新人合同練習中のドラ1渡部と、山川、森が言葉を交わしたようです。



いい写真ですね。




202101260000534-w1300_0



渡部のふくらはぎがパンパンです。


森も下半身の強い選手ですが、森のふくらはぎが痩せて見えます。


写真の角度なのか分かりませんが、山川、森と比べると、少し腕が短く見えますね。


リーチがないからこそ、山川の言うように、重さを活かした体の回転とパワーで飛ばしてるのかもしれませんね。





一般的な野球の常識ではなく、太っている選手にしか分からない事もありますので、

渡部は、同じような体型の選手が、2人もいる良い球団に入りましたね。









ライオンズの誇る、重量級選手の長男こと中村も、次男こと山川も、三男こと渡部に「動けるなら、痩せなくていい」とコメントしてます。




太っているのは知ってて獲得してるので、ダイエットは必要ありません。





ただ、プロ入りが決まり6キロ増えました。


たくさんの方にお祝いされたりして、太ったのではないかと予想してるので、

正月太りみたいなものだと思ってます。





ダイエットではなく、しっかり練習をして、しっかりご飯も食べて、動けるように絞る事は必要です。



ちゃんと練習しても、ほとんど痩せないなら、それが渡部に合ってる体重なので構いません。


渡部に必要なのは、練習です。





お祝いされて浮かれるのは当然ですが、正月太りでは、プロとしての意識が心配でしたが、


山川は、渡部の体を触ったらパンパンだったとコメントしてますので、ちょっと安心しました。



昔の野球選手は、六本木や銀座での武勇伝も多く豪快でしたが、お腹はブヨブヨの選手も多かったです。



理論的なトレーニング方法が、球界にも浸透してからは、体を意識する選手も増えて、選手寿命も伸びました。



渡部もトレーニングをしっかり行い、息の長い選手になってもらいたいですね。



この写真が、

今のライオンズの中心、山川、森と談笑する、次のライオンズの中心、渡部となるように期待してます。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク