埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 公式戦


昨日のロッテ戦敗戦によりクライマックス進出を逃し3位が確定したライオンズは、久しぶりの消化試合です。

本日のソフトバンク戦で2020年公式戦の全日程を終えました。


結果は、2対6で敗戦です。


宮崎でフェニックスリーグをやっているので、福岡でのソフトバンク戦に何人か連れて行くかと思いましたが、入れ替えはありませんでしたね。



何の目的もない消化試合程つまらないものはないので、育成のために若手を試してもらいたかったのですが、1試合だけでしたし、フェニックスリーグで育成を始めてるからということだと思います。


ソフトバンク戦の先発は高橋で2回無失点でした。


その後は、

斎藤2回5失点。

田村2回無失点。

伊藤2回1失点。


でした。

こういう使われ方に慣れてる田村はしっかり投げましたね。

今年はモチベーションの難しい捨てゲーム専門でしたが、しっかりイニング稼いだり、連投したりと戦力として存在感を出せました。

斎藤、伊藤は出直しです。。。


野手ですが、スタメンは、

1金子
2源田
3外崎
4メヒア
5木村
6山野辺
7呉
8愛斗
9柘植

でした。

木村は怪我と聞きましたが出れるんですね。

2安打しました。


なら、なぜ昨日は最後まで愛斗を使ったのか聞きたいですね。



下位は今いる1軍選手の中での育成枠で組んだんでしょうけど、あまり夢のないスタメンです。


呉は2安打2打点と好調キープです。

愛斗は無安打でした。出直しです。。。



どうせならフェニックスリーグでやってる高木や川野といった将来的にレギュラーになるかもしれない素材を1軍で見たかったですね。


フェニックスリーグでは渡邉くんも投げて5回無失点でしたし、消化試合のソフトバンク戦より夢があります。



ファンとしては消化試合でも1軍での姿を見たいですが、やはり、

消化試合で1軍を1試合だけ経験するよりも、来年実力で1軍に来てほしいですね。


野手では高木、鈴木、川野、投手では渡邉、井上といったその可能性のある選手達もいますので、オフはしっかりトレーニングしてもらいたいです。




今シーズンは選手層の薄さを痛感するシーズンでした。

選手層の薄さをカバーする選手起用のマネジメントも出来ませんでした。

出来なかった事が多いシーズンでしたが、

長年の懸念であった中継ぎがライオンズの強みになりました。


来年は守護神の増田がいません。


強みを無くすか、個々のレベルアップによりさらに強固な強みになるのかはオフの練習次第です。



選手たちは休んでる暇はないですが、とりあえず

シーズンお疲れ様でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






2020年ライオンズの戦いは幕を閉じました。


負ければ終わりの今日の試合、2対8で大敗です。

ライオンズは明日も福岡で試合がありますが、

今年は3位という結果になりました。




試合は、
2点先制し流れはライオンズでしたが、スパンジーのエラーでの失点から雲行きが怪しくなり、見せ場は6回。
ノーヒットで満塁のチャンスを貰いましたが活かせず、完全にロッテに流れが行き、結果大差での敗退となりました。

野球はミスが出たほうが負けとよく言われてますが、その通りの結果になりました。



金子の走塁ミス、スパンジー、平井のエラーでの失点がありました。

特に最近は走塁ミスが多いです。

選手達は勝ちたい気持ちが強くて焦りが行動に出てしまっていました。

選手たちは一生懸命やってます。


焦らせないように抑えるのは首脳陣の役割です。

責められるべきは首脳陣です。



ライオンズはイケイケドンドン野球とも言われてますが、

良くも悪くも子供のチームなのでワンプレーで流れが大きく変わりやすいチームです。



上手く行ってれば勢いに乗れるシーンもありましたが、ミスになると勢いを一気に無くす諸刃の剣です。


今日はミスが多く流れを悪くする方に行ってしまいました。


そして、

最大の敗因は、6回の攻撃です。


1点ビハインドの6回、四死球で1アウト満塁のチャンスをもらいました。


そこで8番愛斗をそのまま打たせて三振。

9番呉も三振とチャンスを活かせませんでした。


昨日からチャンスが下位に回るのは気になってはいましたが、あの場面は試合を決める場面です。

愛斗はまだこの試合を決める場面を託すには実力が足りません。

もちろん愛斗が打てば良くも悪くも子供のチームのライオンズなので、盛り上がり一気に流れがライオンズになります。

しかし、それは

ハズレの可能性が極めて高いギャンブルです。



昨日の試合みたいに大量得点差で一気に流れを持ってきたいからと言うなら分かります。

しかし、この時点ではたった1点差でした。

無謀なギャンブルをする場面ではありません。



調子悪くてもメヒアや木村の方が可能性あるのは誰が見てもわかります。
(追記: 木村は負傷していた様です。ならなぜこの大一番に試合に出れない人をベンチに入れてるのか?代わりを上げなかったのか?)

辻監督はこの大事な試合で無謀なギャンブルをしてしまいました。




辻監督の采配ミスが今日の敗因です。



この経験を糧に、来年愛斗が3割バッターに成長するきっかけになるならまだしも、その可能性はまだ見えない選手なので意味を持たない打席になってしまったのが悔やんでも悔やみきれません。


私は様々な理由からライオンズの監督は辻監督が良いと思ってますが、

短期決戦に勝てない辻監督の勝負勘に疑問はあります。

やはり辻監督は勝負弱いです。


勝負強い参謀が来季は欲しいですね。



試合はその後も、たくさんいる控え野手を誰も使わず、スタメンがそのまま最後まで行きました。

使わない水口上げるくらいなら投手を上げとけばと思っても後の祭りです。




今年は最下位争いするかと思うくらいチームは低調でしたが、よくここまで来ました。

残念な結果に終わりましたが、選手達は頑張りました。

辻監督評についてはまた後日書きたいと思います。


とりあえず、

辻監督。明日は大幅に入れ替えて主力は休ませてあげてください。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日は待ちに待ったロッテとの直接対決です。


非常に楽しみな一戦です




昨日ロッテは勝ちましたので、

ライオンズは今日の試合負けるとクライマックス消滅となります。


ホーム最終戦で辻監督が宣言した死ぬ気で戦うを実践する時です。





本日はライオンズ松本、ロッテ小島です。



ロッテ小島とは今年は何度も対戦しましたので、初回から積極的に行って欲しいですね。


相性が良いのは、

外崎.571

森.375

源田.364


です。


相性が悪いのは、

スパンジー.154

木村.200

メヒア.000



です。 


とはいえ、若手の突き上げがなく、スタメンと控えの差が大きいライオンズなのでパターンは少ないです。


相性で言えば、木村を愛斗に、メヒアを呉に代えるくらいですがスケールダウンしてしまいます。


個人的には、
1金子
2源田
3外崎
4森
5中村
6栗山
7木村
8スパンジー
9呉

です。


メヒアの調子が落ちているので、左投手ですが呉を。

木村は昨日バントミスもあり、交代させられましたが対左の強さと奮起を期待してスタメンです。


そして、打撃が上がってきて相性も良い森を4番起用して欲しいです。

ライオンズは森、山川のチームです。



今は中村、栗山が代役をしてくれてますが、栗山が少し落ちていることもありますし、

この大一番は森に任せたいという個人的な気持ちもあり4番です。



森はチャンスメイクも出来るので、状況によっては中村、栗山に繋ぐバッティングも出来ます。



しかし、

辻監督はスタメン捕手に岡田を使いそうなのが心配です。



岡田も悪くないですが、打線がスケールダウンしますし、肩が弱いので足を使われてしまいます。

松本の捕手別防御率も森の方が良いです。




確かに岡田マスク時の方が松本の勝率は良いのですが、その日の調子や相手もあります。


験を担ぐのではなく、この大一番を誰に任せるのかを考えれば、

やはり正捕手森を使って欲しいです。




ライオンズはクライマックスに行くのが目標ではなく、クライマックスでソフトバンクに勝つのが目標です。

ソフトバンクに勝つためには森の力が必要です。



ここでクライマックスでも投げるであろう松本と森を再度組ませたいです。


今年は森にとって苦しいシーズンでしたが、この大一番ではやってくれると思います。
 


辻監督は上手く行くと結果がでなくてもしばらく固定したがるので、多分岡田スタメンだと思いますが、勝負師としてどんな判断をするのかも楽しみな所です。



辻監督がどういうスタメンを組むのか見物です。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






本日の楽天戦は6対6の引き分けです。

この時期は結果が全てなので、頑張ったとしても勝ちきれなかった事は駄目な点です。

でも、諦めずによく追いつきました。


今井の大炎上もあり初回で意気消沈するかと思いましたが、

ライオンズ選手たちは一切諦めていませんでした。




試合を振り返ると、

打線は良く頑張りました。




初回に先制するも、今井大炎上で6点取られますが、すぐに呉のタイムリーで1点返し、まだまだという気持ちが見えました。


今日は中村、森がチャンスメイクしていたので、チャンスに下位や金子、源田に回ってしまいなかなか大量点とは行きませんでしたが、コツコツ点をとり追いつきました。


チャンスにバントミスの木村をその裏すぐに愛斗に代えるなど厳しさも見えましたし、期待の若手愛斗もその後チャンスに犠牲フライを打ちました。

今はスタメンを代える程の選手がいませんが、愛斗などの若手が伸びてくれば野手陣にも緊張感と活気が出てくると思います。



ここは来年たくさん入ってくる新人達に期待です。


終盤は完全にライオンズペースでしたので、勝てるチャンスもあったのですが決めきれなかったですね。

勝ちきれなかったですが、打線低調の今年のライオンズ打線ならこの結果はかなり頑張ったと思います。




投手陣ですが、

先発の今井に関しては試合中に急遽書いたので良かったら読んでください。


今井が1回持たずにピンチで急遽登板した宮川は制球定まりませんでしたが、2回からは無失点で切り抜けます。


その後小川、ギャレット、平井も無失点でしたが、7回森脇が誤算で、森脇も今日は制球定まりませんでした。

辻監督は死ぬ気で勝つと宣言した通りに、森脇を諦め7回途中から平良に代えた所は良い継投でした。



平良も期待に応え連続三振を取りましたね。

8回も平良、9、10回は増田としっかり抑えました。



中継ぎ陣の疲労もかなりあるでしょうが、

今年のライオンズの強みは中継ぎ陣です。



あと2試合頑張って欲しいです。

さあ、明日は今年1番の勝負所ロッテとの直接対決です。

楽しみましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






現在3回終了して、2対6で劣勢です。


今井が大炎上しました。

0.2回38球3安打4四球6失点


です。

ソフトバンク戦の十亀より酷い内容でした。



本来なら2軍でフォーム固めをしてるはずの投手ですが、先発がいない状況とポテンシャルの高さからそこそこ抑えてしまうことから起用されました。

今井は、投球フォームの不安定さが課題であり、改善されてないのに投げさせてる首脳陣の問題です。



ハマった時のストレートは素晴らしいので、期待してしまう気持ちは分かりますが、満塁にした時点で継投するべきでしたね。

肩が出来るのが早い平井もいるんだしワンテンポ継投が遅かったです。



今井は大丈夫でしょうか?

イップスにならなければ良いのですが。


気にしないくらいの図太さがあればむしろ頼もしいのですが。。。


まだまだ取り返せる点差です。

今日の楽天瀧中なら打てます。

取り返しましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ