埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ



今季中にも、ライオンズ生え抜き選手としては初の、2000本安打達成が見込まれる栗山です。



昨年は、主力が軒並み不調の中、栗山は獅子奮迅の活躍でしたね。





打線には、チャンスメイカーと勝負を決めるバッターが必要です。


昨年は、勝負を決めるバッター山川、森が不調だったこともあり、栗山がその役割を担いました。



本来は、チャンスメイカーの打者ですが、ベテランになり、守備、走力は衰えましたが、選球眼は健在ですし、逆勝負強さは逆に増しました。



スタメンが無理になっても、勝負強さを活かして、ライオンズにはいない代打の切り札も出来るので、息の長い選手になれそうです。




戦力的にも将来的な使い所の見える選手ですし、ライオンズ一筋の選手への待遇の良さをアピールする意味もあり、この歳での複数年契約だと思います。



今年も複数年契約にあぐらをかかず、自主トレでもしっかり自分を追い込んでました。




今季は、山川、森が復活すると見越し、栗山にはチャンスメイカーを担って欲しいですね。




山川、森の前にいかにランナーを貯めることが出来るかが得点力アップに繋がります。



昨年のように、上位の出塁が伸びなければ、外崎、栗山の1、2番でも良いと思います。



辻監督の考える、金子、源田の1、2番が機能すれば、栗山は下位でチャンスメイクしたり、ここぞの場面では勝負を決めるバッターになったり、

栗山はどちらの役割も出来るので、打線の厚みが出ますね。




同級生の中村と共に、まだまだライオンズには必要な選手として、活躍してもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



スポンサードリンク


ライオンズの誇る、鉄壁の二遊間のセカンド外崎です。


 


出始めの頃は、打てなくても使われてた外崎、木村、田代を合わせて、外木田とか言われ、辻監督の愛人枠的な存在でしたが、外崎だけは才能が開花しましたね。


今では、打撃も守備もライオンズには欠かせない存在となりました。




思い返せば、


ドラフト後に放送される、TBSのドラフト特番、「お母さんありがとう」にご家族と共に出演され、感動したのをよく覚えています。



お父さんが借金して買ってくれた、子供の頃のグローブを、今でも大事にしてるのは、良いエピソードですね。



選手として成功し、青森の実家に家をプレゼントされたようで、非常に親孝行な選手です。


楽天の浅村に憧れていて、今年も一緒に自主トレをやったようですね。


東北に住む両親想いで、浅村とも仲がいいとなると、なんだか嫌な予感がしますね。。。


外崎は来季オフにFA取得見込みです。








今季は、打率、出塁率を上げたいとコメントしてます。



個人的には、


怖さもある外崎は、1番打者が良いとブログで書いてましたが、今でもそう思ってます。



しかし、辻監督は、1番金子を考えてるみたいなので、外崎は3番か、5番になるでしょう。



金子が昨季後半のように、出塁率を意識し且つ、ムラを減らせば、立派なトップバッターですが、



もし、今季も例年通りの金子ならば、

長打もあり、出塁率を意識した外崎は1番打者に適任だと思われます。



理想は、

チャンスメイクをするバッターと、勝負を決めるバッターが機能することです。



ライオンズ打線には、


勝負を決めるバッター、山川、森がいます。


足りないのは、チャンスメイクをするバッターです。


外崎はどちらも出来る素晴らしいバッターですので、ずっとライオンズに居て欲しいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク



前回は、中継ぎ陣の事を書きましたので、





今回は先発陣の事を書いていこうと思います。




キャンプ、オープン戦の出来、外国人の入国時期などがまだ分かりませんが、


現時点で、個人的に6人選ぶなら、


高橋、平井、ニール、松本、浜屋、今井のローテーションです。




完投出来る可能性がある高橋、松本はカード頭に持ってくるローテーションです。


平井は先発で使わないなら、中継ぎで使いたいので、遊ばせておくにはもったいないため、ローテーション入りです。


今井はロマンがあるので、個人的な希望です。



新外国人のダーモディーは、球団が先発として獲ったと明言してますので、現場の意見は関係なく先発起用をすると思いますが、

個人的には対左の中継ぎが良いです。

 

他にも、十亀、榎田、與座、本田、内海と、数はいます。 



調子が良ければ、抑えられる能力もあります。





良い投手は、相性や調子が悪くても、それなりに抑える能力がありますが、

ライオンズ先発陣の場合は、相性や調子で極端に結果が変わります。




つまり、

辻監督、西口コーチの使い方で良くも悪くもなる投手陣です。




辻監督、西口コーチは、自軍の投手陣をどう評価しているのか分かりませんが、

私は、

起用の仕方次第の投手陣だと思ってます。




先発6人の名前を上げましたが、高橋、松本、ニールは確定として、


残りの3枠は3人ではなく、今井、浜屋、平井、十亀、榎田、本田、與座、内海、ダーモディーの9人で回してもらいたいです。



例えば、本田はロッテ戦は相性が良いですし、十亀、榎田は調子が良ければ1軍でも抑えられます。


昨年も2軍で好投してる時期に、1軍に上げずにもったいない事をしました。


投手もいつ1軍で投げるのか分からなければ、2軍で調整のしようもありません。


6人で回せれば、分かりやすいし、楽ですが、そこまでの能力のある投手陣ではないのに、そういう組み方をしてるのはただの思考停止です。


先発未知数の平井が、思ってた以上に先発として使えたり、今井が覚醒したりすれば、先発確定枠に入れれば良いです。



なので、ローテーションは、

確定枠、調子いい人、確定枠、確定枠、調子いい人、調子いい人のローテーションで、先まで考えて計画的に運用して欲しいですね。



計画的にいつ投げるのかを明確にして、ローテーションを先発確定枠の3人+9人で、9人は相性や調子に合わせて柔軟に組んでもらいたいです。


まだ気が早いですが、

9人の中に井上、渡邉、上間が今季から入ってきたら非常にワクワクするシーズンになりそうですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク

↑このページのトップヘ