昨年実施された、特例2020が正式に今季も適用になりました。



主な内容は、

延長は10回まで。

1軍選手登録は29人→31人。

ベンチ入りは25人→26人。

外国人枠は4人→5人(ベンチ入りは4人)。



といった感じです。



今季からの変更点は、外国人枠の比率です。


投手4野手1、もしくは投手1野手4だとその後の比率の変更は不可でしたが、今年は変更可となります。


ただし、投手、野手どちらかだけ5人というのは出来ません。

 

外国人を多めに獲っている球団が多いのも、このためですね。



大きなメリットです。



ソフトバンクなんかは、さらに戦力強化となりますね。



このルールで得する球団がある以上、この特別ルールは使わないと損です。






残念ながら、今の所ライオンズはこのルールを活かせてないですが、

今後、新外国人を獲得してくれることを祈りましょう。







外国人獲得は、渡辺GMの頑張りに期待するとして、今のライオンズでも出来ることがあります。


選手登録と、ベンチ入り選手のマネージメントです。




戦力補強で言えば、弱者のライオンズが、戦力層の厚いソフトバンクに勝つためには、

既存戦力を最大化させる事が必要です。





辻監督の課題として、以前も書きました。







投手が疲れているときは、第3捕手を外して、中継ぎを増やすなどの柔軟さや、


選手登録人数も増えたので、安易にブルペンデーとせずに、計画的なローテーションを組むなど、


出来ることはたくさんあります。






よく、

いつも通りの野球をやるという言葉を聞きますが、あれは選手目線の発言です。


球団、首脳陣は、いつも通りではだめです。


この特別ルールのメリットを、最大限活かした編成や選手登録を行った上で、選手にいつも通りの野球をやらせるのが仕事ですよ。

渡辺GM。辻監督。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク