怪我をした柘植に代わり、中熊がA班に合流となりました。



中熊は、打撃が魅力の選手です。



捕手登録ですが、守備難もあり、2軍では打撃を活かして主にファーストを守っています。


コンバート前提の選手だと思ってましたので、捕手としてA班合流は意外でした。



ライオンズの捕手には絶対的なレギュラー森がいます。



サブには岡田、柘植がいて、若手では牧野もいます。


ファーストのサブは、メヒアと呉です。



現時点では、

来季以降メヒアが抜けるのを前提に、山川のバックアップとして、2軍でも守ってるファーストをサブポジションにし、

ファースト兼第3捕手狙いが良さそうです。


 

中熊が打撃をさらに伸ばすことが出来れば、ベンチ入りメンバー全員を戦力化する事が出来る可能性も広がります。



1軍捕手が、森、岡田、中熊なら、

レギュラーの森、バックアップの岡田、代打でも使える中熊と、置物になる選手がいなくなります。

昔で言う、上本の役割です。



バックアップが岡田、柘植と2人いる現状よりも、

ベンチ入り選手全員を戦力化出来ると思います。




そのために、中熊を捕手として育成するなら、

A班で実戦に近い連携などをやるよりも、B班で徹底的に基礎的な捕手練習をした方が良いですね。




他にも、

魅力的な打撃がありながら、外野の守備が上手くなく、高木や鈴木に追い越されてしまった外野手の戸川は、このままだと居場所がなくなります。

このまま外野手なのか、ファーストへのコンバートをさせるのかも考えないとです。




また、



1軍のレギュラーに近い位置にいながらも、内野の空きは本職ではないサードしかなく、そのサードもドラ1渡部に、山田、佐藤といる山野辺は、

このままサード争いをさせるのか、スカスカの外野に活路を見出すのかも考えないとです。



外野の西川の、怪我の後遺症も、確認しないとですしね。





渡部の様にレギュラーとして育てる選手は別ですが、中熊、戸川、山野辺の様に控え組は、その選手達を活かす道を考えてあげてほしいです。




山野辺は外野ならレギュラー候補ですが、

中熊が森に勝つ未来は見えないので、中熊、戸川はレギュラーは厳しいです。



しかし、


野球は、レギュラーだけではなく、ベンチ入り全員で戦います。



控えでも、存在感は出せます。



首脳陣も、こういう控え組の選手達を活かす未来を考え、明確に提示し、取り組ませてあげて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク