2020年の西武ライオンズ対オリックスの総括をしていこうと思います。



2020年対オリックスのチーム成績は以下の通りです。
※( )内は2019年の成績

11勝12敗1分け(17勝8敗)


チーム打率 .245(.285)


チーム防御率 3.81(4.02)



でした。

今年は負け越してしまいました。


オリックスファンには悪いですが、ライオンズにとっては昨年まではオリックス銀行と称する程にオリックス戦は貯金カードでした。

この大幅な貯金がなくなったのは痛かったです。


今年のライオンズのチーム打率は2019年の.265から.238と大幅にダウンしているので、

当然ですが課題は打線になります。



個人成績では、

源田.300

外崎.344

栗山.296

森.289


と、かなり打ってはいますが、

山川.197

中村.167

スパンジー.241



と大砲が打てなかった事もあり、打率の割に点は入りませんでした。

本塁打、打点共に他チームと比べオリックス戦は少ないです。


この辺は打順の組み換えなどで対処したかったですね。



主なオリックス先発陣に対しては、

山本0.93

アルバース2.93

山岡3.00

山崎2.37

田嶋7.17

張0.00


でした。


山本を打てないのはしょうがないとしても、ライオンズ専用機の山崎、張をどうにかしたいですね。

山崎は防御率4.50、張は4.31の投手です。


ライオンズのスコアラーと打撃コーチの課題ですね。




ライオンズ投手陣ですが、主な先発投手陣の対オリックス戦の成績は、

高橋1.93

松本2.71

ニール7.16

今井4.60


でした。

ニールが勝てなかったですね。
松本も防御率の割に1勝と勝ちに恵まれませんでした。


吉田正尚には.376と打たれてますので、吉田の前にランナーを貯めないのが基本です。

また、今年は外国人によく打たれました。


※( )内はシーズン通算打率

ジョーンズ.306(.258)

ロドリゲス.325(.218)

モヤ.333(.274)



大砲がライオンズに好相性なので、

オリックスは西武戦が一番ホームランが多いです。


外国人は穴も大きいので、来季は投手同様にスコアラーと新任の野田バッテリーコーチの活躍が期待されます。


総合的に、

打ててはいるが点にならない、

抑えてはいるがここぞでドカンといかれるという結果です。



今年は極度の不振者が多く、流れも悪かったのですが、来季は巻き返してくれると思います。


オリックスの張がライオンズの天敵になりそうなので、早めに対策をとって欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク