埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2021年03月


山川、栗山が抹消という緊急事態となりました。



栗山は軽症のようですが、山川は痛みがひかずに受診するとの事で、長引くかもしれません。


こんな時のメヒア、スパンジーなんですけど、他球団よりも動きが遅いですね。

今日の試合は、この緊急事態をチャンスと思ってる選手を、積極的に使いたいです。


本日の注目のスタメンは、

20210331_172943


山川、栗山が居ないなら個人的には、

1源田(遊)
2呉 (一)
3森 (捕)
4中村(三)
5外崎(二)
6木村(右)
7西川(左)
8ブランドン(指)
9金子(中)


4番と5番のいない状況なら、全体のバランスよりも、調子の良い選手を上位に配置するのが基本だと思ってます。



しかし辻監督は、西川を2番、鈴木を9番で来ましたね。

上位が弱く感じますが、辻監督の西川への期待の高さが伺えます。

2軍で好調の呉を、すぐに使うのは良いですね。
こういう状況なので、好調の選手は積極的に使いたいです。



【ハイライト】



1回表

日ハム先発はドラ1伊藤。

金子、西川と2者連続三振するが、好調の源田、森がヒットでチャンスに。しかし、中村が倒れて無得点。


1回裏

ライオンズ先発は今井。

オープン戦終盤から、ストレートが抜けるようになってきましたが、やはり今日も抜けてます。


先頭をストレートの四球で出しますが、森が盗塁を刺して助けます。が、また四球を出し不安な立ち上がりでしたが、渡邉、中田とストレートがゾーンに入るようになり、スライダーも良いアクセントとなり連続三振です。

ストレートは荒れてますが、150キロ中盤の物凄い球を投げてます。


2回表

呉が四球、鈴木がヒットでチャンスを作るも、金子が倒れて無得点。

金子は、当てるバッティングは駄目です。強く低い打球を打つイメージで振り切ってもらいたい。


2回裏

先頭をヒットで出しますが、そこから3者連続三振です。宇佐美には全球ストレートで三振です。

ストレートは荒れてますが、ゾーン内で散らばってるので、勝負出来てます。この回も変わらず凄い球を投げてます。



3回裏

ヒット、四球、エラーで満塁まで行きますが、野村をスライダーで打ち取り無得点。

ここまで9アウト中、6個が三振と凄い投球です。ストレートはMAX156キロ、全球150キロ超えです。が、球数も60球と凄い事になってますね。



4回裏

この回も四球を出しますが、ストレートで三振、さらに最後はストレートでバットをへし折り切り抜けます。

 

5回表

呉がプロ初となる、ソロホームランで先制です。



やはり、調子の良い選手を良い時にすぐに使うのは鉄則ですね。



5回裏

今井のストレートはまだ荒れてますが、走ってます。


四球、死球、四球で満塁にするも、スライダーで三振、ストレートでフライアウトを取り切り抜けます。


球数も多く、今井は5回までで降板です。

5回117球2安打8三振7四死球無失点

ストレートは常時150キロ超え、ゾーンに入れば打たれない球威ですが、ゾーンに入るか分からないという、西武ファンのメンタルを試されるような投球でした。

あのストレートが制球出来たら、日本を代表する投手の誕生ですね。



6回表

日ハムのドラ1伊藤の前に、4安打8三振と合わないライオンズ打線。

この回3番から始まる打線も、3凡でした。


6回裏

伊藤翔登板。

先頭をヒットで出すも、ツーアウトまで取る。
このまま続投かと思われましたが、左の西川の所で、吉川にスイッチ。

吉川は、もう力押しは厳しいのですが、そのストレートを弾かれて同点に。


7回裏

ギャレット登板。

ヒットとエラーで満塁のピンチも、三振で切り抜ける。

今シーズン、ストレートで空振りが取れずスプリット頼みの投球でしたが、最後杉谷へのインコースへ157キロのストレートでようやく空振りが取れました。しかし、相手がもし主力打者だったらと考えると、まだまだです。



9回表

今季は9回打ち切りのため、何とか打ちたいライオンズ打線は、源田からでしたが、3凡でした。


今日は相手投手が良かったとはいえ、金子が1番として機能してないです。外崎もタイミングが合ってないですね。



9回裏

増田登板。

先頭を死球で出すと、野村に2塁打を打たれ、次の打者を申告敬遠でノーアウト満塁の大ピンチ。

ここで、大田を三振、清水を併殺にして、無失点。
増田は流石のメンタルと言いたいとこですが、ハラハラするので、次は3凡でお願いします。



試合は、1対1の引き分けに終わりました。




今井から始まり、ギャレット、増田と最初から最後までハラハラする試合でした。


明後日からのソフトバンク相手だと、彼らはチャンスは決めてくるので、立て直したい。


打線が上手く行かなかったので、右左を意識し過ぎずに、調子を見て、上位重視に組み替えたい。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンリーグは楽天戦です。



スタメンは、



呉と佐藤が1軍合流です。

打撃好調の高木も、上で見たいですね。



【結果】

追い上げましたが、

7対8でライオンズの敗戦です。




【投手】

本田

6.1回109球9安打3三振4四死球8失点

渡部、山村のエラーでピンチを拡げる場面もありましたが、それ以前に、今日の本田は球に力がなく、変化球のキレもいまいちで、無駄な四球でピンチを拡げる場面もありました。
最後も、ヒットのランナーを置いて、四球でピンチを拡げて降板です。

本田はもう若手ではないので、ちょっと厳しい内容です。修正して次は立て直してもらいたいですね。


武隈

0.2回13球無失点

チェンジアップが良かったです。見事な火消しでした。


大曲

1回21球1安打1三振1四球無失点

ストレートが荒れていましたが、球威はあります。中継ぎとして、尖った能力も持っており、制球が良くなれば、かなり魅力的な投手です。







【野手】

渡部、綱島が、楽天森原から2ランを打ちました。



渡部は9回にも、もう一本ホームランを打ちました。



打撃好調の高木が逆方向にホームランです。


高木は猛打賞で、打率も驚異の.533と絶好調です。

1軍の鈴木、西川にプレッシャーをかけてます。


ただ、高木は足を痛めたかもしれません、代走を送られました。

何でもなければ良いですが、昔の坂田のように、持ってない選手にならなければ良いのですが。

愛斗も4安打と好調です。




1軍は栗山、山川が抹消と緊急事態です。

今こそ、入れ替えを行いながら、調子の良い選手を積極的に使いたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







昨日、足を痛めた山川が抹消されるようです。






現在行われているイースタンに、佐藤、呉が出てないので、もしかしてと思いましたが、1軍に合流していたようですね。

珍しく動きが早いです。


イースタンは現在、楽天と宮城でやっているのも幸いしましたね。





2人上げるなら、もう一人抹消しなくてはなりませんが、投手の井上ですかね。


昨日もベンチ入りしてなかったので、可能性は高いですが、


個人的には、あまり投手を薄くしたくないので、同じ内野手の山野辺を一旦落とす方が良いです。


ただ、井上もなかなか出番もないので、1軍に置いておくだけよりも、2軍で投げ込んだ方がいいかもしれませんね。

(追記)なんと栗山も抹消でした・・・





山川のアクシデントはチームとして痛いですが、他の選手にはチャンスです。

本当は、こんな時のために、メヒアがいるんですけどね。


他球団の外国人も、入国し始めているので、ライオンズの外国人の入国もそろそろのはずです。




しばらくはまだ、野手は日本人のみで戦いますが、

2軍では、今日合流した呉が打撃好調でしたし、

今イースタンで戦ってる高木渉は5割を超える打率で絶好調です。


当面は、好調な選手を使って対処したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







昨日は打線爆発で勝利したライオンズですが、山川の怪我というアクシデントもありました。




アイシングで様子見をしていたという事ですが、昨年のように試合に出続けて、悪化させるような事はする時期でもないので、

一度抹消して、打撃好調の呉をすぐに北海道に呼びたいですが、


今までのライオンズの流れだと、

今日1試合だけだからと、日ハム戦は今いるメンバーで戦う事になりそうです。





昨日はベンチ入りした栗山が出れるなら、森以下の打順は繰り上げて、


1金子(中)
2源田(遊)
3森 (捕)
4栗山(指)
5外崎(二)
6中村(三)
7木村(右)
8ブランドン(一)
9西川(左)



今日は右投手相手なので、こんな感じですかね。


昨日のヒーロー、ブランドンは一塁の練習もしていましたし、打撃力を考えれば、使いたい所です。


呉を上げずに今日を戦うなら、内野ならどこでも守れる山田は、万が一に備えて残して置きたいです。

栗山が今日も出れない状態なら、栗山、山川と2人も出れない選手を残すくらいなら、山川を下げて代わりの選手を呼ばないと、リスク管理の面で不安ですね。







今日のライオンズは今井が先発です。


キャンプから飛ばして来ました。
オープン戦序盤は良かったですが、徐々にストレートの制球が昨年のようになってきました。

ただ、球速と変化球のキレは成長しています。


どんなピッチングを見せてくれるか、楽しみですね。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日は北海道で日ハム戦です。



スタメンは、

20210330_174708


地元北海道の若林、大学時代に北海道で過ごしたブランドンがスタメンです。

家族や友達も見に来ているでしょうから、良いところを見せたいですね。


栗山はベンチ入りしました。





【ハイライト】


1回表

日ハム先発は河野。

ヒットで出た源田を置いて、山川の2ランで先制です。
ボール球を振り回していたオリックス戦から、しっかり切り替えて来ました。外のストレートを逆らわずに、逆方向にホームランです。

山川も西武打線の核として成長してますね。



素晴らしいホームランでしたが、

山川にアクシデントです。

1塁ベースを回った所で、左足に痛みを感じたようで、歩いてホームインしました。


裏の守備から山田と交代しました。



1回裏

ライオンズ先発は松本。

ライオンズキラーの近藤から、ストレートで空振り三振と良い立ち上がりです。


2回表

三振かホームランのロマン砲が炸裂しました。
ブランドンの2ランで追加点です。

山川のアクシデントという嫌な雰囲気の中、プロ初ヒットが、嬉しいホームランです。



4回裏

初回こそストレートで三振を取りましたが、それ以降は制球が甘く、空振りも取れず、それでも何とか抑えてきましたが、この回は掴まりました。

ピンチとなった場面では、カットが暴投となり失点。


オリックス戦に続いてバッテリーミスによる失点です。

さらに、一塁ゴロを捌いた山田の送球が、ランナーに当たるプレイもあり、追加点です。


5回表

打線が繋がりました。
山田、中村、ブランドンのタイムリーで3点追加です。

ここまで、源田、木村が2安打と良い繋ぎも見せています。



5回裏

ストレートが引っかかる事も多く、この回はカット、スプリットを増やしてきました。

が、そのスプリットを、ライオンズキラーの近藤、渡邉に連打されて失点です。



6回裏

松本は、ストレートが制球出来なくなってきました。ランナー2人を残して、降板です。

今日の松本は、

5回86球7安打2三振3四球3失点

ストレートの制球が甘く、序盤はそれでも抑えていましたが、徐々に掴まりました。引っかかる事も多く、制球に苦しみました。ストレートが頼みの投手なので、緩急を使うなど引き出しを増やしたいです。


松本→伊藤

このピンチに伊藤がマウンドに。

ストレートが高いですが、力がありファールを打たせてカウントを稼ぎました。ストレート押しの中で、変化球が良いアクセントになり無失点で切り抜けます。


素晴らしい火消しでしたが、またバッテリーミスでランナーを進めたのは反省点です。



7回裏

佐野が登板

近藤、渡邉が相手でしたが、球威あるストレートでファールを打たせてカウントを稼ぎ、変化球で打ち取りました。

佐野は、オープン戦で一番結果を残した中継ぎです。制球はアバウトでも、球威で押せる投手です。ボール先行になると苦しい投手なので、今日のようにストライク先行でいきたいです。


8回表

中村がマルチ、木村がなんと猛打賞でチャンスに。

ここでブランドンが犠牲フライで、追加点。

さらに、若林も犠牲フライでもう1点追加。


若林はこういう場面で、ケース打撃が出来たのが大きい。スラッガーの多いライオンズに、ケース打撃が出来る打者がいると、打線も繋がります。


8回裏

宮川登板。

死球、ヒットでいきなりピンチに。そこからは、変化球も決まるようになって、ストレートも活きました。併殺崩れの失点のみで終わりましたが、不安定さは変わらず。



9回表

森、途中出場の山野辺のヒットでチャンスを作ると、なんとなんと木村が今日4本目となるヒットが2点タイムリーに。  


毎年木村の春はオープン戦までですが、今年はちょっと長めですかね。



9回裏

吉川登板。

田村かと思いましたが、古巣ファンへのご挨拶も兼ねてか、吉川を登板させます。
点差もあったので、あっさり打ち取り、試合終了です。





試合は11対4でライオンズの大勝です。



15安打放ちました。

木村が4安打、源田、中村、ブランドンがマルチです。

ブランドンは2安打4打点と大活躍でした。

若林も犠牲フライに盗塁2個と、持ち味を出せましたね。





投手陣は、

伊藤、佐野が良かったです。

伊藤は多彩な変化球を活かすためのストレート、佐野は球威あるストレートを活かすための変化球が、使えていました。




心配なのは、

山川の怪我です。


昨年のように、無理させた結果、長引いてしまった例もありますし、一回抹消ですかね。

2軍で好調の、呉か佐藤をすぐに呼びたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






↑このページのトップヘ