埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

昨日のドラフトから一夜明け専門家の採点などではライオンズはあまり評価が高くないですね。

理由としては弱点の投手補強がほぼないからです。

今年は野手重視のドラフトでした。

指名選手は前回のブログをご参照ください。



指名選手のほとんどが育成を見越しての素材型です。


即戦力になりそうなのは2位の社会人出身左腕佐々木くらいで、1位の渡部くんも育成が必要だと思ってます。

主力野手のFAが2023年には待っているため、3年で育成するという考えだと思います。


多分、主力野手を残せるかは微妙な状況なんでしょう。


ライオンズは野手の育成には長けていますが、近年は伸び悩みもあるからこその、今回の野手重視ドラフトです。

ライオンズなら野手は育てられると思いこんでは駄目なので、しっかり指導が必要です。



野手はお手本となる選手がライオンズには多く、特に栗山はかなり練習するようですし、そういったプロ意識を植え付けて欲しいです。

指導者に関してはテコ入れしてほしいですね。
土井氏が根付かせた野手育成の土壌がありましたが、若手野手の伸び悩みを見てると実績ある田辺コーチ辺りにもう少し働いてもらいたいです。

今の森、山川のチームもFAを考えるとあと数年です。

今年のドラフト選手から次世代のチームの核となる選手を育成して欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






本日のドラフトでは育成も含めてなんと12名もの大量指名です。

内、7名が野手と近年にはない野手重視のドラフトでした。

1位はやはり早大の早川くんでした。

辻監督の意向でしょう。


ハズレ1位はサプライズで渡部くんでしたね。 

これは編成の意向でしょう。


辻監督の意向でとった斎藤大将の現状を見ると、編成主導の方が期待が持てます。


2位でも取れたという意見もありますが、2位で取りたい投手の内誰かしらは残るという計算のもと確実に渡部くんを取るための1位なんだと思います。


ライオンズなら渡部くんを育てられると信じましょう。



2023年には主力野手のFAが控えてます。


残せるか分からないので、3年かけて野手を育て上げるための野手大量指名だと思います。



来季のコーチ人事はまだですが、残るなら田辺の出番です。

打撃コーチとしては実績もあるので、しっかり育ててください。








以下、全指名選手です。

1位

渡部健人 内野手 桐蔭横浜大

115キロの巨漢スラッガーです。
ポジションは三塁手。
体型といい中村の後釜です。
中村の打撃を参考にしたとのことですし、中村、山川と巨漢スラッガーを育てたライオンズは本人にとってはいいチームだと思います。

即戦力だとは思ってません。
来年は2軍でホームラン王を狙いましょう。


2位

佐々木健 投手 NTT東日本

ライオンズお馴染みの富士大卒の左腕です。
辻監督の意向の左腕を取ったのでしょう。

制球に難ありとのことですが、ライオンズにいる富士大出身者に実力的にはハズレはいません。問題を起こした佐藤も実力はありました。

大学の時から見てたようなので、富士大とはパイプもあるし行けると判断したのでしょう。


3位

山村崇嘉 内野手 東海大相模高

左の大砲候補です。
しばらくは嶋に預けましょう。

4位

若林楽人 駒沢大 外野手

パンチ力が魅力の右の外野手です。
木村の後釜でしょうか。

5位

大曲錬 福岡大準硬式 投手

準硬式ですが、最速154キロです。
準硬式出身の青木3軍コーチにアドバイスもらいましょう。

6位

ブランドン大河 東京農業大北海道オホーツク 内野手

身体能力の高い三塁手です。
名前でわかる通り日本とアメリカのハーフです。
やはり佐藤は解雇ですかね。

7位

仲三河優太 大阪桐蔭高 外野手

富士大と同じくライオンズお馴染みの大阪桐蔭です。左の外野手ですが、高木、鈴木、西川とライバルも多いです。
戸川はもしかすると切られるかもですね。


育成

1位赤上優人 投手 東北公益文化大

2位長谷川信哉 外野手 敦賀気比高

3位宮本ジョセフ拳 外野手 名古屋学院大

4位豆田泰志 投手 浦和実高

5位水上由伸 投手 四国学院大



野手中心の指名なので、来季は今井の覚醒、多和田の復活、当たりの先発外国人が必須となります。

誰を取っても賛否両論あるのがドラフトです。

野手なら育て上げられると信じましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









今日は楽しみのドラフトです。
金のないライオンズが戦力補強出来る貴重な日でもあります。

今年の目玉は近大佐藤くん、早大早川くん、中京高橋くんです。

3人とも指名公表している球団があるので、どこに行っても抽選になります。

ライオンズは今のところ公表してません。



上記ニュースでは、社会人の栗林指名かとのことですが、

栗林にするなら重複を避けるために戦略的には公表しちゃった方が良いです。

これから公表するかどうか見物です。



指名は、辻監督の意向をどこまで受け入れるかだと思います。

辻監督は落合氏の下で長年指導者経験を積みました。

落合氏は投手中心のチームを作り、野手は守れないと駄目という監督でした。


辻監督も影響を受けてると思いますが、投手の弱いライオンズではそれが出来ませんでした。


最近は中継ぎが使えるようになり後は先発です。
特に左がいません。

辻監督は早川くんって言うと思います。


個人的には森、山川の後を担える野手の核となる選手が欲しいです。


ライオンズスカウトの野手を見る目は信じてます。

近大佐藤くんがその器かどうかスカウトが迷うようなら投手指名です。

迷ったら投手です。

これから情報合戦になると思うので、まだまだ楽しめそうですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ