埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2021 > 2021公式戦


本日から千葉でロッテ戦です。


チーム状態の悪いライオンズですが、流れを持ってくるのがエースです。


先発の高橋光成に期待しましょう。



スタメンは、

20210409_193845


1番打者に、振れている若林を配置しました。

下位には結果を出したい愛斗、一発が魅力の渡部がスタメンです。

何度も書いてますが、ポイントは森、中村です。


本日より、吉川、次回登板まで間隔の空く上間が抹消、武隈、十亀が1軍昇格です。





【結果】


若林の活躍もあり、今まで出来なかったチャンスメイクはするものの、勝負を決める打者である森、中村の当たりが出ずに、嫌な雰囲気でしたが、

愛斗の2本のホームランで連敗脱出です。


7対4でライオンズの勝利です。





【投手】

高橋光成

6回122球5安打4三振5四球4失点

制球に苦しみました。
カットでカウントが稼げず、ストレートの球威もいつもよりなく、フォーク頼みだけでは厳しかったです。

連敗を止めるエースとしての投球という、期待が高すぎたので満足は出来ませんが、

それでも球数は増えましたが、6回まで何とか投げきれたのは良かったです。


十亀

1回15球1三振1四球無失点

いきなり四球を出しますが、いつもの事なので、ライオンズファンは動じません。
変化球中心に攻め、決め球にストレートで三振も取りました。
カーブでカウントが稼げるので、緩急も使っていきたいです。

 

平良

1回9球1安打1三振無失点

久しぶりの登板。変化球が外れる事はありましたが、アウトローに155キロのストレートが決まって三振も取りました。

増田

1回7球1三振無失点

こちらも久しぶりです。ストレート押しで三振も取りました。






【野手】


愛斗がやりましたね!!

若手外野手のプロスペクトでありながら、鈴木、西川、高木、岸に越され、今年はルーキーの若林にまで抜かれ、2軍の帝王化していましたが、大きな結果を出しました。

愛斗は1軍だと、ボール球に手を出したり、強引に引っ張る所がありましたが、素直にバットが出せました。逆転ホームランはライトへのホームランです。

ストレートへの強さを見せられましたね。


今日の試合はプロ初ホームランで先制、

今日2本目は逆転3ランホームランです。

昨年は、打撃下降気味で上に上がり結果を出せずでしたが、今年は好調期に上げてもらえました


愛斗は、この好調期に1軍で結果を出せなければ、もう使い道のない状況でしたが、チームを救う大活躍です。



2軍では十分過ぎる実績のある愛斗に足りなかった、1軍での結果という自信を付けて、明日からどんなプレイを見せてくれるのか、期待したいです。


満塁でセンター前に2点タイムリーで、愛斗のホームランに繋げました。

ずっといい当たりはしてましたが、大きいのを狙い過ぎていたのか外野フライも多くなっていました。

この場面では、コンパクトにセンター前にタイムリーです。成長してますね。



若林

初の1番起用でしたが、1安打2四球2盗塁と役割を果たしました。状態が良いです。

特に、ボール球に手を出さない能力が優れています。


ルーキーなのでシーズン通して戦う体力不足は懸念材料ですが、

ヒットを打ち続けるのは難しいですが、四球を選べるのであれば、金子が不調の時は1番を任せられます。

金子が昨年後半の状態になるまで、若林に期待したいですね。



9回にようやくヒットが出ました。タイムリーにもなり、本人はホッとしたでしょう。

昨年もでしたが、不調になると考え込む所があるので、楽な気持ちで臨むためにも、結果が出たのは良かったです。







愛斗、若林、呉の活躍が大きかった試合ですが、

この勝ちを単発で終わらせないためには、森、中村の打撃が必要です。

序盤にチャンスメイクまでは出来ましたが、2人がブレーキとなりました。

負担が大きいのは分かりますが、もう少し辛抱して頑張ってほしいです。

栗山が2軍の練習に参加したようですので、もう少しです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








楽天戦3タテは避けたいライオンズは、上間永遠がプロ初登板です。


打線が上間を楽にしてあげたいですね。




本日のスタメンは、

20210408_180209


好調の愛斗が1軍に、綱島が2軍と入れ替えました。



上位は代えませんでしたが、捕手に岡田、木村を下げて調子の良い愛斗を早速スタメンに起用しましたね。


愛斗は昨年は下降気味の時に上に上がりました。
今回は調子の良い時に上げてもらえましたので、2軍の帝王化を脱却したいです。
ここで打てなければ、起用法がなくなるので、結果を出してもらいたいです。




【ハイライト】

1回表

ライオンズ先発は上間。

落ち着いた立ち上がり。テンポ良く3人で終わらせます。


1回裏

楽天先発は瀧中。

前回は1.2回10失点と大乱調でした。金子、源田と粘りますが塁には出れずに、3人で終わってしまいました。


2回表

調子の良い茂木にホームランを打たれました。

スライダーが真ん中に入ってしまいましたね。


3回表

この回、下妻はカット、辰巳はストレートで連続三振。

辰巳へのインローのストレートは素晴らしいコースに決まりました。


5回表

今日初めて四球を出しますが、後続を打ち取り無失点。

ここまで、2安打5三振と素晴らしい投球。特に左打者のインコースへのストレートは、キレの良い球を投げられています。


5回裏

前回大乱調だった楽天瀧中ですが、今日は力強いストレートをゾーンに投げ込めており、緩いカーブと合わさって、ライオンズ打線ここまでノーヒットです。


6回表

3巡目の楽天打線。

先頭の辰巳に高めのストレートをホームランにされます。


小深田、浅村にもヒットを打たれて、上間は降板です。

プロ初登板の上間は、

5.1回83球5安打5三振2四球2自責点

プロ初登板としては、十分な結果です。

ストレートが良く、コースに投げ込めていました。

3巡目に捕まりましたが、得意のシンカーが決め球としてレベルアップし、カウント球を身につければ、もっと良い投球が出来ると思います。

本来は、味方が点を取って、5回まででも良いと言う状況を作りたかったですね。


上間→佐野

茂木の打ったレフトへのライナー性の当たりを、若林が目測を誤り、2点タイムリーとなり、0対4と離されました。


6回裏

先頭の若林が初ヒット、岡田死球でチャンスに。が、山野辺ファールフライ、金子併殺で無得点。

2三振の金子には代打でしたね。何のために打撃の良い西川、佐藤、渡部はベンチにいるのか・・・。

辻監督は金子に期待しているのでしょうが、1番打者はライオンズ打線のポイントです。今は、主力の離脱で得点力の低い打線なので、名前ではなく調子で1番を決めて欲しい。


8回裏

結局、楽天瀧中からは1安打のみ。この回からは酒井がマウンドに。愛斗がヒットで出るも無得点。

愛斗は、飛んだ所が良く、ヒットにはなりましたが、上体が浮くいい打ち方ではありませんでした。結果を出すために、あの打球コースを狙ったのかもしれませんが、1軍ではどうしても本来の打撃ではなく、当てにいってしまいますね。


試合は、0対4でライオンズが3タテされました。




【感想】


上間は頑張りました。



初対戦のメリットもありましたが、まだまだ伸びしろも感じさせる投球でしたね。




問題は打線です。

2三振に、チャンスで併殺と、金子にヘイトが集まりそうな試合でした。


楽天瀧中が良い投球をしましたが、ライオンズ打線は何の工夫もなく、淡々と進んで行きました。



昨年もですが、打撃コーチは試合中に何をやってるのでしょうか。



スコアラーと相談して、事前に作戦を立てているのでしょうか。

主力の離脱で駒がいないのは分かっていますが、もし主力がいても結局選手任せなのは変わらないです。




一応、馬場コーチが作戦コーチなのですが、

個人的には、球界にあまり人脈のない辻監督が唯一連れてきた、気心知れた話し相手枠だと思っているので、


打撃コーチにしっかりやってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日もメットライフドームで楽天戦です。


昨日の大乱調は忘れて、切り替えて挑みたいですね。



スタメンは、


20210407_173908



指名打者で鈴木を使ってきました。

2軍では愛斗が好調です。負けずに結果を出したいですね。




【ハイライト】

1回表

ライオンズ先発は今井

ストレートが荒れ、連続四球でランナーをためると、浅村にタイムリーを打たれて先制点です。

その後は、変化球を交えて何とか抑えました。

今日も荒れてましたね。1、2番にストレートを11球続けましたが、空振りも含めて3つしかストライクになりませんでした。

昨年と比べて、変化球のキレがあるので、大炎上は避けられてます。



1回裏

楽天先発は則本

森が高めに浮いたチェンジアップを捕えますが、惜しくも中飛になり3凡です。


2回表

ストレートは荒れてはいますが、この回は下位打線相手に、ゾーン内で荒れていたため、力で抑えられました。

今日も150キロ超えの凄いストレートを投げ込んでいます。


3回表

シュート回転した高めのストレートを、先頭の辰巳にホームランされました。

その後も四死球でピンチになるが、変化球を交えて切り抜けました。浅村にはスライダーで三振を取りました。



3回裏

若林、金子のヒットで1、3塁のチャンス。ここで、金子の2盗の間に、若林がホームスチールしますが、アウトになり無得点。


5回表

四球で出したランナーを置いて、日ハムから移籍してきた横尾にタイムリーを打たれ追加点。

今井はこの回まで、

5回104球5安打2三振6四死球3失点

制球はいつも通り大荒れでしたが、前回と比べて、スライダーで空振りが、あまり取れなかったのが苦しかった。今日もストレートは平均で150キロ超えと、物凄い球を投げてました。



5回裏

前の打席ヒットの若林が、プロ第一号のホームランです。




さらに鈴木のヒットでランナーを置いて、山野辺のタイムリーで1点差に。

さらに同点のチャンスで森でしたが、インコースのストレートに三振に倒れます。



6回表

佐野登板

左が3人続く所での登板。辰巳を三振に取るも、ヒット、四球でランナーをため、浅村の所で交代です。

今日はスライダー中心の投球でした。辰巳には効果的でしたが、もう少しストレートで押しても良かったです。

宮川登板

ピンチに浅村、茂木を連続三振で切り抜ける。


前回は変化球が抜けて、ストレートしか投げる球がない状態でしたが、一転して変化球中心の投球でした。浅村にはフォーク、茂木にはパワーカーブが良い所に決まりました。打者の裏をかいた形になりました。


7回表

ギャレット登板

佐野、宮川同様、ギャレットも変化球中心の投球。


スプリットを多投しましたが、最後高めに浮いて、

辰巳に2点タイムリーを打たれます。

5球連続外寄りにスプリットを投げさせましたが、ファールで粘られている間に、タイミングが合ってしまいました。


8回表

伊藤登板

島内に高めのストレートをホームランにれます。

その後は、多彩な変化球とストレートのコンビネーションで抑えました。


9回裏

4点差で楽天牧田登板。

若林が猛打賞となるヒットでチャンスを作ると、山野辺の犠牲フライで1点を返すも、ここまで。



試合は3対6でライオンズの敗戦です。





打線は8安打放つも、森、中村、木村の中軸が無安打では得点には繋がらない。


森、中村はまだしも、木村が5番固定になってきました。

また、

代打も使わない固定起用という辻監督の悪い癖も出てきました。



主力は使い続ければ、最終的には2割後半の率を残しますが、


金子、木村はまだそういう選手ではありません。



代わりの選手が居ないのは、分かっていますが、それならば、森、中村を中心に打線の組み換えも考えてもらいたいですね。


それと、

主力の離脱が相次ぐ、このチーム状況の中、責任感のある森は色々背負いすぎているので、駄目でも中村がいると思うくらい肩の力を抜いて打席に入ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日はメットライフドームで楽天戦です。




スタメンは、

20210406_172753


セカンド山野辺、レフト若林、指名打者渡部で来ましたね。


森、中村も負担軽減させずに守備につかせてますので、岸相手に勝ちに行く布陣です。


調子の良い楽天先発の岸相手に、若い選手が喰らいついていく姿を見せてもらいたいですね。




【ハイライト】

1回表

ライオンズ先発は松本。

立ち上がりから変化球が抜け、ストレートはコースを狙い過ぎて外れてしまい、四球3つで満塁に。

好調茂木に対しては、ストレートで空振りが取れず、粘られ、押し出しの四球で先制点を与えます。

コースを狙い過ぎて歩かす、松本の悪い所が出てしまいました。しかし、押し出し後は、カーブでカウントが取れたのが良かったです。


1回裏

楽天先発は岸。

ストレートが高いですが、カーブ、チェンジアップを駆使して3凡で抑えられました。



2回裏

中村が、高めに入ってきたストレートをホームランで同点。



3回表

好調茂木にストレートを、バックスクリーンにホームランを打たれます。


4回表

ストレートで空振りを取れずに、粘られますが3人で終わらせます。

今日の松本はここまででした。

4回90球2安打2三振5四球2失点

ストレートで空振りが取れないとなると、厳しいコースを狙いますが、狙い過ぎて四球と悪循環でした。

基本はストレート、カットの投手ですが、何度かカーブでカウントが取れていたので、緩急も使えるようにしたい。

カード頭の投手として、4回で降板させられる信頼度の低さは反省です。


5回表

吉川登板。

左打者が続く所での登板でしたが、辰巳にストレートをヒット、島内にストレートを2ランホームラン打たれます。

ストレートは145キロ出てましたが、力押しでは厳しいです。左キラーの役割を担うなら、スライダーを軸に攻めたいです。


6回表

吉川続投。

この回大乱調。4安打3四球で4失点。1アウトも取れずに田村に交代です。

試合を壊してしまいました。元々、制球が良いタイプではありませんが、球の力も落ちていますし、モデルチェンジしないと厳しいですね。入れ替えの可能性もありますね。

2軍では、ルーキー大曲、左なら武隈が好調です。



代わった田村もタイムリーを打たれて、この回7失点。


6回裏

中村の犠牲フライで1点返します。



7回表

森、中村をベンチに下げ、柘植を捕手、綱島をセカンドで起用してきました

主力の離脱により、中村、森を休ませるのが難しくなってきましたので、こういうゲームでは退ける事が増えそうです。


8回表

井上登板。

制球が定まりません。この回、2安打4四球で2失点です。

前回同様に制球が乱れているので、2軍で再調整になるかもですね。荒れてはいましたが、茂木にはアウトローのストレートで三振、岩見にはアウトローにスライダーが決まり三振と、良いボールも持っています。

井上は、育成込みでの登板ですので、今後の糧にして欲しい。




試合は、2対13で大敗です。


松本、吉川、田村、井上で13安打14四死球と散々な結果です。

打線も3安打と完敗でした。

良かった事は、勝ちパを休ませた事、中村、森を早めに代えた事くらいです。


先発松本が初回から制球に苦しみ、球数も増え、首脳陣も我慢できずに早期降板したのが、全てでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








相次ぐ主力の離脱により、若手主体で臨むソフトバンク戦です。


若手への期待は高まりますが、あくまで森、中村が中軸に居てこそです。

2人の前にランナーを貯めたいですね。




注目のスタメンは、

20210404_153619

ドラ1渡部プロ初スタメンです。

オープン戦で辻監督に言われたように、三振かホームランで良いので、思いきって行きたいですね。




【ハイライト】


1回表

ソフトバンク先発は和田。

源田、森と四球でチャンスを作るも、中村が併殺で倒れて無得点。


1回裏

ライオンズ先発は平井。

柳田に2塁打を打たれますが、後続を抑えて無失点。立ち上がりは、いつもよりフォークを多めに使って来ましたね。



2回表

今日も絶好調、呉のホームランで先制です。

打った瞬間でした。今一番頼りになる打者ですね。



3回表

金子、源田の連打でチャンスを作ると、森の犠牲フライで追加点。



4回裏

柳田に高めのストレートを、ホームラン打たれます。

グラシアル、栗原にも連打されピンチに。
デスパイネはスライダーで打ち取り、牧原に四球をだし満塁になるも、松田をスライダーで三振。

右打者にはスライダーが効きますね。


5回裏

この回、甲斐、周東、柳田を三振に獲る。

平井はここまで、5安打7三振1失点。スライダーがキレてますね。


6回表

ヒットの木村を置いて、ここまで2打席連続三振の渡部の2ランホームランで追加点。

2打席三振してましたが、しっかり振っての三振でしたので、当たれば飛ぶ感じでしたが、和田のカーブが当たりました。

プロ第一号おめでとうございます。


6回裏

ヒット2本に四球で満塁のピンチ。松田に犠牲フライを打たれ1点返される。
さらに代打、左の長谷川登場で、佐野に交代です。


今日の平井は、
5.2回109球7安打8三振2四球2失点

ストレートは140中盤、バットには当てられますが、ストライク先行で攻められました。スライダーがキレていたので、右打者に対しては有利に攻められます。

課題はやはり左打者。フォークの落ちがそれ程だったので、精度が高まれば、さらに良い投球が出来ると思います。

平井→佐野

佐野は、球が高かったですが球威が勝りました。

長谷川を打ち取りピンチを防ぎます。



7回表

四球3つでツーアウトながら、満塁のチャンスにバッター呉。残念ながらここは三振で無得点。


7回裏

佐野回跨ぎ。

周東に内野安打、中村は右飛、柳田の所で平良に交代。

佐野→平良

柳田、グラシアル連続三振で見事な火消し。


スライダー、カットが低めに決まり、MAX158キロのストレートがいつも以上に速く見えました。

柳田も、あれは無理って顔してましたね。

柳田、グラシアルに回るこの回、勝ちパを早めてまで平良を投入した継投が吉と出るか?


8回裏

宮川が登板。

昨日は良かったですが、今日は変化球が抜けてます。

ヒットと四球2つで満塁のピンチに。
代打今宮にも、変化球が抜け、ストレート勝負に。最後アウトローに決まり、三振で切り抜ける。

変化球が制球出来ずに、ストレートのみの苦しい投球。判定に嫌われる不運もありましたが、投げてみないと分からない不安定さを改善して欲しい。


9回表

森のヒット、途中出場の若林のプロ初ヒットでチャンスになるも、木村が倒れて無得点。

9回裏

ギャレット登板。

連投中の増田は休ませました。

中村をニゴロ、柳田、グラシアルを連続三振で試合終了。

150キロを超えるストレートでカウントも取れ、スプリットが低めに決まる良い投球。良くなってきています。



試合は、4対2でライオンズがソフトバンクを3タテしました。


引き分けを挟んで、5連勝です。






平井の好投、好調の呉、ドラ1渡部のホームランで勝利です。

渡部は、1HR3三振と穴も大きいですが、


今はそれで良いので、辻監督が言ってるように、今後もしっかり振り切って欲しいです。


 
それにしても、

山川、栗山、外崎が居なくても、若手が出てくる所が、ライオンズファンの醍醐味ですね。


どこかの球団みたく、余所から獲るのではなく、自前で育てるライオンズの真骨頂です。






今日は変則的な中継ぎ起用をしました。


柳田、グラシアルといった、ソフトバンクの打線の核に、平良、ギャレットを当てる継投をしました。




宮川が危なかったですが、結果的に成功しました。


基本、中継ぎ投手は逆算して準備があるので、固定起用が望ましいですが、


森脇不在、増田を休ませるという試合なら、こういう柔軟な継投も必要です。




呉、渡部のホームランが目立つ試合でしたが、

ブルペン陣の頑張りが、勝ちに繋がった試合でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ