埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2020


前回負けてる投手ですね。

140後半のストレートにスライダー、緩いカーブと緩急が主体の左腕です。

対右.333

対左.169


と、極端な被打率です。



平常時のライオンズなら右左を意識し過ぎるより、自分たちの形を貫く方が良いですが、

今年は自分たちの形がまだありません。

また、これだけ極端なデータが出てるので積極的に右を使いたいですね。 



対左なら木村が1番でも良いので、

1木村2外崎3栗山4山川5メヒア

の並びを期待します。

森はお疲れだと思いますし、疲れると打たなくなるので、そろそろ休ませてもいいと思います。
それに次は楽天戦です、ライオンズファンとしては、

楽天には負けたくないので


休むなら今日です。

中村も熱中症明けですし、休ませながらですね。

頑張れライオンズ。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


今日は序盤で勝負ありでした。

榎田が踏ん張れず大量失点で終了です。 


辻監督も、動いたと思ったら

そうじゃないだろ采配

でしたね。


源田を2番から外すのは賛成ですが、
休養ではなく、
結局試合に出すなら下位でスタメンです。

変わりの呉も2番でなく下位ですね。


どうも1、2番がお試し枠になりつつあるのが残念です。

現役時代1番打ってたんだから重要性分かってますよね。


再三、

外崎、栗山でチャンスメイクして山川、森で返す打順にと書いてますが、

辻監督は頑なにいじらないので、

スパンジーのホームランのような偶然に頼らなくてはならない厳しい打線です。


そんな中でも今日の良いところを上げると、

久しぶりにちょっと山賊が顔を覗かしたことと、

ビハインドで勝ちパターンを出したことには賛否ありますが、けど、

まだ辻監督諦めてないんだと確認出来た事ですね。


ファンは文句言いながらもこうやってみんな見てるので、諦めずに明日仕切り直して下さい。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


辻監督が珍しく動いたと思ったら、

そうじゃないだろ。

ってスタメンですね。


源田の体調が悪いとかですかね。


なら仕方ないですが。

もし不調が理由ならスタメン落ちは間違いですね。


源田の今駄目なところは、

辻監督が2番にしてるからです。

下位であれば問題ないです。


点を取ることも大事ですが、

点を防ぐことも大事です。

源田にはそれができる守備力がある、価値ある選手です。

8番9番辺りを打たせるならむしろお釣りが来るくらいの貢献度だと思います。



それに、

相変わらずチャンスメイカーの栗山、外崎は下位にチャンス回しちゃう打順ですしね。


こうなったら、鈴木と呉の覚醒を今日も祈りましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


本日の日ハム戦は苦手の杉浦です。

ストレートは140キロ中盤、スライダー、スプリット、カーブとオーソドックスなタイプです。

正直、奥さんが元モーニング娘で有名ってくらいで、

凄い球がある訳ではないんですがライオンズは打てません。


ただ今年は他球団に対しても好投してますね。

トレードでヤクルトから来た投手ですが、
それにしても日ハムは上手いですよね。


旧ブログでも書きましたが、ライオンズ球団は日ハムから学ぶべき事が多いです。

ソフトバンクや楽天のように金で解決出来ないなら工夫するしかありません。


日ハムの先を見据えてのトレードや育成は一見ドライに見えますが、素晴らしい工夫です。

フロントが野球を良く知ってるから、チームも賢い野球が出来るんだと思います。


日ハムより選手(野手のみ)のポテンシャルの高いライオンズが日ハムのように工夫出来たらと何度思ったことか。


またいつかそのことも書こうと思います。


対策ですが、
辻監督が頑固なので毎回同じこと書きますが、

栗山、外崎でチャンスメイク

山川、森で勝負を決めます。


今のライオンズだとそれくらいの工夫しか出来ません。

連敗中なんだし、

1番から栗山、外崎、森、山川

を並べて見るくらいのことをして欲しいです。

辻監督は下位の打順も上位に繋げるために考えてると思いますが、今のライオンズ打線はオリックス戦の時から

チャンスを下位のスパンジーや、1番木村、2番源田に回してしまってます。

並びを変えないと同じことの繰り返しです。

苦手な杉浦ですから、少ないチャンスを物にするための工夫を見せて欲しいですね。







にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


本日の日ハム戦、点差以上の差を感じる負けでした。


今日も打線が微妙でしたね。



何日か前にライオンズ元コーチの橋上が、

打線の不調は慢心だとか言ってましたが、

やっぱり慢心なんですかね。


橋上は中にいた人なので、

要は慢心するような性格の選手が多いということなんでしょう。



渡辺政権から現在までのライオンズはイケイケ野球です。

嵌まれば強いですが不安定な子供のチームです。


選手が勝ち方を知っているソフトバンクのように、成熟した大人のチームではありません。


そう考えると、

やはりライオンズは子供のチームであり、

連覇したことによる慢心なのかなと思いますが、

それを変えるために来たはずの橋上が何言ってるんだ。


って感じですね。
何も出来ませんでしたと言ってるようなものです。


橋上も当初は優秀なコーチと言われてライオンズに来ましたが、、、

果たして優秀な監督、コーチって誰なんですかね。


そもそもライオンズは昨年の小野コーチのような内部人事で組閣をするフロントですし、

監督、コーチに金をかける発想がありません。

投手が弱点なのに、内部人事です。


このままBクラスなら契約も切れますし、辻監督は今年まででしょう。

ただ、今の首脳陣より悪くなる可能性も大いにあるのが、ライオンズの怖いところです。


就任時からのシーズンの結果だけ見れば辻監督は優秀な監督です。


今年は残念な采配が多くなりましたが、意地をみたいです。

監督としての過去の実績、固定概念は捨て泥臭く目の前の勝ちを拾っていくためのベストな采配を期待します。


とりあえず打順です。


打線にしてください。



外崎、栗山でチャンスメイク。

山川、森で勝負を決めるが今の打線のベストです。




今日も選手は頑張ってました。

首脳陣も頑張って下さい。










にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

↑このページのトップヘ