埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: ドラフト



今年のドラフトは野手中心の指名でした。

中でも中村の後釜候補のドラ1渡部と将来の主砲候補ドラ3山村には期待がかかります。

ライオンズはドラフト1位は投手。2位はロマン枠。3位が当たり野手という事が多いです。



投手が1位になる事が多く、2位で遊んでしまうので、実質3位が野手の1位指名というのがライオンズドラフトです。


今までドラフト3位の野手では、秋山、浅村、外崎、源田と次々に主力を生み出してます。

スカウトの素晴らしい眼力です。



今年は3位で山村を獲得しましたね。


東海大相模高では、ファーストを守ることが多かったようですが、サードとショートも守れるそうです。


ライオンズとしてはまずはショートで育てるそうですね。

 

まだ、プロとしてやっていけるのか未知数ですが個人的には期待している選手です。


期待している理由は、

今回のドラフトは早川をクジで外した時点で辻監督からスカウト主導のドラフトに変わったと思うからです。


辻監督の要望通り2位で左腕を取りましたので、後はスカウト主導でドラフトをしたと思います。



辻監督の見る目がないと言う訳ではなく、過去、現場の意見を通したであろうドラ1斎藤やドラ3山野辺の現状を見ると、チームの核となる選手になるとは思えません。

現場の要望する左腕と守れる内野手を獲ったという感じです。




ライオンズは中村、栗山のチームから秋山、浅村へ、現在は山川、森のチームです。

流出の多いライオンズが求めてるのは、山川、森の次のチームの核となる選手です。



何年も選手を追いかけてるスカウト達の眼を信じたいですね。



山村は高卒の選手なのでプロとしての初めての指導者は特に大事です。




伊原監督時代、発展途上だった秋山を1番に抜擢したのは田辺でした。


スケールの大きな選手に育てたいです。


多分1年目は基礎体力作りが中心になると思われるので、

ここは3軍コーチですが、田辺と嶋に任せたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





ソフトバンクが日本シリーズ進出となりましたね。


ロッテは昨日の嫌な流れを払拭する先制点を取りましたが、敵いませんでした。

ソフトバンクは短期決戦に強いですね。


しかも工藤監督は短期決戦だと采配が当たります。

代える選手がいるから出来る事ではあるのですが。。。



ライオンズも選手層を厚くしてバリエーションを増やしたいですね。 


バリエーションを増やすための期待のドラ1渡部くんが入団合意しました。



帽子が少し小さめですね。



清原も入団時に頭が大きく既存のヘルメットが入らずに倉庫を探してたら、倉庫の奥深くからピッタリのが見つかってそれの色を塗り直して使っていたそうです。

野村克也氏のヘルメットだったそうです。


渡部くんは球団にピッタリのを見つけてもらって下さいね。


来季は2軍で使えるレベルのサード守備とホームラン王を目指して取り組んで欲しいです。

飛ばす能力というのは才能です。


まずは長所をプロで通用するように伸ばして欲しいです。


渡部くんについてはまた書こうと思います。




飛ばす能力はライオンズ史上最高だったカブレラの記事です。


西武ドームに地蔵まで建った、ファンにも愛された助っ人でした。



見た目は少しふっくらしましたが、あまり変わってません。


牛育ててるんですね。



外国人選手は引退後に牛や馬育ててる人多いです。


現役時代はステロイド疑惑もありましたが、素晴らしいバッターでした。


どんな薬でも少なからず副作用や後遺症があるので、健康には気をつけてもらいたいですね。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




本日のドラフトでは育成も含めてなんと12名もの大量指名です。

内、7名が野手と近年にはない野手重視のドラフトでした。

1位はやはり早大の早川くんでした。

辻監督の意向でしょう。


ハズレ1位はサプライズで渡部くんでしたね。 

これは編成の意向でしょう。


辻監督の意向でとった斎藤大将の現状を見ると、編成主導の方が期待が持てます。


2位でも取れたという意見もありますが、2位で取りたい投手の内誰かしらは残るという計算のもと確実に渡部くんを取るための1位なんだと思います。


ライオンズなら渡部くんを育てられると信じましょう。



2023年には主力野手のFAが控えてます。


残せるか分からないので、3年かけて野手を育て上げるための野手大量指名だと思います。



来季のコーチ人事はまだですが、残るなら田辺の出番です。

打撃コーチとしては実績もあるので、しっかり育ててください。








以下、全指名選手です。

1位

渡部健人 内野手 桐蔭横浜大

115キロの巨漢スラッガーです。
ポジションは三塁手。
体型といい中村の後釜です。
中村の打撃を参考にしたとのことですし、中村、山川と巨漢スラッガーを育てたライオンズは本人にとってはいいチームだと思います。

即戦力だとは思ってません。
来年は2軍でホームラン王を狙いましょう。


2位

佐々木健 投手 NTT東日本

ライオンズお馴染みの富士大卒の左腕です。
辻監督の意向の左腕を取ったのでしょう。

制球に難ありとのことですが、ライオンズにいる富士大出身者に実力的にはハズレはいません。問題を起こした佐藤も実力はありました。

大学の時から見てたようなので、富士大とはパイプもあるし行けると判断したのでしょう。


3位

山村崇嘉 内野手 東海大相模高

左の大砲候補です。
しばらくは嶋に預けましょう。

4位

若林楽人 駒沢大 外野手

パンチ力が魅力の右の外野手です。
木村の後釜でしょうか。

5位

大曲錬 福岡大準硬式 投手

準硬式ですが、最速154キロです。
準硬式出身の青木3軍コーチにアドバイスもらいましょう。

6位

ブランドン大河 東京農業大北海道オホーツク 内野手

身体能力の高い三塁手です。
名前でわかる通り日本とアメリカのハーフです。
やはり佐藤は解雇ですかね。

7位

仲三河優太 大阪桐蔭高 外野手

富士大と同じくライオンズお馴染みの大阪桐蔭です。左の外野手ですが、高木、鈴木、西川とライバルも多いです。
戸川はもしかすると切られるかもですね。


育成

1位赤上優人 投手 東北公益文化大

2位長谷川信哉 外野手 敦賀気比高

3位宮本ジョセフ拳 外野手 名古屋学院大

4位豆田泰志 投手 浦和実高

5位水上由伸 投手 四国学院大



野手中心の指名なので、来季は今井の覚醒、多和田の復活、当たりの先発外国人が必須となります。

誰を取っても賛否両論あるのがドラフトです。

野手なら育て上げられると信じましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









今日は楽しみのドラフトです。
金のないライオンズが戦力補強出来る貴重な日でもあります。

今年の目玉は近大佐藤くん、早大早川くん、中京高橋くんです。

3人とも指名公表している球団があるので、どこに行っても抽選になります。

ライオンズは今のところ公表してません。



上記ニュースでは、社会人の栗林指名かとのことですが、

栗林にするなら重複を避けるために戦略的には公表しちゃった方が良いです。

これから公表するかどうか見物です。



指名は、辻監督の意向をどこまで受け入れるかだと思います。

辻監督は落合氏の下で長年指導者経験を積みました。

落合氏は投手中心のチームを作り、野手は守れないと駄目という監督でした。


辻監督も影響を受けてると思いますが、投手の弱いライオンズではそれが出来ませんでした。


最近は中継ぎが使えるようになり後は先発です。
特に左がいません。

辻監督は早川くんって言うと思います。


個人的には森、山川の後を担える野手の核となる選手が欲しいです。


ライオンズスカウトの野手を見る目は信じてます。

近大佐藤くんがその器かどうかスカウトが迷うようなら投手指名です。

迷ったら投手です。

これから情報合戦になると思うので、まだまだ楽しめそうですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





昨日は高橋、森の活躍で勝利しましたね。

ライオンズは勝つしかない状況なので、今日も勢いそのままに勝って欲しいです。

先発は浜屋です。


最近は勝てなくなってますが、ライオンズ期待の左腕です。

柘植とバッテリー組んでますが結果が出てないので、流石に今日は森と組むと思います。

来季のことを考えても正捕手と組ませた方が良いです。


森が浜屋をどう理解して、どんなリードをするのかも楽しみですね。


速くはないですがストレートのキレが良ければ変化球との緩急を使って空振りも取れますが、コントロールとストレートの安定性が課題です。


まだまだこれからの投手なので、今の内から森とのコンビを慣れさせたいですね。






ドラフト情報です。


ライオンズのドラフト指名予想では、近大の佐藤くんと早大の早川くんの名前が上がってます。


近大の佐藤くんはオリックスが指名すると先手をうちました。



ライオンズはどうしますかね。




近大の佐藤くんは即戦力だとは思いません。

まだ打撃が荒いので、そこをライオンズが伸びしろと捉えるか、プロでは使えないと捉えるかどうかだと思います。

取ったとしても育成が必要なので、しばらくは嶋コーチと練習でしょう。





主力野手のFAと2軍野手の現時点での将来像を考えると、個人的には野手が欲しいです。



特に、

ライオンズは森、山川のようなチームの核となる野手が欲しいです。


近大の佐藤くんが将来的にその器とスカウトが判断すれば重複してでも行くべきです。




スカウトも迷うくらいなら、ドラ1は投手です。


ドラフト1位は基本は投手。しかし、チームの核になりうる選手なら野手です。





ライオンズは使える左腕が少ないですが、ただ左で投げるだけのそこそこの投手を取るよりも、ドラ1なんだから松坂、涌井みたいになれる器の選手が良いですね。


今年はその可能性のある高卒投手がいますので、投手にするならそこに行って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



↑このページのトップヘ