楽天戦3タテは避けたいライオンズは、上間永遠がプロ初登板です。


打線が上間を楽にしてあげたいですね。




本日のスタメンは、

20210408_180209


好調の愛斗が1軍に、綱島が2軍と入れ替えました。



上位は代えませんでしたが、捕手に岡田、木村を下げて調子の良い愛斗を早速スタメンに起用しましたね。


愛斗は昨年は下降気味の時に上に上がりました。
今回は調子の良い時に上げてもらえましたので、2軍の帝王化を脱却したいです。
ここで打てなければ、起用法がなくなるので、結果を出してもらいたいです。




【ハイライト】

1回表

ライオンズ先発は上間。

落ち着いた立ち上がり。テンポ良く3人で終わらせます。


1回裏

楽天先発は瀧中。

前回は1.2回10失点と大乱調でした。金子、源田と粘りますが塁には出れずに、3人で終わってしまいました。


2回表

調子の良い茂木にホームランを打たれました。

スライダーが真ん中に入ってしまいましたね。


3回表

この回、下妻はカット、辰巳はストレートで連続三振。

辰巳へのインローのストレートは素晴らしいコースに決まりました。


5回表

今日初めて四球を出しますが、後続を打ち取り無失点。

ここまで、2安打5三振と素晴らしい投球。特に左打者のインコースへのストレートは、キレの良い球を投げられています。


5回裏

前回大乱調だった楽天瀧中ですが、今日は力強いストレートをゾーンに投げ込めており、緩いカーブと合わさって、ライオンズ打線ここまでノーヒットです。


6回表

3巡目の楽天打線。

先頭の辰巳に高めのストレートをホームランにされます。


小深田、浅村にもヒットを打たれて、上間は降板です。

プロ初登板の上間は、

5.1回83球5安打5三振2四球2自責点

プロ初登板としては、十分な結果です。

ストレートが良く、コースに投げ込めていました。

3巡目に捕まりましたが、得意のシンカーが決め球としてレベルアップし、カウント球を身につければ、もっと良い投球が出来ると思います。

本来は、味方が点を取って、5回まででも良いと言う状況を作りたかったですね。


上間→佐野

茂木の打ったレフトへのライナー性の当たりを、若林が目測を誤り、2点タイムリーとなり、0対4と離されました。


6回裏

先頭の若林が初ヒット、岡田死球でチャンスに。が、山野辺ファールフライ、金子併殺で無得点。

2三振の金子には代打でしたね。何のために打撃の良い西川、佐藤、渡部はベンチにいるのか・・・。

辻監督は金子に期待しているのでしょうが、1番打者はライオンズ打線のポイントです。今は、主力の離脱で得点力の低い打線なので、名前ではなく調子で1番を決めて欲しい。


8回裏

結局、楽天瀧中からは1安打のみ。この回からは酒井がマウンドに。愛斗がヒットで出るも無得点。

愛斗は、飛んだ所が良く、ヒットにはなりましたが、上体が浮くいい打ち方ではありませんでした。結果を出すために、あの打球コースを狙ったのかもしれませんが、1軍ではどうしても本来の打撃ではなく、当てにいってしまいますね。


試合は、0対4でライオンズが3タテされました。




【感想】


上間は頑張りました。



初対戦のメリットもありましたが、まだまだ伸びしろも感じさせる投球でしたね。




問題は打線です。

2三振に、チャンスで併殺と、金子にヘイトが集まりそうな試合でした。


楽天瀧中が良い投球をしましたが、ライオンズ打線は何の工夫もなく、淡々と進んで行きました。



昨年もですが、打撃コーチは試合中に何をやってるのでしょうか。



スコアラーと相談して、事前に作戦を立てているのでしょうか。

主力の離脱で駒がいないのは分かっていますが、もし主力がいても結局選手任せなのは変わらないです。




一応、馬場コーチが作戦コーチなのですが、

個人的には、球界にあまり人脈のない辻監督が唯一連れてきた、気心知れた話し相手枠だと思っているので、


打撃コーチにしっかりやってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク