埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ




何度もブログに書いてますが、

やっと辻監督が、

外崎、栗山を上位にしてくれましたね。

多くのライオンズファンもやっとかと同じこと思ったと思います。


外崎、栗山が塁に出て、山川でドカンが理想でしたが、その通りになりましたね。


これが打線ってやつです。





連覇中のライオンズですが、打線の核だった

秋山がメジャーという夢のために、

浅村がマネーという金のために

抜けたことで今年は未だに打線の形が見えません。

ライオンズは、中村、栗山のチームから、秋山、浅村のチームに、そして今は森、山川のチームです。


他球団と比べて野手の核が上手く育っているライオンズですが、思ったより早く、森、山川にバトンタッチしたからなのか、今までは勢いでやっていたのが通用しなくなり、今年は機能していません。

他球団もしっかり研究し対策してますしね。


しかし、私としては、

上位に好調な打者を配置し、森、山川で勝負を決めるのが今年の形だと思ってます。



今なら1番から、

外崎、栗山、森、山川

だったり、

スパンジー、栗山、外崎、山川、森

という並びです。

相性が良かったり、好調なら上位に金子や源田を配置するのもありです。


昨年までは批判もありましたが、結果的に固定打順が成功しました。
今年は同じことをやろうとして、失敗し今の順位になってます。


しかし、打線の核が2人もいるというのは大きな強みですので、

森、山川に繋ぐために、上位を柔軟に決めていくのが今年のライオンズ打線だと思います。


山川、森が駄目なら諦めると言いたいとこですが、ライオンズには前の前の打線の核だった、中村、栗山も元気ですから、一時的に打線の核も柔軟に対応することが出来ます。

今年のライオンズ打線に必要なのは打順の柔軟さです。


良くも悪くも頑固な辻監督ですから、柔軟にと言ってもポリシーに反するかもしれません。

が、

ライオンズファンは辻監督のポリシーよりチームの勝利が見たいです。


自分の形を捨ててまで勝ちにこだわる姿勢を見せることが、最大のファンサービスですよ。監督。






にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
スポンサードリンク


本日からロッテ戦ですね。

ライオンズは楽天戦に勝ち越しましたが、メヒアの奇跡的な一発で勝っただけで、打線が低調なのは変わりません。

打順を打線に出来れば今日の試合は望みがあります。


今日は久しぶりに名前を聞きました、大嶺が相手です。
2019年にトミージョン手術を行い、今年は2軍でも好調なようです。

ライオンズでトミージョンと言えば、

前回ブログに書いた髙橋朋己を思い出します。

野球ファンとしては、手術から努力して這い上がった選手は頑張ってもらいたいですが、今のライオンズには余裕がないので打ち崩す対策をとって臨みたいです。

手術前の大嶺は、

ストレートで押すタイプでフォークも使ってきます。


コントロールが悪かった印象ですね。

本人も憧れてたらしいですが、

元ソフトバンク新垣を一回りスケールダウンさせたようなピッチャーです。

ストレートで押していきたいっていう本人のコメントがありましたが、

力勝負ならライオンズ打線に有利です。

ただ、以前の大嶺だとコントロールが悪いですし、フォークもあるので、しっかり見極めてランナーをためてドカンが理想的ですね。

メヒアが気持ち的にのってると思うので、

外崎、栗山、森、山川、メヒアでいって欲しいです。

外崎、栗山、森でなんとか出塁して山川、メヒアでドカンの展開に期待します。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
スポンサードリンク

(旧ブログより修正し再アップしました)




昨年後半からブレイクしたライオンズ投手陣の希望の星、平良の登場曲にピンと来た人も多いと思います。


連覇中にファンになった方は知らない人も多いと思いますが、この登場曲 follow meを使ってたのは、


ライオンズの元守護神髙橋朋己です。


グラマン以来、まともな抑えがいなかったライオンズに彗星のごとく現れた左腕です。


平良に使って良いよと言ったそうです。




ライオンズファンにはお馴染みで今や懐かしい

【俺達】

という1.5軍レベルの中継ぎ陣をディスった言葉がありました。



そんな中救世主として現れたのが髙橋です。


唸るストレートで驚異の奪三振率を叩き出しました。

あのソフトバンク柳田が絶賛してたくらいです。


増田、髙橋の8回9回は暗黒時代(伊原、田辺政権)の希望でしたね。



しかし肘の故障で2016年にトミージョン手術。
その1年後にはファームで復帰しましたが、2018年には今度は肩をやりました。


肘の故障は靱帯をとっかえることで復帰の道があります。実際、トミージョン後、球速が上がることもあります。 


しかし、肩は駄目です。

古くは森慎二も肩の脱臼骨折で引退しましたね。



髙橋はまだ育成にてライオンズに在籍してます。

情報が少ないので、どこまで戻るか予想がつきませんが、タイトルにもあるように待ってます。



多分、髙橋を待ってるライオンズファンは多いと思います。

戦力的にではなく気持ち的にです。



当時から怪我を不安視される投げ方をしてました。


本人も太く短い野球人生でも構わないと言ってましたが、その命を削って投げてる様がファンの心を掴みました。


知らない人はYou Tubeとかで見てください。

素人が見ても凄さが分かりますよ。



もうあのストレートには戻らないかもしれませんが、


マウンドに立ってまたスタジアムが follow me の大合唱になる日を夢見てます。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ