAすると一般の会社なら待遇が良いところに転職するのは当たり前だという人がいますが、一般の会社の常識を持つならこの社会状況なら給与カットを受け入れるべきです。



選手達には都合よく、一般の会社の常識を持ち出さないで欲しいですね。



私は野球選手に一般の感覚を求めていないので、どんなに待遇が良くても増田が楽天に行ったらブーイングします。




選手、球団が取り沙汰されていますが、

野球ビジネスはファンあってのものです。




ファンが球場に来たり、グッズを買ったりなどなどお金を落とさないと経営出来ません。


野球の関心が薄い人を球場に呼ぶのは、コラボイベントなどで良いと思いますが、

ファンにとっては勝つことが一番のファンサービスです。



選手達には契約よりも来季巻き返すためのオフにしてもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









増田のFA流出までのカウントダウンが残りわずかになってきたライオンズですが、

DeNA井納を獲得調査という記事が出ました。


夕刊フジですが。。





先発が足りないライオンズなので、補償のいらないCランクの井納はきっと欲しいんではないかという、

記者の予想だと思います。





記事には巨人、ヤクルト、西武が狙ってるとありますが、もしこれが本当だったとしても資金力に勝る巨人がいて勝てる可能性はないです。


CランクでFAをする訳なので、年俸アップと複数年が狙いでしょう。




マネーゲームするほどの選手ではないですし、参戦するなら複数年は必須です。


年齢的にも複数年を結ぶのはハイリスクですので、ライオンズは行かないでしょう。

井納もDeNAに複数年を結ばせたいという思惑があってFAをチラつかせてる可能性もあります。




予算が青天井で良いなら、ライオンズに来て貰えれば助かりますが、ライオンズは予算内編成です。

ここで予算を使うくらいなら、主力野手に長期の複数年を提示した方が良いです。




まずは2022年オフにFAの外崎流出阻止に今から残留のための長期契約を仕掛けたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






↑このページのトップヘ