本日もメットライフドームで楽天戦です。


昨日の大乱調は忘れて、切り替えて挑みたいですね。



スタメンは、


20210407_173908



指名打者で鈴木を使ってきました。

2軍では愛斗が好調です。負けずに結果を出したいですね。




【ハイライト】

1回表

ライオンズ先発は今井

ストレートが荒れ、連続四球でランナーをためると、浅村にタイムリーを打たれて先制点です。

その後は、変化球を交えて何とか抑えました。

今日も荒れてましたね。1、2番にストレートを11球続けましたが、空振りも含めて3つしかストライクになりませんでした。

昨年と比べて、変化球のキレがあるので、大炎上は避けられてます。



1回裏

楽天先発は則本

森が高めに浮いたチェンジアップを捕えますが、惜しくも中飛になり3凡です。


2回表

ストレートは荒れてはいますが、この回は下位打線相手に、ゾーン内で荒れていたため、力で抑えられました。

今日も150キロ超えの凄いストレートを投げ込んでいます。


3回表

シュート回転した高めのストレートを、先頭の辰巳にホームランされました。

その後も四死球でピンチになるが、変化球を交えて切り抜けました。浅村にはスライダーで三振を取りました。



3回裏

若林、金子のヒットで1、3塁のチャンス。ここで、金子の2盗の間に、若林がホームスチールしますが、アウトになり無得点。


5回表

四球で出したランナーを置いて、日ハムから移籍してきた横尾にタイムリーを打たれ追加点。

今井はこの回まで、

5回104球5安打2三振6四死球3失点

制球はいつも通り大荒れでしたが、前回と比べて、スライダーで空振りが、あまり取れなかったのが苦しかった。今日もストレートは平均で150キロ超えと、物凄い球を投げてました。



5回裏

前の打席ヒットの若林が、プロ第一号のホームランです。




さらに鈴木のヒットでランナーを置いて、山野辺のタイムリーで1点差に。

さらに同点のチャンスで森でしたが、インコースのストレートに三振に倒れます。



6回表

佐野登板

左が3人続く所での登板。辰巳を三振に取るも、ヒット、四球でランナーをため、浅村の所で交代です。

今日はスライダー中心の投球でした。辰巳には効果的でしたが、もう少しストレートで押しても良かったです。

宮川登板

ピンチに浅村、茂木を連続三振で切り抜ける。


前回は変化球が抜けて、ストレートしか投げる球がない状態でしたが、一転して変化球中心の投球でした。浅村にはフォーク、茂木にはパワーカーブが良い所に決まりました。打者の裏をかいた形になりました。


7回表

ギャレット登板

佐野、宮川同様、ギャレットも変化球中心の投球。


スプリットを多投しましたが、最後高めに浮いて、

辰巳に2点タイムリーを打たれます。

5球連続外寄りにスプリットを投げさせましたが、ファールで粘られている間に、タイミングが合ってしまいました。


8回表

伊藤登板

島内に高めのストレートをホームランにれます。

その後は、多彩な変化球とストレートのコンビネーションで抑えました。


9回裏

4点差で楽天牧田登板。

若林が猛打賞となるヒットでチャンスを作ると、山野辺の犠牲フライで1点を返すも、ここまで。



試合は3対6でライオンズの敗戦です。





打線は8安打放つも、森、中村、木村の中軸が無安打では得点には繋がらない。


森、中村はまだしも、木村が5番固定になってきました。

また、

代打も使わない固定起用という辻監督の悪い癖も出てきました。



主力は使い続ければ、最終的には2割後半の率を残しますが、


金子、木村はまだそういう選手ではありません。



代わりの選手が居ないのは、分かっていますが、それならば、森、中村を中心に打線の組み換えも考えてもらいたいですね。


それと、

主力の離脱が相次ぐ、このチーム状況の中、責任感のある森は色々背負いすぎているので、駄目でも中村がいると思うくらい肩の力を抜いて打席に入ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク