埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 選手

(旧ブログより修正して再アップしてます)


流出の多いライオンズファンをやってるとついついタラレバが多くなりませんか?



もし岸、涌井、菊池、浅村、中島、秋山が残ってたらとか。



いなくなった人のこと考えても仕方ないのは分かってるんですけどね。




今回はタラレバではなく、ライオンズに戻ってきた選手についてです。





ライオンズだけでなく野球界の功労者でもある


松坂大輔です。




私の世代は松坂といったら大スターであり、実力も日本一の投手でした。


ライオンズのエースは西口。

日本のエースは松坂。


当時ファンの中で言われてた言葉ですが、その通りの実力でした。


松坂といえば速いストレートの印象ですが、

対戦した打者からはスライダーが凄いと言われてましたね。



意外と器用で、チェンジアップなんかは、

漫画の【ストッパー毒島】を読んで真似したら投げられたなんて逸話もあります。





怪我もあり、今年40にもなることからも衰えが否めません。全盛期を知ってるだけに正直寂しいです。



マスコミからは客寄せパンダ扱いされ、ご意見番の張○氏からはみっともないと言われファンとしては悔しいです。



が、大きく否定は出来ません。


本人も分かってるでしょう。




技巧派に変わり手元で変化すると言われてますが、

正直外国人投手の方が変化してます。



パ・リーグの打者はレベル高いですし、普通に投げれば多分ボコボコに打たれます。 



可能性があるとすれば、投球術で打ち取ることです。


森のリードでは厳しいと思いますので、松坂が投球を組み立てていくしかないと思います。



しかし残念ながら、今年手術したので今シーズンは多分無理です。



せっかく70周年記念ユニフォームを松坂が入団した時のユニフォームにアレンジを加えたものにして、これを着た松坂がメットライフドームに立つ姿をファンもライオンズの営業の人も期待してたんですが残念ですね。



コロナの影響で記念イベントは来季に持ち越す様なので、まだ見れるかもしれませんが。。。



本人が辞めると言わなければ来年も契約してくれると思うので、来年やる気があるなら来年期待します。






にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


鉄腕平井投手ですが、今季は中継ぎでイマイチ安定しない投球です。

蓄積疲労もあるでしょうし、他球団も研究し対策してますので、そういった要因もあると思います。


平井自身も中継ぎだと、余計な力が入ってコントロールを乱す場面が今季はよく見られます。

そんな中、不甲斐ない先発陣の影響で、先発をする機会がありました。


結果は皆さんご存知のように、好投しましたね。


先発だとストライク先行でテンポ良く投げれてました。


もちろん課題もあり、

そもそも中継ぎ投手はスペシャリストなので、スライダーとストレートのコンビネーションで中継ぎ時は良かったのですが、先発になると使える球種を増やした方が良いです。

特に対左では使えるレベルのシンカー系のボールやフォークなどの球種も必要になります。


ただ、課題を抱えながらもナイスピッチでした。



なら、先発転向も良いのではと思いますが、

私は平井は中継ぎだと思ってます。


なぜかと言うと、

来季増田はFAで流出するからです。




現代野球は分担性が主流です。
特にライオンズ先発陣は完投能力がないですし、中盤に崩れる事が多いです。

そんな場面で平井がいるいないは大きいです。



流出の多いチーム事情を思えば、
先発するなら、

増田がいる今年限定です。



ただし、平井の事を思えば、酷使されないし、年俸も上がりやすいでしょうし先発の方が良いとも思います。



もし来季以降も先発させるなら、

宮川の成長、ギャレットの残留、ドラフトで即戦力中継ぎの獲得、平良の先発やりたい病の完治が条件です。


ハードルは高いですが、平井を先発させるなら、優勝を目指すなら、このくらいのことはしてもらわないとです。



数年前、涌井、岸、西口がいながら終盤で逆転されて勝てなかったライオンズ。

俺達と言われる中継ぎ陣のおかげで、先発至上主義だったライオンズに中継ぎの重要性を植え付けました。

毎試合最後までハラハラして負ける展開を何度も見ました。


その時より格段に中継ぎ整備されてますが、また同じことにならないようにして欲しいですね。






にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

(旧ブログより修正し再アップしました)




昨年後半からブレイクしたライオンズ投手陣の希望の星、平良の登場曲にピンと来た人も多いと思います。


連覇中にファンになった方は知らない人も多いと思いますが、この登場曲 follow meを使ってたのは、


ライオンズの元守護神髙橋朋己です。


グラマン以来、まともな抑えがいなかったライオンズに彗星のごとく現れた左腕です。


平良に使って良いよと言ったそうです。




ライオンズファンにはお馴染みで今や懐かしい

【俺達】

という1.5軍レベルの中継ぎ陣をディスった言葉がありました。



そんな中救世主として現れたのが髙橋です。


唸るストレートで驚異の奪三振率を叩き出しました。

あのソフトバンク柳田が絶賛してたくらいです。


増田、髙橋の8回9回は暗黒時代(伊原、田辺政権)の希望でしたね。



しかし肘の故障で2016年にトミージョン手術。
その1年後にはファームで復帰しましたが、2018年には今度は肩をやりました。


肘の故障は靱帯をとっかえることで復帰の道があります。実際、トミージョン後、球速が上がることもあります。 


しかし、肩は駄目です。

古くは森慎二も肩の脱臼骨折で引退しましたね。



髙橋はまだ育成にてライオンズに在籍してます。

情報が少ないので、どこまで戻るか予想がつきませんが、タイトルにもあるように待ってます。



多分、髙橋を待ってるライオンズファンは多いと思います。

戦力的にではなく気持ち的にです。



当時から怪我を不安視される投げ方をしてました。


本人も太く短い野球人生でも構わないと言ってましたが、その命を削って投げてる様がファンの心を掴みました。


知らない人はYou Tubeとかで見てください。

素人が見ても凄さが分かりますよ。



もうあのストレートには戻らないかもしれませんが、


マウンドに立ってまたスタジアムが follow me の大合唱になる日を夢見てます。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


イースタンで多和田投手が登板してます。


多和田はライオンズが大学1年の時から目をつけ、囲い、単独のドラフト1位で入団した逸材です。
松坂以来開けていた18番を与えた事からも期待の高さがわかると思います。

最多勝も取り、菊池がメジャーに行ったことで、繰り上がりではありますが、エースとしてライオンズの投手の中心となるはずでしたが、自律神経失調症になってしまいました。

しばらく休んでましたが、治療が順調にいったようで選手契約を終え、選手として復帰しました。

以前のブログでも何度か触れましたが、

(良かったら読んでください。)



このメンタルの病気は非常に難しい病気です。

私は仕事でメンタルの疾患のある方と接する事が多いのですが、調子が良くても急に悪くなることもあるし、一喜一憂出来ない病気です。


薬物療法を中心に、生活リズムを変えたり、柔軟な思考も持てるようにしたりと、行動療法や精神療法を組み合わせて治療します。


多和田がどういう治療受けたかは分かりませんが、野球選手なので薬よりも生活や思考の面での治療を重視したのではないかと思います。


周りの理解も必要ですが、プロとして1軍のマウンドに立つなら多和田自身の覚悟が必要です。


なので、今年はリハビリとして野球が楽しめればそれでいいと思ってましたが、思ったより早く復帰しました。

エースのいないライオンズですが、居ないのではなく、お休み中なだけなんです。


エースは多和田です。

Screenshot_20200823-145615



あれ??
だれ???

いつも坊主だったのに。

でも、オシャレのためではないのは確かです。


多和田はそういう人じゃないですしね。


そういえば坊主の時も、切るタイミングは験を担いでたし、


願掛けか何かですか?




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

やってしまいました。
相内、佐藤の2人が自粛期間中、ゴルフに行き速度超過で捕まったそうです。

無期限で対外試合禁止となりました。

佐藤は今季、飛躍を期待してただけに残念です。
中村の後釜争いは今季の必須だっただけに、その一番手だと思ってた佐藤の離脱はライオンズ的にも痛いです。

全盛期の中村相手なら無理ですが、もう何年も出来ないので、佐藤にとっては大チャンスな訳です。

しっかり反省して、復帰後は野球に邁進してください。

そして何度目だ相内。


コンプライアンスにうるさいライオンズでは、もう無理かもですね。

そもそも実績的にも首が近い現状を分かってるんですかね。

投球もそのくらいの図太さがあれば良かったのですが、野球に関してはメンタル弱いですしね。

今までの彼は友達に影響されて悪さをしてしまうタイプでしたが、

何度も反省して、

でも変わらなかったということです。

せめて野球で結果を出していればと思いましたが、そういう性格だとプロでは結果出せないのかもしれませんね。

私は今でも清原ファンなので、悪さには寛容なのですが、それは野球での活躍あってのファンなので、相内はちょっと厳しいですね。
残念です。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ