埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2020

本日のロッテ戦は2対1でサヨナラ勝ちです。


1対0で迎えた9回に増田が打たれて追いつかれますが、その裏、2塁に外崎を置いて、バッター山野辺の打ち上げた打球をロッテマーティンの落球でサヨナラ勝ちです。
2アウトだったので2塁ランナーの外崎も走ってましたし、ラッキーが重なりました。

相性の良さが出ましたね。


稀ですが今日みたいに相手がエラーすることもあるので、最後まで諦めない事が大事だと改めて感じた試合でした。






試合を振り返ると、


先発高橋は着実にエースへの階段を登っていますね。

7回3安打3三振3四球無失点

でした。



ライオンズのエースといえば松坂や涌井のイメージを持っているファンが多いと思うので、ハードルは高いですが、目指しがいもあります。

渡辺GMが監督時代に良く言ってたスーパーエースってやつです。


今はまだエース候補筆頭くらいなので、まだまだですが将来的には、是非目指して欲しいです。





打線は森が変わらず好調です。

外崎も打撃が上がってきました。


今なら、外崎、栗山、森の上位打線がいいです。

外崎、栗山でチャンスメイクをし、森が決める打線が組めそうです。


他の選手はまだ駄目なので、上位に打てる選手を配置してそこで勝負ですね。


この順位でも応援に来てくれるファンがいる限り、勝ちにこだわって欲しいです。

特に打線は最後まで諦めちゃだめです。


打てないなら粘って四球を選ぶくらいの気持ちを見せて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





https://sp.seibulions.jp/news/detail/00004055.html


ライオンズの元守護神高橋朋己が引退を表明しました。



以前のブログでも書きましたが、個人的にも復活を期待してました。




現状を見れば引退は分かってはいましたが、残念です。


高橋朋己といえば、ライオンズファンには辛い思い出の伊原、田辺政権の暗黒期を支えた守護神であり、暗黒期の希望の星でもありました。


怪我をしやすい投げ方と言われてましたが、本人も太く短い野球人生で良いと言っており、その野球人生を削って投げてる様がファンの心を掴みました。


分かっていても打てない素晴らしいストレートを持っており、力で相手をねじ伏せる投球は見ていて気持ちよかったですね。

肩を痛めてしまい、もうあのストレートは投げられません。

2軍で引退試合をやるみたいですが、なんとなくヤクルト伊藤智仁の引退試合を思い出してしまいます。

伊藤智仁も速いストレートを持っていましたが、引退試合は寂しいくらいの遅いストレートになってました。

高橋朋己も多分同じだと思いますが、速さではないです。

投げてる姿が見れれば良いです。

何より本人が楽しそうに投げてくれればそれで良いです。

ライオンズファンなら高橋朋己には感謝しかないと思います。

ファンとして最後の勇姿を目に焼き付けましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





今季はメヒア、スパンジー、ニール、ギャレット、ノリンの外国人が在籍しています。

全員が1軍で戦力になったのでまずまずではないでしょうか。

メヒア△
スパンジー○
ニール○
ギャレット○
ノリン△

と甘口採点です。



外れ外国人を引くことが多かったライオンズですが、無能スカウトでお馴染みのホッジスを解雇してからはまともになったと思います。



コロナの影響もあり、予算的に厳しいと思われますので、来季も5人程度だと思います。




外国人は助っ人ですので足りないところにピンポイントで戦力になってもらいたいです。


現状ライオンズの足りない所は、

先発と三塁手です。



ドラフトで穴埋めしたとしても、新人は育成しながらですので即戦力の先発と三塁手は外国人で担ってもらいたいです。


スパンジーが残留なら三塁手が埋まるので、強打の外野手が欲しいです。


個人的にはメヒアは好きなのですが、指名打者は中村と栗山に使いたいので、限られた予算枠だと残念ながら契約は厳しいと思われます。


先発はノリンが高い奪三振能力を見せましたが、怪我がちですので来季は大丈夫なのかの見極めが必要です。




来季は、ニールは複数年なので居ますが、

ギャレット、スパンジーは残留してもらいたいです。


スパンジー残留なら、メヒアの代わりを外野手獲得で打線のテコ入れです。


ノリンは個人的には高い奪三振能力を活かして中継ぎとも考えましたが、怪我がちなのは致命的なので代わりの先発獲得です。

ゲームメイク出来る先発が良いですね。


ドラフトも近づいて来ましたが、もし近大佐藤くんや早大早川くん、中京高橋くんを取ったとしても外国人は先発と三塁手は必須です。


ライオンズの来季使える予算がどこまで減っているのか分かりませんが、蓋を開けたらギャレット、スパンジーが去りメヒアとノリンが残留は避けてもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





本日のオリックス戦は3対2で勝利です。

森、栗山しか期待できない今の打線ですが、今日は岡田スタメンなので森はベンチでさらに迫力不足になりました。


結果は、
もらったチャンスに金子、源田がタイムリーを打ち、

今年のライオンズの強みである中継ぎ陣が抑え込み勝ちに繋げました。


今のライオンズが勝つならこういう試合です。



ただ、やはり打線は駄目でしたね。
点を取った回くらいしか見所はありません。


森、栗山が頑張って塁に出ても返せる打者が不調なのが厳しいですね。


本当は、栗山、外崎が塁に出て森、山川が返すのが理想です。


外崎、山川は不調ですが、残り試合も少ないので復調を待っていては終わってしまうのでどんどん使っていくしかありません。

栗山、外崎、森、山川の並びで勝負して欲しいですね。





昨日の十亀の代え時を辻監督は悔やんでましたが、その影響もあり今日は早めに松本を変えましたね。

松本は6回84球4安打1失点でした。


高橋、今井とエース候補である松本なので、もう少し投げてもらいたいですが、昨日の事もあって早めに自慢の中継ぎ陣投入という判断なんでしょう。


松本は来季は、このパフォーマンスが年間でできることと、完投することを目標にして欲しいですね。


中継ぎ陣が疲れているときに完投するような投手に高橋、今井と共になってもらいたいです。


今年のオリックス戦は負け越しました。

オリックスファンには悪いですが、ライオンズ的にはオリックスは貯金が狙える相手でした。

通称オリックス銀行ですね。



今年は借金しましたけど、よく考えると銀行って貯金だけでなく借金も出来るんでしたね。


対戦成績がずっと良かったので、オリックス銀行は貯金しかないのかと思ってました。

来季は貯金でお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日の試合は1対4で敗戦です。


良い日悪い日がはっきりしている先発の十亀は、

良い日に近いまあまあの出来でした。



良い時はもっと球威がありますが、今日は物足りなかったのでまあまあです。


この出来ならローテーションで良いですが、もっと調子の良い時期に中継ぎ待機させられ、この時期にようやく先発として投げるくらいなので

辻監督からの信頼がないんでしょう。




気持ちは分かりますが、ライオンズの強みである中継ぎを酷使するブルペンデーやるくらいなら、イニング稼げる十亀先発が良いです。







打線は今日も駄目でしたね。

オリックス張の前に6回3安打8三振です。




3番セカンドの浅村の穴は3番森とセカンド外崎で埋められましたが、1番センター秋山の穴は埋められず、今季は大幅に得点力を下げました。


秋山の穴は簡単には埋まらないので、上位の打順に工夫が必要です。


しかし栗山、森を配置しチャンスメイクをしたところで現状は返せるバッターがいないので厳しい状況です。


それ以前に振り回すだけの打線では点にはなりません。


スコアラーとコーチは分析して作戦をたててますか?


当然やってるとは思いますが、結果が出てないので人員も含めて来季は見直し必須です。





今日は台湾デーでしたが、オリックス張のための台湾デーになってしまいました。


悔しいので、西武グループが台湾事業に力を入れているのでそのための台湾デーということにしときましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ