埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021


中村の守るサードの後継者探しと、外野手の迫力不足はここ数年の課題です。



サードに関しては、佐藤、山田、山野辺に加えて、ドラフトで渡部、ブランドンと獲りましたので、球団としては手は打ったと思います。

後は育成が鍵になります。





外野手は、鈴木、高木、愛斗、西川、戸川、岸と数はいますが、決め手がありません。


数年前、鬼崎、永江、呉、金子、外崎と、ドングリーズと呼ばれたショート候補生達を思い出させる状況です。


ショート問題は、源田の加入で一気に解決しました。



外野は、普通に守れる外国人を獲得すれば解決します。



しかし、今季のライオンズには難しいので、既存の若手外野手に加えて、山野辺のコンバート、ルーキーの若林に期待がかかります。



源田の加入で解決したショート問題を例にすれば、山野辺や若林に特に期待がかかりますね。


一気に解決といきたい所です。







ライオンズの過去30数年の歴史を見ても、ライトは鬼門です。



各ポジションに往年の名選手が多いライオンズですが、数年間レギュラーとして守った選手で言えば、レフトには和田、栗山、センターには秋山幸二、秋山翔吾がいるのに対して、

ライトは平野、小関、GG佐藤と良い選手ですが、他と比べると格落ちします。




しかし、幸いにも今のライオンズには他のポジションに大砲がいますので、

平野や小関のような繋ぎやケースバッティングが出来る、守れる選手ならレギュラーになれます。




タイプ的には、山野辺や若林はチャンスがありますね。


個人的には、タイプは違いますが、高木の打撃に魅力を感じているので、高木に期待してます。





レギュラー筆頭は、木村、鈴木ですが、何年もこういう状況を打ち破るのは新戦力の台頭が、既存選手達の底上げにも繋がるので、大きいと思います。

心配なのは、辻監督の木村評が異様に高い事ですね。



木村も良い選手ですが、年齢的にも伸びしろは小さく、我慢して使い続ける選手ではありません。


我慢して使うなら、若手でお願いしたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






他球団では早めに来日している外国人もいますが、ライオンズは日本人のみでのキャンプになりそうです。



日本人選手に比べて外国人選手は、のんびりしてる選手が多いので、調整の遅れが懸念されます。



以前メヒアにやりましたが、

球団が定期的に、リモートで自主トレの進捗を管理しておいた方が良いですね。





守備と、打撃の粗さに課題のあるが、成長する外国人でもある、

スパンジーはキャンプから鍛えたかったのですが、残念です。



スパンジーの代わりのサード、レフトは中村、栗山を中心に、佐藤、山田、山野辺、鈴木、高木と候補はいますので、開幕までに調整が間に合わなくても何とかやれるとは思います。





心配なのは、ニール、ギャレットです。



投手陣が弱点のライオンズにとって、計算している投手が2人調整遅れだと痛いですね。



ギャレットは、昨年の前半戦の調子を維持できるように、キャンプで鍛えたかったですが、スパンジー同様に残念です。


昨年は、豊田コーチに教えてもらったスプリットが武器になりましたので、今年もキャンプで豊田コーチと色々試してもらいたかったです。





ニールは、ライオンズの泣き所である先発投手ですし、高橋、松本と共にローテーション確定の投手ですので、調整遅れは痛いですね。



頭の悪い投手ではないので、しっかり自主トレしてくるとは思いますが、念の為、代役も考えておいた方がいいです。





キャンプのA班、B班は今日発表されます。

首脳陣の実際の期待値も分かるので、楽しみですね。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


毎年たくさんの新人が入ってきますが、同じくらい戦力外になる選手も出てきます。



ライオンズは、昨年のドラフトで大量の野手指名をしました。


ポジションが被る選手の獲得により、競争も激化し、切磋琢磨することで、若手の覚醒を促す狙いもあります。


しかし、今季オフには新人を取るために、何人かは戦力外にしなくてはなりません。




ライオンズには、松坂、内海、武隈と引退間際のベテランや、斎藤大将、中塚、佐野、粟津と戦力になかなかならない投手がいる反面、野手はまだまだ期待したい選手が多いです。



今季オフには投手多めの戦力外からの、投手多めの新人獲得となりそうですが、バランス的に野手も何人かは戦力外になりそうです。




危ないのは駒月ですが、捕手なので新人捕手を取らなければ残ります。



そうなると、キャリアはあるが1軍定着とまではいかない、呉、山田、戸川は候補になってしまいますね。




山田はこの中では戦力外の可能性が最も低いですが、レギュラー取りのチャンスの観点からは崖っぷちです。


サードは渡部、ブランドンを取りました。


佐藤、山野辺もいる中、今季アピールしないと居場所がなくなってしまいます。


守備も打撃もレベルアップしましたので、後は1軍でそれが出せるかです。




呉は、昨季はバックアッパーとしていい活躍をしましたが、ポジション的にレギュラーの未来が見えません。

ファーストには山川、メヒアがいます。

レギュラーは難しいので、バックアップ兼代打の切り札になれるように、打撃を向上させたいです。



山田も呉も複数ポジションをこなす事で、存在感を出す道がありますが、最も危ないのは戸川です。



守備難だが打撃が良い外野手でしたが、同じタイプの高木に超されました。
 

しかし、戸川が生き残るためには、やはり打撃しかありません。


守備負担の少ないファーストにして、メヒアの代わりの、ファースト兼指名打者を狙いたいです。



ソフトバンク柳田の門下生ですが、あの天才を真似る事は無理なので、嶋コーチに個人的に教えてもらいに行って下さい。



投手に比べて、野手は戦力外にはもったいない選手が多いので、トレードなども検討してほしいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







野手大量指名によるポジション争いの激化、将来有望な若手先発投手のローテーションと、

今季はイースタンも楽しみがいっぱいです。




先発投手は、井上、渡邉、上間


とフェニックスリーグでも活躍した若手投手が、今季のイースタンを年間通してローテーション回せるか見物です。



開幕からローテーションを回すと、夏前くらいには疲れでパフォーマンスが落ちるでしょうから、そういう時にどのくらいの投球が出来るのか見たい所です。




野手は、

固定して育てたい選手としては、

内野はショート川野、サード渡部です。




川野は昨季後半から、打撃も良くなりましたので、今季はイースタンでどのくらいの率を残せるか楽しみです。


1軍には源田という絶対的なレギュラーがいますので、2軍でじっくり1番打者として育てたいです。





渡部は、まずはサードの守備が出来るのか見極める必要がありますが、打撃は魅力的なのでイースタンのホームラン王を取りたいですね。




若手外野手は、今年は勝負の年です。


順調なら鈴木は1軍でしょうから、その他の高木、愛斗、川越、西川に加えて、ルーキーの若林、外野も守ると思われる山野辺と楽しみな競争です。


ライバルは、低いけどなかなか超えられないハードルこと、木村です。



木村はライオンズに必要な戦力です。



しかし、強くなるためにはスタメンではなく、守備固めや代走、対左の代打としてベンチにいるのが、ライオンズ的にはベストですし、戦力層も厚くなります。


打てる選手はスタメン、守れる選手は途中出場が基本です。







現時点では、佐藤、山野辺、鈴木が1軍に近いと思いますので、


6川野
4山田、綱島、若林
7高木、西川
5渡部
9愛斗、川越
3呉、中熊、戸川
DH西川、戸川、中熊
2斎藤、牧野、駒月
8若林、岸



こんな感じの打線が見られそうです。


他にも、ブランドン、山村、仲三河のルーキー組も控えてます。


川野がルーキーからやれたので、見込みがあれば、山村、仲三河もスタメンを狙いたいです。



1番川野、3番高木、4番渡部は魅力的な打順ですね。


数年前のイースタン、3番森、4番山川の様にワクワクする打線となりそうです。




コロナの状況で、どうなるか分かりませんが、イースタン本拠地のCAR3219フィールドも新しくなりましたし、ライオンズファンで席を埋めたいですね。


ph_02

ph_01



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




準硬式出身の、ドラ5大曲錬(おおまがり れん)投手です。



個人的には、ライオンズの中で、

十亀剣に次ぐ、名前のかっこいい選手です。





最速154キロのストレートに、スライダー、フォークを投げます。


ソフトバンク千賀の握りを参考にしたというフォークは、本人も自信がある変化球のようです。



公式戦303回を投げて378奪三振と、高い奪三振率を誇ります。

準硬式での投球が、硬式でも同じ様に出来たら、ドラ1クラスです。



しかし、準硬式と硬式では相手のレベルも違うので、評価が難しいですね。



大曲投手は、硬式球に適応出来るかが全てです。



幸いにも青木3軍投手コーチも、準硬式出身なのでアドバイスをもらえると思います。


感覚的な部分もあるので、指導も難しいと思いますが、準硬式での投球がプロでも出来たら、大きな戦力となりますね。


150キロを超えるストレートに、千賀のようなフォークを武器に出来たら、夢も広がるロマンのある投手です。



同じくロマン枠だった中塚は、小さくまとまってしまいましたが、大曲投手は大きく育てて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




↑このページのトップヘ