埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021

本日からメットライフドームでソフトバンク戦です。


イースタンでは本日、栗山巧が復帰予定でしたが、急遽、コンディション不良で欠場です。


怪我人&外国人の復帰報道でライオンズファン的には、浮かれた気持ちでしたが、みんなまだ1打席も立っていません。


栗山は心配ですが、こういう事は今後もあり得るので、今いるメンバーでまずは勝てる方法を考えて、試合に臨みたいです。


個人的には、今いるメンバーで勝てる方法は、投手力だと思ってます。


打線をいくらいじっても、駒不足感は否めないので、大差を跳ね返す打力はありません。

投手力の弱いライオンズですが、8回までにリードしてれば、平良、増田が居ます。さらに、今日は鷹キラーの高橋光成が先発ですので、期待が出来ますね。



【追記】


栗山は首痛のため、大事をとって欠場したとの事です。






本日のスタメンは、

20210416_174855



最近では、このラインナップが定番になりましたね。


【結果】

高橋光成が抑えて、森友哉が打つ、攻守共にバッテリーの活躍で、

2対1でライオンズの勝利です。

これで、今季ソフトバンクに負けなしの4連勝です。

そして、このチーム状況で首位に立ちました。





【投手】

高橋光成

7回107球3安打3三振3四球1失点

ストレートで空振りが取れずに苦しいかと思いましたが、それならばと、ストレート、カット、スライダーを低めに丁寧に投げ、キレの良いフォークで空振りを取る、エースの投球でした。

力任せではない投球も、出来るようになりました。引き出しも増えましたね。


これでストレートが走っていたらもっと圧倒的な投球が出来ます。


チームを救う、エースの投球でした。


平良

1回27球1安打1三振1死球無失点

先日の日ハム戦でもそうでしたが、ピンチになると急にギアを入れますね。無失点で切り抜けました。

不調とはいえ、怖い柳田相手にも安心して見ていられる唯一の投手です。


増田

1回13球1安打無失点

ストレートで空振りが取れずに粘られ、ヒットを打たれますが、最後は併殺にしました。
バタバタしないので、安心して見ていられますね。







【野手】


森の打撃が上がってきました。


四球、四球、ホームラン、ヒットと全打席出塁です。


ソフトバンク石川相手に、他の選手はなかなか打てていなかったので、森は自分で決めに行った感じのホームランでした。



ソフトバンク石川の前に4安打と抑えられましたが、森の一発で決めました。




若林は1安打ですが、初回にツーベースをはなち、同点に追いつくきっかけを作りました。

愛斗は7試合連続安打となりましたね。



元気がないのは金子です。

良いところがありませんね。調子にムラがあるのは例年通りですが、内容が悪いです。

必要な戦力ですので、浮上のきっかけが欲しい所ですね。






そして、

試合を盛り上げるための第一歩です。


4/27より、選手応援歌、チャンテがスピーカーから流れる事になります。


感染予防のため、これまで同様に大声や歌うことは禁止で、クラップ、フラッグでの応援となりますが、球場の雰囲気は盛り上がりますね。



雰囲気だけでも、押せ押せの雰囲気を作って、選手達を後押ししたいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日のイースタンは、カーミニークでヤクルト戦です。


栗山巧の復帰ゲームの予定でしたが、開始直前にコンディション不良のため欠場です。

3番指名打者で一度はスタメン発表されましたが、急遽開始直前に変更となりました。



広報発表では、コンディション不良との事です。詳細はわかりません。

コロナじゃなければ良いのですが。。。心配です。

【追記】首痛のため、大事をとったとの事です。




変更後のスタメンは、


【結果】

ブランドン、渡部がいると打線も迫力が増しますね。13安打9点をとり、

9対6で勝利です。


【投手】

本田

6回89球6安打4三振1四球無失点

前々回は散々な結果でしたが、前回は良く、今回はさらに良かったです。
欲を言えばもっとストレートが速ければ、変化球も活かせるのですが、ここが限界ですかね。
ただ今日は、無駄な四球もなく、試合を作りました。上では浜屋が厳しいので、ニール、ダーモディが先発に入ってくるまでは、チャンスがあります。


松岡

1回14球1安打1三振無失点

球に力はあるので、今日のように、ゾーン内で荒れる程度で抑えられるように継続していきたい。


渡邉

1回33球3安打1四球4失点

味方のまずい守備もありましたが、ストレートで空振りが取れず、変化球の精度もイマイチだったため、決め手に欠ける投球となってしまいました。



井上

1回18球1安打2四球2失点

久しぶりの登板です。
制球に苦しみました。立ち上がりストレートの四球を出すと、次の打者には、取りに行った力のないストレートをホームランされます。
制球の良い投手でしたが、今季はストライクを取るのがやっとの状態です。



【野手】

渡部 5-1(1HR2打点)

甘い球でしたが、会心の当たりです。
今の渡部は、とにかくホームラン狙いで良いので、大きく育ってもらいたいです。


綱島 6-3(1HR4打点)

好調期が終わったかに思いましたが、大活躍です。
山野辺も怪我しているので、好調を維持してチャンスを待ちたいです。

ブランドン 4-2

実戦復帰後、四球は選べていましたが、なかなか当たりが出てませんでしたが、マルチです。

コンディションに問題なければ、渡部と代えて1軍に呼びたいです。


川越、ジョセフもマルチでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










昨日ブログに山川の打撃練習開始の情報と共に、栗山、スパンジー、メヒアの復帰予測も上げましたが、






報道によると、

1軍復帰が早まりそうです。 





栗山は、本日イースタンに出場します。



状態が良ければ、最短で明日から1軍復帰です。






スパンジー、メヒアもまずはイースタンで調整し、最短で来週の23日から、1軍に合流です。






そして山川は、本人的にはですが、

4月下旬頃の復帰を目標に練習をしています。








辻監督は復帰に慎重なコメントをしているので大丈夫だと思いますが、

全員まだ実戦で1打席も立っていません。




あくまで最短であって、期限をそこに設定している訳ではありませんが、

栗山、スパンジー、メヒアはGWまで、山川は5月中頃までというような、ある程度リミットを設けて、そこまでに1軍に行けるような状態にしてもらいたいですね。





最短で行けば、4月中には栗山、スパンジー、メヒア、山川が揃う訳ですが、そうなると今試合に出てる若手が下に行くことになります。


本人達が一番分かっているでしょうから、今日からのソフトバンク戦は、若手の生き残りをかけた勝負になります。





外崎はまだかかります。

辻監督は呉のセカンド起用に関して、慣れない所を守らせたというようなコメントしてます。



辻監督の中では、呉はファーストなのかもしれませんが、メヒア、山川が戻ってくれば使い所がありません。


呉、山田、山野辺の中では、打撃が開花しつつある呉を使いたいですので、今からセカンドを守らせて慣らせておきたいですね。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













怪我で離脱中の山川穂高が、復帰に向けてバッティング練習を行っています。


山川のインスタのストーリーで公開されてます。


https://instagram.com/hotamyon3?igshid=19w7xvk4lovzr



一昨日の様子との事ですが、しっかり振れていますね。


守備、走塁も出来るようになるまでは、1軍に上げないでしょうから、もう少しかかりそうです。

バットは振れてはいるので、あと1ヶ月くらいでしょうかね。





今の所ですが、

栗山は、4月後半からGW前辺りには1軍復帰です。状態が良ければ、前倒しになる可能性もあります。


調整が順調なら、4月後半から5月上旬頃にスパンジー、メヒアが1軍に合流します。こちらも、コンディション次第では早まる事もあります。


ニールは2軍戦で2回は登板させるとの事なので、遅くとも5月中頃までには1軍に合流です。


ダーモディは、まずはストライクゾーンやマウンド、サインなどなど、確認してからなので、5月後半から6月頃でしょうかね。




山川の状態も見れましたし、徐々に先が見えて来ました。




1軍野手は苦しい状況ではありますが、

くれぐれも、焦らずに万全な状態で1軍に合流してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







主力の離脱による野手不足が続くライオンズですが、朗報です。




スパンジー、メヒアが17日のイースタンで試合出場予定です。


さらに、

栗山も本日辻監督と面談し、復帰時期を決めるようです。




17日のイースタンはカーミニークでの親子ゲームですので、首脳陣も直接コンディションの把握が出来ますので、スパンジー、メヒアの状態をしっかり確認し、コミュニケーションを取って、早期1軍合流が出来るように、環境を整えてもらいたいです。




栗山に関しては、体調は良いとの情報です。

ただ辻監督は、調整のために2軍戦に出て欲しいようなコメントしてますので、

その辺の話し合いを本人と行うのだと思われます。栗山も、もうライオンズのレジェンドなので、今回のようにコミュニケーションを取ってからで良いと思います。



スパンジー、メヒア、栗山が2軍戦に出るようなら、1軍よりも豪華なクリーンナップになりそうです。

そのメンバーが1軍に近々戻って来ると考えれば、ライオンズにとってはプラス要素すぎますね。






投手陣の踏ん張り、野手では愛斗、呉の活躍で何とか、貯金のある状態ではありますが、このままでは長続きしません。


ライオンズは打線のチームです。

打線が機能した上で、投手陣が昨年よりもレベルアップする事が優勝争いに加われる条件です。


辻監督は、当然考えているでしょうけど、スパンジー、メヒア、栗山が戻ってきた後の打線を今の内から考え、起用法も含めて本人達と2軍首脳陣に伝えてもらいたいです。



山川はまだ情報がなく、もう少しかかりそうですが、外崎はしばらく戻って来ません。


メヒアは山川の代わりです。

栗山はレフト兼指名打者です。

ポイントは、スパンジーにどこを守らせるかです。

外崎の代わりにセカンドをやらせるなら2軍戦でも積極的に守らせたいです。辻監督がセカンドが無理と判断するなら、昨年同様にサード、レフトを併用して、中村、栗山、スパンジーが同時に出れるようにする必要があります。



また、打撃好調の呉をどうするかも考えなくてはなりません。今の内にセカンドを守らせて、慣らしておきたいです。


 

仮ですが、

1若林(中)
2源田(遊)
3森(捕)
4中村(指)
5栗山(左)
6スパンジー(三)
7呉(ニ)
8メヒア(一)
9愛斗(右)



若林、愛斗が状態を維持できるのが前提ですが、

今の状態なら金子を外す事になります。


金子、若林、愛斗は、ここからが本当の意味での競争になります。



呉は四球を選べるのが魅力でもあるので、大砲の間に入れたいです。



これだけでもだいぶ迫力ある打線になりますね。

呉、愛斗の成長が大きいです。



打線のライオンズを取り戻すためにも、しっかり調整してから、といっても出来るだけ早く復帰してもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ