今季の源田はショートで無失策を目指したいとの事です。



凄いですね。


こういう目標を立てられる事が、すでに超一流の守備レベルです。


松井稼頭央以降、ライオンズのショート守備は崩壊していたので、源田の守備は現状維持でも十分過ぎる貢献度ですが、さらなる高みを目指す様ですね。



欲を言えば、打撃もさらにレベルアップしてもらいたいです。



3割打てとは言わないので、安定感とケースバッティングが出来るようにしてもらいたいです。



ライオンズは大砲が多いですが、その分、調子の波も大きいです。



その中で、安定感のある栗山が昨年は大きく貢献しましたが、源田も打撃では脇役なので、主役を活かせる様に、安定感のある打撃をしてもらいたいです。


源田は、インハイを空振りする場面が見られますので、力負けしないことと、選球眼を高められるようにしてもらいたいですね。







とはいえ、源田は打てなくても守ってくれれば、それだけで価値のある選手です。



昨季の外崎のセカンド守備の成長で、今や、

外崎、源田の二遊間は12球団No.1です。



この2人が二遊間にいるうちに、ニールのように打たせて取るタイプの、ゴロピッチャーをどんどん使いたいですね。 



投手としては、こんなに助かる二遊間はいません。



一番チャンスなのは、松坂大輔ですね。



ボールを動かす投手ですので、どこに打たせればアウトに出来るのかは分かってるピッチャーだと思います。



ただ、力は衰えているので、分かってても出来るかは微妙ですが。。。




大きな期待は出来ませんが、一回り大きく成長したライオンズの鉄壁の二遊間が健在な今季は、松坂にとっても、松坂の勝利を見たいオールドファンにとっても、記念グッズを作りたい球団にとってもチャンスのシーズンです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク