埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021


ライオンズが誇る、ホームランアーティスト中村の自主トレ公開です。




照れ屋なので、コメントも飄々とした感じですが、同級生の栗山の活躍や複数年契約を見て、熱いものはあると思います。



実際、

三振してもホームラン打っても表面上は淡々としてますが、チャンスで三振して戻ってくると、ベンチ裏では感情的になることもあると、森本稀哲が言ってましたね。



この歳まで、第一線でやれていますし、当然負けん気はあるでしょう。


もう一度、レギュラーを奪うと言ってますし、期待してます。





オフは、怪我の治療もありましたし、昨年の悪いイメージをなくすために、バッティングせずに一度リセットすると言っていました。


自主トレでは、バッティングも始めた様ですし、とりあえず振れる状態なのは良かったですね。




ライオンズ打線には、まだまだ中村が必要です。



中村は、木村の低い壁とは真逆の、高すぎる壁のため、なかなか後継者が出てこれませんでしたが、年齢的にも、フルシーズンは難しくなりました。




今季は、佐藤、スパンジーとの併用になると思いますが、

大事な試合には、中村の勝負強さは必要です。



個人的には、


あと数年、ドラ1渡部の目処が立つまでの間は、休みながらの起用となっても、高すぎる壁として君臨していてもらいたいです。




メヒアからレギュラーを奪い、自信を付けた山川の様に、渡部も、中村からレギュラーを奪い自信をつけて、ライオンズ新時代の柱となってもらいたいです。



中村は、生涯ライオンズです。





引退後もライオンズでコーチをやると思いますので、選手としては最後のご奉公だと思って、渡部が出てくるまでは、高すぎる壁として君臨していてもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








めざせ育成の星という記事に、

ライオンズの赤上投手、水上投手が取り上げられました。



2人共、大学出身で、大学から本格的に投手になったという共通点があります。

伸びしろを買っての育成指名です。




2人共、以前も、ブログで取り上げさせてもらいました。


赤上投手はこちら↓





水上投手はこちら↓





ライオンズは投手陣が、ここ数年の課題です。




若手には期待の投手がいますが、今季1軍で即戦力とならなくてはならない中堅層は、厳しい状況です。



現状、十亀、榎田、内海の実績あるベテランや、トレード、外国人で埋めていくしかありません。


幸いにも、1軍中継ぎ陣は強化されましたので、しばらくは耐えてもらい、その間に若手の育成をしたいですね。




若手には、井上、渡邉、上間と期待の先発投手がいます。

今季のイースタンのローテーションを回せれば、来季以降、1軍での活躍が見られそうです。





この期待の若手枠に、ドラフト組も入っていきたいですね。


育成選手は、支配下選手よりも総合力で劣るという見立てで、育成な訳です。


バランス良く鍛えて、まとまった投手を目指しても支配下選手より一回り小さい選手になってしまいます。

1年目は、実戦ではなく、がんがん筋トレして、それに合ったフォーム作りを行う年にするくらいの、思い切った育成をしてほしいですね。



赤上投手も、水上投手も投手としてのキャリアが少ない分、変なクセやこだわりがなく、指導もしやすいと思います。

思い切った育成から、大きな投手に育てて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








外国人選手がキャンプに参加出来ない事による野手不足で、ライオンズは紅白戦を行わない可能性があると、辻監督のコメントです。



シーズンを闘う上で、キャンプでの練習は非常に大事です。



落合政権下での中日は、下手だから練習するんだと、キャンプでの練習量が多いのが有名でしたが、しっかりシーズンでも結果を出しました。



ライオンズでも、渡辺政権下でのキャンプでは、大久保氏命名のアーリーワークを積極活用し、メリハリのある練習を行い、結果を出しました。



一方、伊原政権下でのライオンズでは、怪我防止を念頭に置き過ぎ、練習量、実戦共に減らした結果、シーズンでは低迷しました。




今季は、コロナ渦でどの球団も、外国人の調整が遅れる事が見込まれます。


全員が万全な状態でヨーイドンだと、巨大戦力のソフトバンクには敵いません。



ライオンズも、外国人選手がいない可能性はありますが、日本人選手だけでも、レベルの高いスタメンが組めます。


優勝するためには、ソフトバンクが完全体になる前に、ライオンズは開幕ダッシュを決めたいです。





開幕から飛ばしすぎると、後半まで持たない事も懸念されますが、


予定通りなら、今季はオリンピックの影響もあり、7月半ばからおよそ1ヶ月間、プロ野球は開催されない方向です。



疲れのたまる夏場に1ヶ月間、試合がないのでその期間は調整に当てられます。



後半戦は、どの球団も戦力が万全な状態で挑んで来ると思われるので、対ソフトバンクを考えれば、それまでに差を付けたいです。




まだ、正式なキャンプメンバーが分かりませんが、若手には2役やってもらうなどして、開幕からダッシュ出来るように、

キャンプでの紅白戦を行い、試合勘を高められるようにしてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







ライオンズは、ダーモディー投手の獲得を正式に発表しました。



まだ、メヒアの契約情報が出てませんが、外国人枠5人の特別ルールが採用される今季は、ニール、ギャレット、ダーモディー、スパンジー、メヒアの5人で行くようですね。




球団は、先発として期待してますが、

実績的には中継ぎ投手ですね。



左の中継ぎも足りてないので、先発として結果が出なければ、中継ぎ待機になりそうです。




先発は足りてないので、ローテーションに入ってもらいたいですが、左の中継ぎも足りていません。




今季は、特別ルールで外国人枠が5人ですが、ベンチ入りは4人までです。



ニールは週1しか投げないので、それ以外の日は、ダーモディーをベンチ入り出来ますし、ライオンズ先発陣の完投能力を考えれば、中継ぎでも良いですね。




高橋以外の先発陣は、中継ぎ投手の登板ありきの先発投手です。


球団が先発として獲ったので、先発として使うと思いますが、


万が一、

ダーモディーが長い回投げられないなら、スパッと中継ぎにしましょう。



7回までは、投げられる投手であってほしいです。



来日してすぐに1軍は難しいので、しばらくは2軍で慣らすと思います。


1軍投手コーチではありますが、昨年のギャレットへの指導の様に、外国人指導の実績もある豊田コーチに、まずは見てもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





196センチの長身左腕のダーモディー投手を獲得するとの報道です。



ようやく新外国人獲得情報です。



来日がいつになるのかまだ分かりませんが、ライオンズに足りない左腕を獲りました。


先発候補ということですが、どこで使うかは、来日してから現場判断になるでしょう。



紹介エピソードが、事故で無傷だったとか、高校時代はバスケとアメフトとの三刀流だったとか、エピソードはちょっと色物っぽいですが、


トミージョン手術後でも、カブスから声がかかるくらいですし、最近のライオンズ外国人は大外れがないので、大丈夫だと祈りましょう。





150キロ近いストレートに、スライダー、チェンジアップを投げるそうです。




左腕でチェンジアップ使いだと、ライオンズファン的には、

武隈の外国人版というイメージですね。




オープン戦に何試合か投げれたら良いのですが、来日が開幕直前だと、しばらくは2軍ですね。



外国人の場合は、まずは日本の文化、環境に適応出来るかなので、早く来日して欲しいですね。



実際の投球映像はこちら。









  

↑このページのトップヘ