埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 公式戦

本日のオリックス戦は2対1で勝利です。

今日も打てないなー、何の工夫もないなー、今井くんはまた四球出してるなー、負けるかなーという試合を栗山の一振りでひっくり返しました。
中継ぎも頑張りました。

2020年のライオンズの強みである、中継ぎ陣が頑張り、ここぞの場面で打線が決める野球が出来ましたね。


今年は勝つならこういう試合になります。

山賊が現れて大量得点で楽な気分で見ることはしばらくは出来ませんね。






試合を振り返ると、

先発の今井くんは、
5.1回2安打3三振6四球1失点でした。

今の今井くんなら6個の四球は通常営業です。


本来は2軍でフォーム固めをしている今井くんですが、先発が足りなく1軍で投げさせてる訳なので、制球がまとまらないのはしょうがないです。


むしろこの状態で抑えられたのが凄いですね。


要因は、チェンジアップが効果的と判断した森のリードです。



今井くんはエース候補なので、今後の事も考えて、森とコンビを組み、課題の共有と確認が出来れば良いです。


今日なんかは、森は大変でしたが、

今井くんを良く理解したリードだったと思います。







打線は今日も先発山岡の前に6回で7三振と振り回しました。

そんな中、少ないチャンスを決めたのは栗山でした。

今年の栗山はずっと頑張ってますね。


山川、外崎、中村と主力が不調のため、得点力は大幅にダウンしてます。

山岡の様に良い投手が相手の時は今のライオンズ打線では打ち崩せません。

今日の様に少ないチャンスを作ったら確実に決めるしかありません。

今であればチャンスメイカーは源田。
決める打者は森、栗山です。

源田、森、栗山の1から3番でも良いと思います。

源田の調子が落ちれば、相性の良い打者を代わりに配置するか栗山を1番です。

得点力の低いときは、調子の良い打者を並べて、打席が多く回る上位に配置がベストです。


残り試合も少ないです。
不調選手の復調を待つ時間はありません。

今年は中継ぎが踏ん張ってくれます。
打線は森、栗山を中心に組み少ないチャンスを物にしたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






昨日の日ハム戦は3対8で敗戦です。

借金を返して再スタートと目論んでましたが、負け越しました。


先発ニールが試合を作れず序盤で交代。
宮川、平井と中継ぎも追加点を取られました。
打線も森の3ランの得点のみで追い上げはありませんでした。

先発が序盤で崩れても中継ぎが踏ん張り打線が逆転するライオンズは見られませんでしたね。





投手陣ですが、


ニールは中5日の影響なのか、コントロール出来ませんでした。

ゴロピッチャーが低めに集められないとこうなりますね。

実績のある投手なので、修正はしてくると思います。


平井は使われ方がイニングイーターになってしまいましたね。
先発から中継ぎに戻ってからこんな使われ方が多いですね。

来季は抑えの平良に繋げるセットアッパーでお願いします。 






野手陣ですが、

森は打撃の状態が戻りました。


森の前にランナーをためて得点を取ることも出来ましたが、今日の点差だと山川、中村といったランナーを返す役割の打者にも長打が出ないと厳しいです。



ノーアウト2、3塁で外崎、金子が続けて内野フライを打ちましたが無策過ぎます。

調子が悪く9番にしている外崎と、金子クラスの選手なら首脳陣も動いて欲しかったです。

今の外崎なら代打もありです。




今年は、

シーズン通して中継ぎの頑張りがあったから、この先発陣と打てない打線でも最下位にいない訳です。



平良、宮川、森脇と経験の浅い投手にとっては疲労がピークに来てると思いますが、あと少し頑張って欲しいです。


今日の試合みたいに今年は、あれもこれも上手く行かない事が多いですが、選手達はまだ諦めないって言ってたので、ファンも最後まで諦めずに応援しましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いしま






今日の試合は2対7で敗戦です。


先発浜屋は3.1回5安打2三振5四球3失点でした。

課題のコントロールとストレートの安定性どちらも駄目でしたね。


優勝を目指すなら先発がいないけど、この状態なら2軍です。


来季に向けて経験を積ませるなら、森とのコンビでこのままローテーションで投げさせても良いと思いますが、

今井同様に課題を森と共有、確認して投げなければ意味がないので、浜屋と森はしっかりコミュニケーション取ってほしいです。


森は伊東や細川みたいに、捕手主体のしたたかなリードをするタイプではありませんので、投手と一緒に打者を抑えていくために、投手とコミュニケーションを取って行きたいですね。





野手ですが、

日ハムの先発バーヘイゲンの前に3安打では勝てません。

三振も10個と相変わらず振り回してます。


昨年までは三振が多くてもその分得点も多い山賊打線でしたので、三振の多さは許容範囲でしたが今年は違います。


昨日の様にコツコツ点を取っていく姿勢が今年は大事です。



打てなくても球数を投げさせるとか、狙い玉を絞るとか、何度も言ってますが打撃コーチはもう少し仕事をしましょう。


私生活に問題がありましたが、全盛期のダルビッシュを攻略したデーブ大久保打撃コーチのように作戦をたて選手に徹底させるのもコーチの仕事です。


赤田、阿部コーチは若いコーチなので、役割は兄貴分的なモチベーターだと私は思ってます。


昨年まではそれで良かったのですが、今年の打線は作戦が必須です。

多分来季もです。

打撃コーチもそろそろ来季は変えないとですね。



今日の試合で良かった事は、
川越が地元の北海道でホームラン打ったことだけですね。

川越おめでとう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日の日ハム戦は7対0で勝利です。

先発の高橋は8回132球4安打5三振でした。

高橋、松本、今井に求めるレベルは高く、松坂、涌井のようなチームの軸となるエースになってもらうことですが高橋は、

エースに片足突っ込んだ感じですね。

ソフトバンク千賀、日ハム上沢と相手エースとの投げ合いにも十分な働きを見せてくれました。

何より中継ぎ頼りのライオンズ先発陣の中で、8回まで投げたことに価値があります。





野手陣ですが、

今日は素晴らしい試合でした。


昨年、一昨年の様なビッグイニングを作り打ち勝つ野球も面白いですが、今日の様な先制、追加点、ダメ押しと着実に加点し、投手がしっかり抑える試合の方が私は面白いです。

強いチームの勝ち方でした。



やはり、上位がしっかり塁に出ると得点になります。


今年は1番打者に苦労しました。

辻監督は黄金期脳なので固定したがるのですが、シーズン中盤でようやく柔軟に打順を組むようになりました。

終盤に来て金子、源田と固定し始めてるのが不安ですが、2人は好調なので今は機能してます。

が、特に金子は波のある選手なので見極めが大事です。




楽天戦の雨天強行からの中止で、いい流れが台風と共に去ってしまいましたが、再び自力で引き寄せました。

この流れは、高橋、森が引き寄せました。


森は3番打者としてチャンスメイクにタイムリーにと3安打で打線の核としての役割をしっかり果たしました。

ライオンズは森のチームです。


こう書くと賛否両論あると思いますが、実際森が活躍すれば勝てます。

森は攻守の核です。



選手達はまだ諦めてないって言ってるので、勝つためには森を中心として打線で残り試合を戦って行きましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






本日の楽天戦は2対8の大敗です。

昨日の楽天サイドの身勝手な、台風来てるのに試合強行からの雨天ノーゲームで、いい流れも流れてしまったようです。

先発の松本は制球が定まらず4回で7安打5四球5失点でノックアウトです。

2番手は榎田と入れ替えで上がってきた、プロ初登板のドラ3松岡でしたが、1回2失点と結果は出ませんでした。

とりあえずすぐに仙台行ける人を上げた感じでしたね。
完全にお試し枠でした。


明日は平井先発のブルペンデーになりました。

松本が序盤で交代したので、今日も中継ぎ負担が増えました。


今の中継ぎ陣はライオンズの強みなので、ブルペンデーは避けて欲しかったです。



今日の2軍戦では十亀、多和田、本田が投げたそうです。


それなら、柘植、山野辺を下げ、十亀、本田を昇格させて明日登板後に抹消、代わりに駒月、水口を上げれば良かったと思います。


3番手捕手の柘植と代走・守備要員の山野辺なら1試合いないくらい影響はないですし、代わりの昇格者もいます。


まだ優勝を目指しているチームなんだから、そのくらいの柔軟さを見せて欲しかったです。



楽天の身勝手な試合開催からの途中ノーゲームという不運はありましたが、

明日のブルペンデーは身近な所で済ませるとりあえず試合をこなそうとしてる感があります。


優勝目指すなら、今の強みの中継ぎ陣をこんな所で負担かけたくないんですがね。



もうしょうがないので、明日は平井、ギャレット辺りで試合を作りそうなので、序盤から点を取り、楽な展開にしたいですね。


打線ですが、今日は淡白な打撃でしたが、四球で出たランナーを得点に絡めるのが、強い時のライオンズです。

特に金子、源田の上位は粘って粘って塁に出て欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ