埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021


本日も、メットライフドームで日ハム戦です。



スタメンは、

20210414_172727

呉をセカンドで起用し、渡部が8番ファーストでスタメンです。


外崎はしばらく戻って来ません。

山川が戻って来れば、呉はセカンド起用が増えるので、今の内に慣れておきたいですね。

渡部は、穴も大きいので使いづらいのは分かります。しかし、2軍で経験を積ませず、ベンチに座らせて置くくらいなら、外国人が戻って来るまでの限定ですが、育成も込みで、積極的に使っていきたいです。





【結果】

森、呉のタイムリーによる2点を、今井、ギャレット、平良、増田が守り抜きました。

2対1で勝利です。




今の戦力で勝つなら、投手力です。

今日の投手陣は、相手を寄せ付けない強さがありましたね。

みんな良いボールを持っているので、今日の今井のように四球にビビらない強さを、明後日からは見せたいですね。




【投手】

今井

6回106球3安打7三振5四死球1失点

ストレートの球威が、今までで一番良かったです。

決め球として空振りも取れ、荒れてはいましたが、いつもよりはゾーン内で収まっていたので、カウント球にもなりました。


ゾーンの高めに行くことが多かったですが、今日の球威ならむしろ効果的でしたね。

今年はストレートが制球出来なくても、変化球、特にスライダーで凌いできたのですが、今日は今までとは逆に、ストレートが良く、変化球がイマイチでした。

今日のストレートに、今までのキレの良い変化球が加わればとも思いますが、未完成でこの内容です。

欲を言えば、球数多いのは今井のデフォルトなので、西口コーチ、もう1イニング行かせて欲しかったです。


ともかく、今日の内容は、今後の期待が高まる投球でした。




ギャレット

1回20球3三振無失点

スプリットを多投していた今までの投球とは変わり、ストレートで力勝負してきました。

ストレートで見逃三振、空三振、空三振と素晴らしい投球。

ストレートで空振りが取れるようになると、スプリットもより活きてきます。

今井同様に、今後に期待が出来る内容でした。



平良

1回15球2三振1四球無失点

ストレートが抜けて、先頭に四球を出す心配な立ち上がり。しかし、ストレートから変化球主体に変え、近藤にはスライダーで攻めて三振、中田に対しては急にギアを入れて、いつもの力勝負を仕掛け、155キロのストレートで三振を取ります。


増田

1回18球1安打3三振無失点

ストレートが走ってましたね。安定感がありました。ナイスピッチングです。



今日のライオンズ投手陣は、合わせて15奪三振。

今井がいい流れを作りました。最近は、先発の四球連発が中継ぎにも連鎖してましたが、三振の連鎖は大歓迎です。







【野手】

8安打放ちましたが、呉、愛斗が好調な事もあり、下位にチャンスが回るので得点には結びつきませんでした。


若林、森がマルチです。


森に当たりが出てきたのは、チームとして良かったです。



若林が1番打者として存在感を出しています。

まだルーキーですし、どこまで続けられるか分かりませんが、金子の状態が上がってくるまで、1番打者として頑張ってもらいたいです。


渡部は、実質、自身のタイムリーエラーに加えて、打撃も全く合わずに2三振と、良い所なしです。

育成中なので、外国人が合流するまでは、しょうがないです。

ただ、渡部は下を向く必要はないです。山川もブレイク前は、エラー&三振を良くやってたのを知ってるので、将来への投資だと思っています。






明後日のソフトバンク戦から、2週間の隔離が終わり、外国人が合流出来ます。


コンディションが分かりませんが、通常なら数試合は下で様子を見ると思われます。


明後日は親子ゲームなので、首脳陣は状態をチェックして、早期に1軍合流が出来るように、環境を整えてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









昨日は、日ハム先発の池田は打てる相手でしたが攻めきれず、不調の日ハム打線は守れる相手でしたが、四球で自滅をし、敗戦しました。


主力の離脱で厳しい状況は変わりませんが、今日の試合は、出来ることからやっていきたいです。



まずは攻めです。




今日は日ハムのドラ1伊藤相手です。


プロ初登板では、ストレートが速く、スライダーのキレも良く、抑えられました。


百歩譲って、前回は初対戦だったから無策だったとしても、今日は対策を取って挑んでほしいです。


伊藤は、スライダーのキレが良く、ボール球を振らせに来ますので、特に若林、愛斗、山田の右打者は、見極めと、外のボールは右方向への意識を持って打ってほしいです。



山田は昨日もチャンスで、外のボール球のスライダーを追っかけて空振りがあったので、要注意ですね。

愛斗は昨年までは、山田同様に追っかけて三振が目立ちましたが、今年は調子が良いのもありますが、改善されつつありますので、期待してます。

 

そして守りですが、

ライオンズ先発は今井ですので、

今日も四球連発は覚悟です。



今井に細かいコントロールを要求しても、大して変わらないですし、逆に球威が落ちるだけなので、四球は覚悟です。



ストレートは相変わらず、物凄い球を投げていますが、

心配なのは、開幕当初と比べると、前回は変化球のキレがそれ程だった事です。


今年の今井は、ストレートの球速と変化球のキレが成長してるのが強みです。


その強みを出せないと、かなり厳しいですので、今日も中継ぎに頑張ってもらうかもしれませんね。


強みを活かせれば、日ハム打線は本調子ではないので、今井が力で抑えていく事も可能です。


自信を持って、真ん中に投げても空振りが取れるストレートを投げ込んで欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日からメットライフドームで日ハム戦です。


腰痛のため木村が抹消、熊代が昇格しています。

木村は元々腰痛がある選手ですが、またまたまた怪我人です。

22871d77-3570-4456-b3f2-1ca7e39f0186

一応、盛り塩しときます。





本日のスタメンは、

20210413_175147


自打球で打撲の診断を受けた、若林が復帰してます。

指名打者では西川がスタメンです。



【結果】

ライオンズ先発の松本が自滅し、打線は日ハム池田を攻めきれず、

2対3で敗戦です。

決して打てない投手ではなく、さらにチーム状態の良くない日ハム相手だったので、悔しい敗戦です。





【投手】

松本

5回75球1安打5三振6四死球3失点

ストレートで空振りも取れましたが、四球も多く、不安定な制球でした。結果的に1安打なので抑えている様に思えますが、相手打線の調子が悪い事を考えれば、前回同様、物足りない投球でした。

ボール球を振らせるスタイルではないので、ゾーン内で勝負出来ないと、同じ事の繰り返しになってしまいます。

前回もですが、カード頭の投手としてイニングを稼げない事は大きな反省点です。



佐野

0回1安打

松本が作った満塁のピンチで、近藤相手に登板。
タイムリーを打たれましたが、フルカウントまでいった時点で、厳しかったです。
酷な場面でしたが、こういう場面に慣れてもらいたいです。


宮川

1回18球1安打1三振1四球

引き続き満塁の場面で登板。押し出し、犠飛で失点。いい球を持っているので、ゾーンで勝負出来るように、安定感を身につけたいです。



伊藤

3回45球1安打2三振2四球無失点

こういう僅差ビハインドの場面で、勝ちゲーム投手を使わずに、無失点で、さらにイニングも稼いでくれるのは助かります。

3イニング行きましたが、現在の先発ローテでは、浜屋が厳しく、松本が怪しい状況なので、伊藤の先発の可能性も出てきました。





【野手】

日ハム先発池田の前に、3安打と打てませんでした。

打てない投手ではないですが、駒不足感が否めません。


池田相手に唯一のチャンスとなった、呉、愛斗の連打で作ったノーアウト2、3塁のチャンスに、犠牲フライの1点止まりが、今のライオンズの限界ですかね。


最終回には、森のツーベースでチャンスを作り、愛斗がタイムリーを打ち、1点差にしますが、そこまででした。

 

打線のテコ入れをしたくても、出来る駒も居なく厳しい状況は続きます。


しかし、


森がヒット1本ですが、当たりは良くなってきているので、チャンスで森に回せれば、得点の可能性も出てきます。



源田、呉、愛斗は好調ですが、今の打線の核である森、中村が打たないと、打線全体が上がってきません。



主力が居ないため、森、中村には負担がかかりますが、金曜からはソフトバンク戦なので、明日は勝っておきたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日からメットライフドームで日ハム2連戦です。



日ハム先発は池田です。


楽天からトレードで加入した2016年ドラ2の投手です。


当時争奪戦になった、田中正義と創価大学の同級生というイメージが強いですね。


2018年に6回11安打5失点ながら、ライオンズ戦でプロ初勝利を上げましたが、2019年は1軍登板なく、2020年は育成選手となっていました。


昨年は、イースタンで好投したこともあり、再び支配下となりましたが、日ハム横尾とトレードとなりました。


ストレートを軸に、スライダー、ツーシーム、カット、カーブ、フォークと多彩な変化球で攻めてきます。




日ハム移籍後は、先発ローテとして回ってますが、

勝ち星はなく、防御率5.91、対右打者は.313、対左打者は.367という成績です。



打てない相手ではないですが、ライオンズ打線が苦手な、緩いボールも使ってくるので、油断せずにいきたいですね。


若林が出れるか分かりませんが、ロッテ戦の打順が基本になりそうです。

池田は長らくイースタンが主戦場だった投手なので、愛斗、呉、山田、西川、鈴木は知ってる投手ですし、打ち込みたいですね。



ライオンズ先発は、松本です。


日ハム打線には、近藤、渡邉とライオンズ戦に強い打者がいますが、松本の場合は四球で崩れない事が大事です。


基本はストレート、カットの投手ですが、カウント球にカーブが加わり、決め球にスプリットが加われば、投球の幅も広がります。





今すぐ変化球の精度を上げるのは難しいとは思いますので、


まずは今日の試合、

ストレートがゾーン内で勝負出来るように、スピンの効いたキレの良いストレートを投げ込んでほしいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








骨折で離脱中の外崎ですが、手術を行いました。






3ヶ月以内の実戦復帰を目指すとの発表です。



以前、阪神のメッセンジャーが同様の骨折をした際は、手術を行い、2ヶ月後に1軍のマウンドに復帰した例もあります。



骨折の程度や、回復具合、投手と野手の違いもありますので、一概には言えませんが、復帰はやはり、夏以降、後半戦からとなりそうです。





そして、

粟津投手もトミージョン手術を行いました。

復帰までは1年以上かかります。


昨年オフには、PRP療法による治療を行うという報道もありましたが、上手くいかなかったのか、手術に踏み切りました。


今年は背番号も重い番号に代わり、今オフの首候補という後がない状況でしたが、


球団が手術を認めたと言う事は、来季以降は育成選手となり、選手として置いてくれるということでしょう。



粟津からしたら、このまま首になるより、手術してもう一度チャンスを貰えたので、しっかりリハビリをして、復帰してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ