埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

2020年11月


大事なホーム9連戦の7戦目は、7勝14敗と大きく負け越している日ハム戦です。

ライオンズは今シーズンホームで貯金10、ビジターで借金10の現在5割です。




今年の日ハムとは相性悪いですが、ホームに強いライオンズですので残り全部勝ってホーム9連戦を6勝3敗としたいです。




対戦するのは日ハム生田目です。
今シーズンの目標がない日ハムは育成モードに入っているので、まだクライマックス圏内にいるライオンズはモチベーションの差で勝ちたいですね。


心配なのは、先発の榎田が日ハムとの相性が悪いことです。



ライオンズ戦に強い、近藤や渡辺の前にランナーを貯めないようにしてもらいたいです。

今日も中継ぎ陣がフル回転になると思うので、何とか生田目を序盤で打ち崩したいです。





そして残念なニュースです。



何を何で盗んだのか不明ですが、コーチ就任前はライオンズチャンネルでも選手と良い関係っぽかったのでびっくりです。

コーチに必要な能力のうち、コミュニケーション能力には長けていると思ってました。

特に若手は上手く接しないと伝わらないので、平尾コーチには期待していただけに、残念です。

個人的には、持ち前のコミュニケーション能力を活かし、辻監督と選手の橋渡しになるような役目を1軍コーチとして期待してました。

作戦が立てられる分析力に長けた打撃コーチとそれを選手に理解させる事の出来るコミュニケーション能力を持った打撃コーチの2人3脚で来季は挑んで欲しかっただけに、その1ピースになりうる存在だと思ってた平尾に裏の顔があったのなら非常に残念です。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



本日の試合は3対1で勝利です。


昨年のライオンズ打線なら6点くらい取れていた展開でしたが、このチーム状況なので勝てれば良いです。


先発松本は、

5回65球3安打4三振無四球1失点

でした。

先発としては十分な働きです。


まだ投げられましたが、

昨日の捨てゲームの帳尻を合わせるかのように勝ちパ投入の継投で逃げ切りました。



使える先発も高橋くらいですし、

せっかく5回で降板させたのなら、前回、今回と球数も少ないので次回は中4日で登板させたいです。


それなら今日の5回降板の意味も出てきます。




打線は、ソフトバンク笠原から5回で5個の四死球をもらいながら大量点には至りませんでした。

中村の2点タイムリーになるはずだった当たりが塁審に当たり、内野ゴロの1点になってしまった不運はありましたが、打線低調の中何とかしようと頑張ってる姿勢を感じられました。

そしてなんと言っても、

この時期の栗山、中村の勝負強さは流石です。


ライオンズは森、山川のチームです。

その前は秋山、浅村のチーム。

更に前が栗山、中村のチームです。



野手の世代交代が上手く行ってるだけでなく、

森、山川が打てなくても前の前のチームの中心選手が代役を務められるというのは、ライオンズの強みです。


来年入ってくる新人達も見ているでしょうし、3年後には森、山川の次のチームの柱になってもらいたいですね。



今日は投打共に選手達も何とかしようと気合入ってました。

特に中継ぎは6回宮川は6球、7回森脇は10球、8回平良は6球、9回増田は9球とサクッと抑えました。

7回からはヒットも打たれない完璧な救援でした。

勝ちパは今年のライオンズの大きな強みですね。


一昔前まで「俺たち」とディスられていた中継ぎ陣を抱えていたライオンズとは思えない充実ぶりです。


これでホーム9連戦は3勝3敗です。



クライマックスに行くには5割じゃだめです。

とりあえずホーム9連戦の残り3試合は全部勝ちましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






大事なホーム9連戦の6戦目です。


昨日は山川が抹消されましたが、痛めた右足首の状態が悪くクライマックスも難しいようです。

多くの方が指摘してますが、判断が遅かったです。

軽症と判断して使ってると思ってましたが、落とすくらいの状態であったなら本人の意向は無視で落として治療するべきでした。

勝手に落とせない契約条件があるのかもしれませんが、選手を説得するのも首脳陣の役割です。

打線は低調、先発は炎上と流れが悪いですがまだ2ゲーム差です。

諦めるわけには行きません。



こういう時は原点に戻りチームの核である森、山川中心の打線を組みたいですが、山川は離脱したので出来ません。

投打共に救世主になりそうな選手もいませんし厳しいです。

あまり動かない辻監督がこの状況でどう動くか、または動かないのかは注目です。


打線低調、先発投手の早期降板、守備の乱れと課題も多いです。


個人的にはですが、

守備の乱れは、適切なポジションで守らせれば良いと思います。
セカンドは外崎、サードはスパンジーです。


今は山野辺を使いたいから外崎は外野、栗山を指名打者にしたいからスパンジーは外野と使いたい選手優先の守備位置になっています。

悩む程の選手層でもないんだから、シンプルにそのポジションで最も良い選手を使ってもらいたいです。




先発投手ですが、

投手の駒を増やすべきです。


この連戦の間だけでも、野手を減らしたほうが良いです。
特に万が一の保険のために入れてる第3捕手は一時的に投手に代えて欲しいです。




最後に打線ですが、打線は水物というように、読めない部分もありますが、

守備位置の適正化を図れば、使う選手も決まりますのでそこから打線を組めばいいと思います。



希望は、
1金子センター
2源田ショート
3外崎セカンド
4栗山レフト
5中村DH
6森キャッチャー
7メヒアファースト
8木村ライト
9スパンジーサード

です。


奇策を使える程の選手層でもないので、まずは守備の乱れを改善して、投手を増やして今日の試合に望みたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ