開幕に向けて、メットライフドームの各エリアのリニューアルが着々と完成を迎えていますね。

球場の楽しみの一つである、飲食エリアもリニューアルです。




メットライフドームは、横が空いているドームなので、火を使った料理が出せます。


球場に行ったことのない方は、知らないかもしれませんが、メットライフドームにはピザ窯があるくらいです。
 


火を使えると、料理のバリエーションも豊富になりますし、東京ドームなんかと比べると、

メットライフドームは飯が旨いのも魅力です。



その、飲食エリアに懐かし名前がありますね。


ライオンズOBの米野です。



ヤクルトでは古田の後継者として期待されるも、結果を残せず、ライオンズに移籍してからは捕手から外野手にコンバートしましたが、レギュラー獲得には至りませんでした。

米野の思い出といえば、正直一つだけです。



2012年、当時無双していたソフトバンクの守護神ファルケンボーグから、逆転満塁ホームランを米野は打ちましたが、打った事以上にラジオの実況が有名になりました。



ライオンズファンお馴染みの、斉藤一美アナウンサーが感動のあまり泣きながら、「見たか。これが決意のコンバート」と絶叫してましたね。


その横で解説してた、現ソフトバンク監督の工藤が、泣きながら実況してる事に、びっくりして笑ってたのも印象的でした。



その米野が、ヴィーガン料理を出す店のオーナーとして、メットライフドームに出店するようです。



個人的には、ヘルシー料理よりも、コテコテのカロリー高い料理の方が、おっさん好みではありますが、セカンドキャリアを頑張ってるみたいですし、いっぱい食べようと思います。



球団と縁のある人が、出店するのは良い光景ですね。


今後は、FA流出阻止のために、外崎と高橋光成の実家のリンゴ園と複数年契約を結んで、リンゴを使ったスイーツショップなんかも作って欲しいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク