埼玉には何もない。

ライオンズを語るブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021


昨日のシート打撃で、活躍した若林楽人外野手に注目が集まってます。




1回活躍しただけで、ライオンズの抱える外野手問題が解決するとは、思っていませんが、


ルーキーですし緊張もする中、ヒットに盗塁と動けていたのは、良かったですね。




若林選手が、ファンから期待されているのは、ライオンズには似たような歴史があるからです。




中島が抜けた後のショートを、浅村、鬼崎、呉、永江、外崎、金子と何人も起用するも、固定出来ませんでした。



内野の要が決まらない事もあり、守備崩壊も起こす悪循環でした。



今のライオンズ外野手も、鈴木、高木、愛斗、西川、戸川、川越と同じ様に候補はいるが、レギュラーへの決め手がない状態です。


ショート問題の時は、源田の加入で解決しました。




同じ様なパターンで、新規加入の若林に期待をしてしまうのは非常に分かります。



ただ、源田のように守備だけでも価値のあるショートと違って、外野手の場合は打力も求められます。

低い壁こと木村に物足りなさを感じるのは、この打力の部分です。




ライオンズは紅白戦をやらない可能性もあり、実戦での様子がオープン戦まで分からないと思いますが、

変化球への対応が出来れば、十分戦力になると思います。





ルーキーですし、疲れもあると思いますが、若林選手にとっては大チャンスです。

まだルーキーではありますが、チャンスは掴める時に掴んでおくべきです。



今後に期待したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








シート打撃に登板した、期待と不安の今井達也です。




主だった結果としては、

若林、熊代にはストレートを打たれましたが、

駒月、山田、岸には、スライダーで3者連続三振を奪いました。







そして、

ストレートは、やっぱりシュート回転してました。


逆にスライダーは制球良く投げられてましたね。





基本のストレートが、制球出来ないとなると、先発として厳しいです。



まだ調整中なので、改善に期待ですね。






ファンですら、今井の不安定なフォームからのシュート回転するストレートを、なんとかしたいと思っていますが、


プロのコーチ陣でも、修正出来ませんかね。




もし、修正出来ずに、このままなら、


シュート回転するストレートを、治すから活かすに、方針転換する事も考えなくてはいけないかもしれませんね。



もしくは、


今井のフォームは、スリークォーター寄りなので、スライダーが投げやすいなら、


別の問題も出ますが、ストレートの握りを少しズラして、真っスラ気味に、高校の時良く投げてたカットを投げるようなイメージで投げるとかもありますが、、、。





しかし、


嵌まった時の今井のストレートは魅力的です。



やはり、フォームの安定感を高めて欲しいですし、肘の下がったフォームで投げていると、

怪我にも繋がります。





今井は、すぐにでも結果が欲しいでしょうけど、ファンも球団も今井に望んでいるのは、


そこそこの先発投手ではなく、エースを名乗れる先発投手です。


まだ期待してます。


今の所は、シュート回転するのを前提に、森にリードしてもらうしかありませんが、

首脳陣には今井に、じっくりフォーム固めさせる、時間と指導をお願いしたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










第3クールに入り、実戦形式での調整が始まりました。



肩を痛めておりスローイングは辞めているとの情報があった、ブランドン選手ですが、打撃では、

松本投手からホームランを打ちました。







また、

若林選手も、今井投手からヒット&盗塁を決めましたね。






A班抜擢の、ルーキー2人が猛アピールしてます。



チームとしては足りない、サードと外野なので、若手の活躍は嬉しいですが、


松本、今井は、ルーキーを力でねじ伏せるくらいの、投球を見せてもらいたかったですね。




ルーキーは変化球への対応が、課題になってくると思います。


まだまだこれからですが、サードと外野は大いにチャンスがありますので、奪う気持ちで取り組んで欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








高木渉がB班に合流となりました。



怪我なのかどうか、詳細はまだ分かりませんが、

キャンプでも、あまりアピール出来ていませんでした。





本日のシート打撃では、レフトは栗山、若林、センターは、金子、山野辺、ライトは木村、岸が守る予定です。


期待をしていただけに、非常に残念です。

結局、金子、木村、栗山に落ち着きそうですね。



ベテラン栗山は、守備範囲は狭くなりましたが、スパンジーよりは安心して見てられます。



まだチャンスはあるので、若手には頑張ってアピールしてもらいたいですが、


もうしばらく、栗山さんには守備も頑張ってもらうしかないですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











早いもので、

野球界の功労者である、野村克也氏が亡くなられて1年が経ちました。





選手としても、指導者としても実績があり、王、長嶋に並ぶ、野球界の偉大な人物です。





知らない人もいるかもしれませんが、

我がライオンズのOBでもあります。




昔、頭の大きな清原がヘルメットが合わずに、倉庫の中から見つけた、ピッタリ合う古いヘルメットが、野村氏のだったという逸話もあります。







指導者となってからは、捕手の常識を変えた人物でもあります。




ただの壁だった捕手を、グランドの指揮官として、

捕手はリードの常識を植え付けました。



捕手の格を上げた功績もありますが、守備型の打てない捕手を増やした原因でもあります。





ライオンズでは、野村氏の残した捕手はリードのプロ野球の常識に疑問を呈し、それも大事だけど、やはり打てないと、という事で森を正捕手に指名し、連覇を果たしました。


投手力の弱いライオンズには、強みを伸ばす、打線を強化するやり方は、結果的に正解でしたね。








野村氏は、数々の名言も残しました。


勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けはなし。



など、野球ファンにはお馴染みの言葉もあり、私も影響を受けました。










時代と共に野球も変わりました。




捕手もリードから、最近ではフレーミングの重要性が言われています。




しかし、野村氏の言葉から野球を見ると、野球がもっと面白く見れるのも確かです。



愚者は経験に学び、賢者は歴史から学ぶ



という言葉もありますが、教え子である辻監督は、何でも過去ではなく、非科学的な昔の野球の歴史は捨て、現代野球と過去野球の良いところをミックスして、

良きリーダーとして采配をしてもらいたいですね。




↑このページのトップヘ