埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: FA


ちょっと前ですが、元巨人の上原がFAに関する持論を述べました。

裏切り者扱いするのはおかしいとか、メジャーみたいに自動FAにするべきだという内容でした。



このツイートに対して、

楽天浅村の妻が「100億いいねをしたい」とコメントしたことで炎上してしまったとの事です。



ライオンズファンが浅村を裏切り者扱いするのでそういうコメントしたんだろうと思った方から、批判のコメントが多数送られたのだと思います。


うちも大変だったんですよーみたいな感じですしね。

当然炎上しますよね。




FAに関してはそれぞれが自分の立場で持論を展開してます。



元選手の上原からしたら選手目線の発言ですし、浅村の妻は、浅村が裏切り者扱いされてるのを心配しての発言でしょう。



しかし、

FAは選手の権利ですが、応援や批判をするのもファンの権利です。



ファンは選手の活躍に一喜一憂します。

なのにFAに関しては、感情を押し殺せと言うのは選手ファースト過ぎです。


選手もファンあってのプロ野球と言うのであれば、ファンの権利を無視するのは良くないですね。



移籍して批判されても、しょうがないと思えないメンタルならそれまでの選手です。



個人的には浅村本人は批判されてるからこそ、一昨年はライオンズ戦で頑張ったように思います。


正直浅村には良い感情はありませんが、言葉ではなく野球選手としてプレイで示すのが筋ですし、そのくらいの図太さは必要です。



今年はコロナ渦によりどの球団も経営が悪化してますが、一律に減らすことはしないという選手会の意見が通りました。


選手の力が強くなるのは良いことですが、



ファンに対しても選手ファーストにならないようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






FA申請が締め切りました。

今年は、ヤクルト山田、中日大野、西武増田と大物が残留という結果となりました。




特にヤクルト山田や西武増田は移籍が濃厚と思われており、移籍先として楽天入りがシーズン前から囁かれていた中での大逆転残留でしたね。

今年は複数年が功を奏したFA戦線でもありました。





FA宣言した中では、

ヤクルト小川が注目されます。



報道では残留交渉では4年8億程度との事です。


悪い条件ではないですが、このくらいなら資金力のある球団以外でも参入してくる球団があると思います。

報道では珍しく日ハムが調査との事です。



4年10億くらいの提示をするんでしょうかね。


巨人が来れば、金銭的にも環境的にも巨人でしょうね。




我がライオンズは、DeNA井納に興味という記事が出ましたが、


多分行かないと思われます。




増田が残留しましたし、後は外国人を取って終わりそうです。


戦力はあって困ることはないので、井納でも小川でも取れるなら欲しいですが、支配下枠の問題もありますし、予算の問題もあります。



特に予算は、今後控える主力野手のFAの事も考えないといけないので、FA獲得するなら必須の複数年はきついですね。


増田残留は守護神補強したのと同じなので、後は足りない部分を外国人やトレードで補強したいです。

足りないのは中継ぎ左腕です。



小川が手術しましたし、そもそも小川は対左に強い訳ではありません。


斎藤大や武隈、佐野にも期待はしたいですが、対打者というよりも自分の投球をするのに精一杯です。

即戦力を考えるなら外国人獲得を急いで欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








増田の残留が正式に決まり、生涯ライオンズ宣言も出ました。


主力投手として生涯ライオンズとなるのは西口以来ですね。


ファンの心もぐっと掴みましたので、後は体のメンテナンスを整えて長く活躍してもらいたいです。





以前のライオンズはFA取得選手に対して、シーズン終了後まで交渉はしないという球団でした。




他球団はFA取得選手に対して、タンパリングは禁止ですが、実際はマスコミを使いアプローチをしているそうです。


選手からしたら、良い条件でシーズン中から熱心に誘ってくれる他球団と、シーズン終わるまで話をしないライオンズでは流出も当たり前です。



記事にもありますが、渡辺GMになってからは対話重視でシーズン中から話すようになりました。





今回はそれが功を奏したと記事にありますが、もちろん対話重視は大切ですが、

増田に関しては4年12億という条件が良かったのだと思います。





マネーゲームになればもっと出す球団はありますが、今年はコロナの影響もあり、どの球団も経営が厳しいです。



増田にしても、

普通の感覚を持っていれば、12億は妥当、年齢的にも4年は大盤振る舞いだと分かるはずですし、このまま残れば引退後の面倒も見てもらえます。


他球団が取りに行きづらい、絶妙な条件提示をしたと思います。





渡辺GMになってから、秋山はメジャーに行きましたが、増田、金子、十亀と残留させました。

大変なのは再来年からです。




2022年オフの外崎、2023年オフの森、山川、源田のFAに対してどうやって残留させるか今から動いて欲しいです。



個人的には、チームとしても個人としても結果の出なかった今年こそ、長期の複数年を結ぶチャンスだと思っています。

FA取得前年に複数年を結ぶ事が多いですが、前例のないことをやることが誠意になると思います。



マネーゲームでは勝てないので、増田にしたような絶妙な条件提示とコミュニケーションに加えて、ライオンズとして前例のないことを選手にして欲しいですね。



それで無理なら銭ゲバ選手だったと諦めます。




渡辺GMも再来年から大変なのは分かっていると思うので、どんな手を使うのか期待します。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





増田のライオンズ残留が正式発表されました。 



念の為、タイトルだけ書いて眠らせていたこの記事をアップさせることが出来ました。



シーズン中から、増田は楽天で決まりとか書いてきましたが、残ってくれてありがとうございます。




実際は分かりませんが、楽天は増田にアプローチしてたと思います。


ただ、コロナ渦もあり経営が厳しくなり、交渉も上手く行かずに撤退。対するライオンズは好条件を提示したと言うことで残留と考えます。



しかし、

増田が残った事で来季もライオンズは戦えます。



新外国人投手がまだ分かりませんが、増田がいることで来季の後ろの心配が減りました。




先日西口コーチから平良は来季もセットアッパーとのコメントがありましたが、個人的に今の所は私も、

8回平良、9回増田が良いと思ってます。


7回は森脇、宮川、去就不明ですがギャレットで競争。


平井は新外国人が中継ぎなら先発、先発なら7回が良いと思います。




平良、平井は先発希望ですが、中継ぎありきの先発だと、他の先発陣も中継ぎありきなので中継ぎ負担が大きいです。


西口コーチもすぐに代えたがるので、中継ぎは豊富にいないとライオンズは厳しいです。




幸い、豊田コーチが中継ぎを上手く回してくれているので、今年同様の中継ぎ陣容なら問題なくやってくれると思います。



平良先発転向は、摂津や山本由のようになれるかもと夢がありますが、


先発やるなら完投出来る投手、最低でも7回を投げきれる能力がないと、セットアッパー山本由の抜けた以前のオリックスのように、山本には良かったですが、チームとしては機能しなくなります。


中継ぎは負担も大きいですし、本人がどうしても先発をやりたいなら、来季、森脇、宮川辺りが一回り大きく成長出来れば再来年以降に先発も良いと思います。



平井は先発でも良いと思いますが、ストレートの球威不足と対左という課題があります。



新変化球マスターは試合で使えるレベルとなると難しいかもしれませんし、一長一短なので、現状ではフォークの精度を高め、使用の割合を増やす事で対処したいです。



この辺はまた今後書いていこうと思います。






増田は4年の複数年との事ですが、残ったら残ったで不良債権になる可能性があると言われると思います。



私も3年目以降は不良債権化の可能性はあると思ってます。



ただ、金子や十亀クラスではなく、

今年のFAの目玉となった増田を残せたという事実は大きいと思います。




FAしてたら争奪戦になる選手を引き止められたのは、中村以来ですかね。


ただ中村はFAを匂わせてなかったので、怪しかった増田を残留させたのはライオンズ初かもしれません。



ファンとして、昨日まで応援してた選手を嫌いになるほど辛い事はないので、球団は頑張りました。

最大のファンサービスです。




流出の多いライオンズファンなので、残留してくれた事に対してどう喜べばいいのか分からないのですが、とりあえずシーズン中から増田はどうせ楽天だとか書いてきましたが、

増田さん。すみませんでした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






熊代も残留だそうです。



戦力的には大きな期待は出来ませんが、ムードメーカー兼便利屋として存在感を出してますね。



しかし、ベンチ入りの枠は貴重なので、熊代は戦力にならないなら代わりに若手を置いて欲しいです



そうならないためにも、熊代はしっかり練習してもらいたいです。


守備固め以外にも、対左に強くなれれば残留してくれてありがとうと言われる存在になれます。


無理は承知で言いますが、現役時代の平尾のように代打の切り札として存在してくれると、今のライオンズにはいない役割なので助かります。



物怖じしない性格的には合ってると思いますので、オフはしっかり練習ですね。





今回のようにFA行使して残留だと、再契約金が発生します。



出来れば無駄なお金は使いたくないでしょうに、熊代クラスでも宣言残留させているのはライオンズ球団の優しさですね。








今年引退した國場もセカンドキャリアの面倒を見ましたし、

1.5軍クラスの選手にとってはライオンズは良い球団です。






大金持ちを夢見る野球少年達は、ソフトバンクや楽天とかに目が行くかもしれません。



しかし、ライオンズは非常に選手想いの球団です。




ライオンズは面倒見の良い球団として根付かせ、

将来的には学生達の親御さんから行かせたい球団と呼ばれるようになってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

↑このページのトップヘ