埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ


ライオンズの課題は、投手力です。



昨季は、先発に苦労しましたが、中継ぎは鉄壁の勝ちパを築き上げました。


今季も、増田の残留、平良の先発転向延期により、8、9回の安定感は高いと思われます。



しかし、森脇、宮川、ギャレットは経験が浅いため、研究された今季も昨季同様のパフォーマンスが出来るかは分かりません。


また、僅差の場面で投げていた小川は手術明けです。


中継ぎとして実績のある平井は、先発転向しました。


先発陣が頼りないライオンズが、上位に行くためには中継ぎの出来次第です。




主力中継ぎ陣が、昨季同様のパフォーマンスをしてくれるだけでは3位なので、優勝を目指すにはもう2人〜3人中継ぎとして活躍してもらいたい所です。




足りないのは、平井の担っていた便利屋枠と、対左です。





期待しているのは、


平井の後釜に田村です。



平井が担っていた便利屋枠に、昨季敗戦処理ながら良い働きをした田村に、担って欲しいと期待してます。




対左には、ダーモディーです。



球団が先発として獲ったので、先発で使わざる得ないでしょうが、他に候補が居ません。

ライオンズは、ソフトバンクの左打者にかなり打たれているので、対策が必要です。






そして、個人的に最も期待したいのは、

中堅投手陣です。




私はライオンズファンなので、支配下も育成もライオンズ所属選手は、みんな応援しています。


昨季まで所属していた、トラブルメイカー相内でさえ、何とか活躍してもらいたいと思ってました。




中堅投手陣の中でも、


斎藤大将、中塚、佐野はそろそろ首が危ないです。



多少でも、1軍の戦力にもなったことのある選手達です。


このまま首では、寂しいですし、何とか活躍してもらいたいです。


佐野は、タフさが売りですので、田村の左版として便利屋枠を目指して。

中塚は、緩急が使えるので、後はコントロールを高め、敗戦処理定着を。

斎藤は、スライダーを磨き、対左用の投手に。



崖っぷちからの這い上がりを期待してます。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク


無観客で行われる今年のライオンズのキャンプですが、ニコ生で無料配信されるそうです。



嬉しいファンサービスですね。



普段キャンプを見に行かない人も、今年はキャンプの様子を見る方も増えると思われます。


これをきっかけに、来年以降、見に行こうと思われる様な球団にしたいですね。


辻監督は、外国人が居なく人数的にも紅白戦をやれないかもとコメントしてましたが、記事によると紅白戦の予定はされていますね。




今年は、どの球団も外国人の入国が不透明です。


ライオンズが優勝するためには、ソフトバンクが完全体になる前に、楽天に入団するかもしれない田中が日本野球に適応する前に、差を付けたいです。


開幕ダッシュをかけたいですね。




そのために、キャンプ後半には紅白戦による実戦練習を増やし、活きた球で投げる、打つ、守る、走るを行いたいです。



主力の仕上がりも見たいですが、

キャンプやオープン戦の序盤は、若手の実力も見れる機会です。


投手では、井上、渡邉、上間。

野手では、川野、ブランドン、若林。


さらに、

サード争いと外野手争いも楽しみですね。



若手は緊張するとは思いますが、思い切ったプレイを見せてほしいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク


怪我をした柘植に代わり、中熊がA班に合流となりました。



中熊は、打撃が魅力の選手です。



捕手登録ですが、守備難もあり、2軍では打撃を活かして主にファーストを守っています。


コンバート前提の選手だと思ってましたので、捕手としてA班合流は意外でした。



ライオンズの捕手には絶対的なレギュラー森がいます。



サブには岡田、柘植がいて、若手では牧野もいます。


ファーストのサブは、メヒアと呉です。



現時点では、

来季以降メヒアが抜けるのを前提に、山川のバックアップとして、2軍でも守ってるファーストをサブポジションにし、

ファースト兼第3捕手狙いが良さそうです。


 

中熊が打撃をさらに伸ばすことが出来れば、ベンチ入りメンバー全員を戦力化する事が出来る可能性も広がります。



1軍捕手が、森、岡田、中熊なら、

レギュラーの森、バックアップの岡田、代打でも使える中熊と、置物になる選手がいなくなります。

昔で言う、上本の役割です。



バックアップが岡田、柘植と2人いる現状よりも、

ベンチ入り選手全員を戦力化出来ると思います。




そのために、中熊を捕手として育成するなら、

A班で実戦に近い連携などをやるよりも、B班で徹底的に基礎的な捕手練習をした方が良いですね。




他にも、

魅力的な打撃がありながら、外野の守備が上手くなく、高木や鈴木に追い越されてしまった外野手の戸川は、このままだと居場所がなくなります。

このまま外野手なのか、ファーストへのコンバートをさせるのかも考えないとです。




また、



1軍のレギュラーに近い位置にいながらも、内野の空きは本職ではないサードしかなく、そのサードもドラ1渡部に、山田、佐藤といる山野辺は、

このままサード争いをさせるのか、スカスカの外野に活路を見出すのかも考えないとです。



外野の西川の、怪我の後遺症も、確認しないとですしね。





渡部の様にレギュラーとして育てる選手は別ですが、中熊、戸川、山野辺の様に控え組は、その選手達を活かす道を考えてあげてほしいです。




山野辺は外野ならレギュラー候補ですが、

中熊が森に勝つ未来は見えないので、中熊、戸川はレギュラーは厳しいです。



しかし、


野球は、レギュラーだけではなく、ベンチ入り全員で戦います。



控えでも、存在感は出せます。



首脳陣も、こういう控え組の選手達を活かす未来を考え、明確に提示し、取り組ませてあげて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク

↑このページのトップヘ