埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: ファーム

本日もイースタンは巨人戦です。



スタメンは、

巨人は1軍クラスの打線ですね。

ライオンズ先発の大曲には、いい経験になります。

スパンジーはレフトでスタメンです。


巨人の先発は、野上ですね。



【結果】


2軍の主力が1軍に行ってる事もありますが、連日の守備崩壊からの大量失点です。

0対14の大敗です。



【投手】

大曲

4.2回118球10安打3三振5四球12失点

味方の4つのエラーに足を引っ張られました。

味方のエラーが投球にも少なからず影響があったと思いますが、制球に苦労しました。

元々、制球はアバウトでも、球の力とスプリットのコンビネーションで抑えてきましたが、回を追うごとに球速、球威も落ちてきて、制球にも苦しみ、抑えられなくなりました。
ただ、序盤は力強いストレートもありましたし、丸に対して、3連続スプリットで三振も取りました。

12失点という結果ですが、大曲よりも内野守備陣が反省を。


吉川

1.1回27球無安打3三振2四球無失点

いきなり四球を出しますが、次の打者を三振に取りました。左打者に対してアウトローにスライダーが決まり、ストレートも活きました。今日はストレートで空振りが、だいぶ取れました。



松岡

1回20球1安打2三振無失点

低めのスライダーで三振も取れました。力強いストレートを持っていますので、変化球で空振りが取れるようになると、ストレートもさらに活きてきますね。

四球連発の悪癖のイメージが強いので、安定感という言葉を使うのに違和感を感じますが、今の2軍の中継ぎでは、一番安定してます。

今の状態なら、1軍に呼ばれるかもしれませんね。


渡邉

1回26球2安打1安打1四球2失点

変化球が抜けたり、ストレートも140キロ程度で、力もなかったです。





【野手】

巨人先発の野上の前に、8回3安打10三振です。

その中で、

スパンジーが今日も1安打です。

当初は、最短で明日から1軍合流との報道もありましたが、打撃も上がって来てますし、本来打線のチームであるライオンズが、守り勝つ野球をして凌いで来ましたが、守り勝つのにも限界が来ているので、上げたい所ですね。









本日のイースタン巨人戦は、ニール、ダーモディ登板ゲームです。



スタメンは、

ニールはゴロを打たせる投球が出来るかがポイントです。どのくらいの仕上がりか確認ですね。


【結果】

調整登板とはいえ、ニールがだいぶ打たれました。
打席は11安打放つも、

3対12で敗戦です。



【投手】

ニール

2.2回69球11安打2三振2四球10失点

低めにボールを集めることで、ゴロを打たせるのが持ち味ですが、真ん中や高めにボールが集まってしまいました。

空振りを取りに行く投手ではなく、バットに当てさせて凡打を増やす投手です。ツーシームやチェンジアップは、高めに浮くと棒球になるので、打ちやすい球になります。

球に力もありませんでしたが、低めに決まれば抑えていましたので、調整が必要ですね。


水上

0.1回5球

ニールが燃えてしまったので、急遽登板しました。


ダーモディ

3回66球3安打4三振2四球1失点

140後半のストレートは、チェンジアップとのコンビネーションもあり、空振りが取れました。

蓋を開けたら、三振の取れるピッチャーでした。



小川

1回21球2安打1失点

スライダーが決まれば抑えられてます。手術明けなので焦る事はないですが、辻監督は対左で使うと思うので、まだ制球がアバウトですが、アウトローに決められる状態にしたいです。


赤上

1回29球2安打2三振1四球無失点

久しぶりの登板ですが、空振りの取れるストレートは健在です。 




【野手】

渡部3安打。

スパンジー、川越、山村がマルチ。

スパンジーの打撃が良くなってきています。セカンドではエラーもありますが、辻監督は果たしてどこで使うのか楽しみです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日のイースタンは、ビジターで巨人戦です。



スタメンは、

川野が指名打者ですが、久しぶりに試合に出ています。

スパンジーは今日もセカンドです。


巨人は、コロナ明けの選手が実戦復帰したので、1軍並みの打線です。ライオンズ先発の井上にとっては、良い機会になりそうですね。




【結果】

序盤は1軍クラスの巨人相手に善戦しましたが、最後ナベUが四球から崩れてしまいました。

5対6で敗戦です。




【投手】

井上

3回47球2安打1四球無失点

ストレート主体に、スライダー、チェンジアップを織り交ぜた投球。ストレートは140キロ前半くらいですが、打たせて取る投球で抑えました。

今日は1四球でしたが、最近は制球が乱れる事が多いので、力を入れても制球を乱さないような投球が出来るようにしたいです。


大窪

2回60球5安打1三振4四球5失点

中島の2ラン、若林のタイムリーなどで失点しました。今日もストレートとカーブのコンビネーションで攻めましたが、ストレートが甘く入ると、流石に1軍クラスの選手には打たれますね。


水上

1回18球2四球無失点

巨人の1軍クラスの選手が退いた後の打線でしたので、2四球は余計でしたね。


吉川

1回22球1四球無失点

ストレート中心の投球ですが、空振りが取れないので、スライダー、カーブといった変化球を活かしたいです。


松岡

1回20球2三振無失点

今日も力強いストレートを投げてました。今日はゾーン内で荒れていたので、無四球でした。継続していきたいです。


渡邉

0.2回34球1安打1三振3四球1失点

サヨナラヒットを打たれましたね。抜け球もあり制球に苦しみましたが、低めに変化球が決まれば三振も取れているので、精度を高めたいです。



【野手】

山村の打った瞬間の、3ランがありました。



ジョセフがマルチ、久しぶりの川野は4-0で2三振。

スパンジーは、4-1 1四球でした。






予定では、明日ニールとダーモディが2軍遠征メンバーに合流します。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








今日はライオンズファンにとっては、忙しい日です。



昨日は雨で中止となりましたが、本日のカーミニークで行われる親子ゲーム、ヤクルトとの対戦で、

スパンジー、メヒア、そして、先日首痛で欠場した栗山が実戦復帰です。

栗山は、2006年以来15年ぶりのイースタン出場です。



くれぐれも焦らずに、怪我をしないようにしてもらいたいです。




スタメンは、

20210418_134610


注目は、スパンジーがセカンドでスタメンという事です。


あくまで、ちゃんと守る事が前提ですが、1軍合流後は、セカンドでの出場も、視野に入れてお試しということですかね。



呉の打撃の調子も良いので、外崎が戻るまで、呉とスパンジーのセカンド守備を天秤にかけて、どちらかをセカンドで試合に出したいですし、オプションとして持っておきたいです。



ただ、セカンドは失点を防ぐ意味でも、打撃以上に守備力が求められるポジションなので、セカンドの名手だった辻監督の判断も見物ですね。




【結果】

12安打12点と、打線爆発です。

12対3でライオンズの勝利です。



【投手】

内海

5回66球1安打2三振1四球無失点

前回、前々回と抜け球も多く制球を乱す、らしくない投球がありましたが、今日は球数も少なく、ツーシームを中心に、打たせて取る投球で抑えました。

ちなみに、併殺のシーンのセカンドはスパンジーです。


與座

2回21球2安打無失点

今日はストレート多めでしたが、ゴロを打たせて抑えました。ここ数試合、安定した投球を見せています。

小川

1回19球4安打1三振3失点

味方エラーもありましたが3失点。意図的なのか、ストレート中心の投球をしましたが、打たれてしまいました。変化球を投げ出してからは、スクリューで三振も取りました。

渡邉

1回17球1三振無失点

前回同様に中継ぎとして登板。149キロのストレートで三振も取れました。


1軍では、松本、浜屋の先発枠が空きました。


松本の代わりは、おそらく伊藤翔です。


浜屋の代わりは、十亀、内海、與座の争いだと思われます。



現状の成績なら、十亀、與座、内海の順なので、浜屋の代わりは十亀の可能性が高いですが、辻監督があまり十亀を信頼してないので、どうするかですね。

来週は、楽天田中将大との対戦が予想される、注目度の高い試合です。

楽天は左の好打者も多いですし、こういう試合でも平常心で臨める、内海でも面白いと思います。





【野手】

栗山 3-1

左安、遊併殺、二失

辻監督から、遠征に連れて行くとコメントがあったので、問題なければ、明後日から1軍合流です。




スパンジー 4-0

空三振、ニゴロ、中飛、ニゴロ


外のスライダーを追っかけて三振と、いつものスパンジーでした。メヒアよりは良かったです。セカンド守備はエラーもありましたが、併殺も完成させました。



メヒア 2-0

空三振、死球、空三振

ボール球をブンブン振ってました。まだまだかかりそうです。。。


綱島、川越、山村、仲三河がマルチと打線好調です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日のイースタンは、カーミニークでヤクルト戦です。


栗山巧の復帰ゲームの予定でしたが、開始直前にコンディション不良のため欠場です。

3番指名打者で一度はスタメン発表されましたが、急遽開始直前に変更となりました。



広報発表では、コンディション不良との事です。詳細はわかりません。

コロナじゃなければ良いのですが。。。心配です。

【追記】首痛のため、大事をとったとの事です。




変更後のスタメンは、


【結果】

ブランドン、渡部がいると打線も迫力が増しますね。13安打9点をとり、

9対6で勝利です。


【投手】

本田

6回89球6安打4三振1四球無失点

前々回は散々な結果でしたが、前回は良く、今回はさらに良かったです。
欲を言えばもっとストレートが速ければ、変化球も活かせるのですが、ここが限界ですかね。
ただ今日は、無駄な四球もなく、試合を作りました。上では浜屋が厳しいので、ニール、ダーモディが先発に入ってくるまでは、チャンスがあります。


松岡

1回14球1安打1三振無失点

球に力はあるので、今日のように、ゾーン内で荒れる程度で抑えられるように継続していきたい。


渡邉

1回33球3安打1四球4失点

味方のまずい守備もありましたが、ストレートで空振りが取れず、変化球の精度もイマイチだったため、決め手に欠ける投球となってしまいました。



井上

1回18球1安打2四球2失点

久しぶりの登板です。
制球に苦しみました。立ち上がりストレートの四球を出すと、次の打者には、取りに行った力のないストレートをホームランされます。
制球の良い投手でしたが、今季はストライクを取るのがやっとの状態です。



【野手】

渡部 5-1(1HR2打点)

甘い球でしたが、会心の当たりです。
今の渡部は、とにかくホームラン狙いで良いので、大きく育ってもらいたいです。


綱島 6-3(1HR4打点)

好調期が終わったかに思いましたが、大活躍です。
山野辺も怪我しているので、好調を維持してチャンスを待ちたいです。

ブランドン 4-2

実戦復帰後、四球は選べていましたが、なかなか当たりが出てませんでしたが、マルチです。

コンディションに問題なければ、渡部と代えて1軍に呼びたいです。


川越、ジョセフもマルチでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ