埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2020

本日のドラフトでは育成も含めてなんと12名もの大量指名です。

内、7名が野手と近年にはない野手重視のドラフトでした。

1位はやはり早大の早川くんでした。

辻監督の意向でしょう。


ハズレ1位はサプライズで渡部くんでしたね。 

これは編成の意向でしょう。


辻監督の意向でとった斎藤大将の現状を見ると、編成主導の方が期待が持てます。


2位でも取れたという意見もありますが、2位で取りたい投手の内誰かしらは残るという計算のもと確実に渡部くんを取るための1位なんだと思います。


ライオンズなら渡部くんを育てられると信じましょう。



2023年には主力野手のFAが控えてます。


残せるか分からないので、3年かけて野手を育て上げるための野手大量指名だと思います。



来季のコーチ人事はまだですが、残るなら田辺の出番です。

打撃コーチとしては実績もあるので、しっかり育ててください。








以下、全指名選手です。

1位

渡部健人 内野手 桐蔭横浜大

115キロの巨漢スラッガーです。
ポジションは三塁手。
体型といい中村の後釜です。
中村の打撃を参考にしたとのことですし、中村、山川と巨漢スラッガーを育てたライオンズは本人にとってはいいチームだと思います。

即戦力だとは思ってません。
来年は2軍でホームラン王を狙いましょう。


2位

佐々木健 投手 NTT東日本

ライオンズお馴染みの富士大卒の左腕です。
辻監督の意向の左腕を取ったのでしょう。

制球に難ありとのことですが、ライオンズにいる富士大出身者に実力的にはハズレはいません。問題を起こした佐藤も実力はありました。

大学の時から見てたようなので、富士大とはパイプもあるし行けると判断したのでしょう。


3位

山村崇嘉 内野手 東海大相模高

左の大砲候補です。
しばらくは嶋に預けましょう。

4位

若林楽人 駒沢大 外野手

パンチ力が魅力の右の外野手です。
木村の後釜でしょうか。

5位

大曲錬 福岡大準硬式 投手

準硬式ですが、最速154キロです。
準硬式出身の青木3軍コーチにアドバイスもらいましょう。

6位

ブランドン大河 東京農業大北海道オホーツク 内野手

身体能力の高い三塁手です。
名前でわかる通り日本とアメリカのハーフです。
やはり佐藤は解雇ですかね。

7位

仲三河優太 大阪桐蔭高 外野手

富士大と同じくライオンズお馴染みの大阪桐蔭です。左の外野手ですが、高木、鈴木、西川とライバルも多いです。
戸川はもしかすると切られるかもですね。


育成

1位赤上優人 投手 東北公益文化大

2位長谷川信哉 外野手 敦賀気比高

3位宮本ジョセフ拳 外野手 名古屋学院大

4位豆田泰志 投手 浦和実高

5位水上由伸 投手 四国学院大



野手中心の指名なので、来季は今井の覚醒、多和田の復活、当たりの先発外国人が必須となります。

誰を取っても賛否両論あるのがドラフトです。

野手なら育て上げられると信じましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









今日は楽しみのドラフトです。
金のないライオンズが戦力補強出来る貴重な日でもあります。

今年の目玉は近大佐藤くん、早大早川くん、中京高橋くんです。

3人とも指名公表している球団があるので、どこに行っても抽選になります。

ライオンズは今のところ公表してません。



上記ニュースでは、社会人の栗林指名かとのことですが、

栗林にするなら重複を避けるために戦略的には公表しちゃった方が良いです。

これから公表するかどうか見物です。



指名は、辻監督の意向をどこまで受け入れるかだと思います。

辻監督は落合氏の下で長年指導者経験を積みました。

落合氏は投手中心のチームを作り、野手は守れないと駄目という監督でした。


辻監督も影響を受けてると思いますが、投手の弱いライオンズではそれが出来ませんでした。


最近は中継ぎが使えるようになり後は先発です。
特に左がいません。

辻監督は早川くんって言うと思います。


個人的には森、山川の後を担える野手の核となる選手が欲しいです。


ライオンズスカウトの野手を見る目は信じてます。

近大佐藤くんがその器かどうかスカウトが迷うようなら投手指名です。

迷ったら投手です。

これから情報合戦になると思うので、まだまだ楽しめそうですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





本日のソフトバンク戦は2対7で敗戦です。
最後まで諦めずに応援しましたが、この点差でもソフトバンクは勝ちパを出す安全策で抑え込まれました。




試合を振り返ると、今日のライオンズは自滅ですね。


個人的には3つのミスで負けたと思ってます。




1つ目は、

初回にセンター金子が2塁ランナー周東の足を意識し過ぎてか、柳田の打球を後ろにそらし打者の柳田まで生還してしまいました。
これで2点を取られ幸先が悪くなりました。




しかし、2回表すぐに中村のタイムリーで1点差にしてまだまだ分からないぞという雰囲気になりましたが、その裏、松本の制球定まらず4点を失いました。


今日の審判とはストライクゾーンが合わず、松本にとっては厳しい判定が多かったですが、修正出来るコントロールが今日はなく、大量失点です。

これが2つ目。



そして3つ目は、

スタメン捕手を岡田にしたことです。


岡田が嫌いな訳ではありません。
むしろ居てくれて良かったと思ってます。


しかし、試合前にも書きましたが、スランプ時の森ならともかく、今なら松本先発で森と岡田のリードを天秤にかけてもそれほど違いはありません。


そもそも岡田と天秤にかけるのは森ではなく、スパンジーやメヒアです。


森がスタメンマスクならスパンジー3塁、中村指名打者。または、メヒア1塁、山川指名打者が出来ます。


岡田マスクで失点を減らせるなら分かりますが、それほど変わらないなら、打てない打者を配置するほど今のライオンズ打線に余裕はありません。


炭谷がいた頃は、炭谷と岡田を天秤にかけても問題ありませんでした。

肩、守備は炭谷ですが、打力は同等。

最近勝ててない投手なら気分転換や相性を見て岡田起用もありでした。

十亀なんかは岡田でしたね。



しかし、

今のライオンズは森と山川のチームです。

岡田や柘植が出るのは森の休養日や万が一の保険といったバックアップです。


残り試合も少ないので、

上位を狙うためには森、山川中心に後は調子や相性で組むのが良いと思ってます。


昨日は辻監督の采配が当たりましたが、今日の采配は疑問です。


選手達はまだ諦めてないって言ってます。

なのでファンもまだ諦めません。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





昨日は中村の満塁ホームランで逆転勝ちしましたが、試合を振り返ると3安打と打線は低調です。


ラッキーボーイの山野辺も運が尽きた感があるので、主力に頼る事になります。


好調なのは森、外崎、栗山です。

上位に組み込みたいです。



不調なのは中村、山川です。

中村は昨日のホームランで復調期待です。

不調とはいえ昨日みたいなホームランがあるので、相手バッテリーにプレッシャーを与えられます。

特に山川なんかはそろそろ出るんじゃないかとプレッシャーかけられるので使いたいです。




対するはソフトバンク大竹です。

昨年は自身の不調もあってライオンズ打線は打ちました。


昨年で言うと、

森.714

源田.625

山川.429

外崎、木村、栗山も4割です。




ライオンズ先発の松本は試合を作ってくれるとは思いますが、楽に投げさせたいです。


多分、辻監督は金子、源田の1、2番で来ると思いますが、
希望としては、

1外崎
2源田
3森
4山川
5栗山
6木村
7中村
8スパンジー
9金子

です。

相性の良い選手を上位に固めて先制し初回から主導権を握りたいです。





それと、今日の先発は松本ですが、

スタメンは絶対森にして下さい。


捕手との相性もあると思いますが、今年は打てないことが問題なので森を外すと厳しいです。

それに松本、森のバッテリーは悪くないです。

アウトローに投げ込める松本なので森との相性は悪くないです。

たまたま結果が出ないと今年は捕手を変えますが、岡田、柘植の天秤ならそれもありです。

しかし、森との天秤なら打撃復調した森を外すことは論外です。


今日は主力に任せて勝ちに行きたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





本日のソフトバンク戦は4対1で大逆転勝利です。


ソフトバンク東浜の前に1安打と沈黙してましたが、代わったモイネロの乱調もあり満塁として、代わった岩嵜から、

中村が自身の日本記録更新となる満塁ホームランで勝負ありです。


打った瞬間でした。

中村も打球を見ながらゆっくり歩いてましたね。

不調で打てそうもなかったですが、やはりここぞに強いです。

打球が上がってくれば調子も戻ってくると思います。


ベンチで山川も流石だわって顔してましたが、中村の後はあなたがそうなる番ですよ。






投手陣ですが、


期待と不安の先発十亀は予想通り辻監督の信頼が低いので3回で降板しました。


3回69球2安打5三振3四死球1失点

でした。


要所は抑えてはいたのですが、辻監督も怖かったのでしょう。

十亀に痛い目あったことは多々ありますしね。


もう少し投げさせてもと思いましたが、結果的には継投が成功しました。


後を受けた平井、小川、ギャレットが無失点で経過し後は勝ちパが抑えました。


2位ロッテが負けたため、ゲーム差は2です。


今日は中村の一発で勝ちましたが、打線の不調は続いています。

テンプレ打順ではなく、相性や調子を見て明日は明日の打順を組んで望んで欲しいです。


あと、辻監督。

誕生日おめでとうございます。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ