埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2021 > 2021公式戦


外崎、ブランドン抹消により、

ドラ1渡部、綱島が昇格しました。


調子の良い綱島に、打線の迫力不足を補うための渡部といった所です。

渡部のサード守備は怖いですが、2軍でファーストも守ってたので、呉がセカンドを守るバリエーションも増えますね。



今年は2軍の打線が活発なので、外崎離脱によるネガティブな感情よりも、若手の活躍を楽しみにするポジティブな感情が生まれますね。




若手には大きなチャンスです。



主力の能力が高いライオンズなので、待ってても空きは出ません。

チャンスは掴めるときに掴んでおきたいですね。





骨折の外崎は心配ではありますが、

外崎りんご園のTweet見ると、和みますね。

りんごジュース飲みながら、復帰を待ちましょう。







本日のソフトバンク戦は、左腕の和田が相手です。



予想打順は、

1金子(中)
2源田(遊)
3森(捕)
4中村(三)
5呉(一)
6木村(右)
7渡部(指)
8山野辺(二)
9若林(左)


左腕ということで、辻監督は山野辺セカンドで行くと思われます。

渡部も使って来そうです。



ライオンズは、主力が怪我しない事が前提のチームなので、


山川、栗山、外崎の離脱は打線の迫力不足に繋がります。



幸い、森、中村の中軸が元気なので、チャンスメイクをして2人に回したいです。




心配なのは、

主力が離脱したことで、休ませながら使いたい中村や、森の休養日を作り辛くなった事です。



今の打線に森、中村がいないと、かなり苦しいです。


大差の勝ちゲームや負けゲームでは、思いきって早めに交代させる采配も、考えなくてはなりませんね。


外国人が合流するまで、2人には頑張って打線を引っ張っていってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








 

外崎がソフトバンク高橋礼から受けた死球により、左腓骨骨折となりました。



骨折の程度や治療法にもよりますが、数ヶ月はかかる長期離脱です。



昔、打球が当たって腓骨骨折した阪神のメッセンジャーは、手術して2ヶ月後に1軍復帰した早期復帰の例もありますが、

筋力も衰えますし、実戦勘を取り戻し、野手として全力プレイが出来るまでと考えると、後半戦からとなりそうです。



外崎が超人的な回復を見せれば別ですが。。。




打撃力だけでなく、源田、外崎の二遊間は、失点を減らしてくれる効果もある守備力でしたので、

正直、山川、栗山の離脱よりもチームとしては痛いです。


現状の1軍メンバーでは、山野辺を中心に、山田、佐藤辺りで回す感じです。





外崎は当然抹消なので、誰を上げるかですが、

怪我人が多いこの状況なので、無難に考えれば、バックアップとして、どこでも守れる熊代が候補になりますかね。


山野辺を中心に回すなら、ベンチ要員として熊代は無難な選択ですし、2軍で打撃も好調です。




思いきって若手を使うなら、

実績はないですが、2軍で好調の綱島が良いと思います。


パワーアップした今季は、打率.444と好調です。




1軍実績がないので、呉のようにすぐに適応出来るかは分かりませんが、

外崎が長期離脱となれば、今の内に、まだ伸びしろのある選手を試し、経験を積ませたいです。


 

現在、1軍で絶好調の呉のように、1軍経験があり、且つ2軍で好調の選手というと、

外野手ですが、高木渉が.533と驚異の数字を残してますが、

このチャンスに怪我で離脱です。


元西武の、左のおかわりこと、坂田遼を思い出させる持ってなさです。



高木同様外野手ですが、愛斗も.395と好調です。
1軍経験はありますが、1軍では打てない2軍の帝王化しているのが懸念されますが、ずっと頑張ってるので、良い時にチャンスを与えたい気持ちもありますね。


松井稼頭央2世と呼ばれ、A班キャンプにも抜擢された期待の川野は、2軍の試合に出ていません。



本領発揮してきたドラ1渡部は、もう少し2軍で育成に重きを置きたいです。




個人的には、


誰がやっても、外崎の代わりなんて簡単に出来ないので、

どうせ出来ないなら、外崎の分まで頑張るとか、なんとか代わりを努めようとする選手ではなく、 

セカンドのレギュラーを奪ってやると、積極的にアピールするくらいの、ハングリーさを持ってる選手に任せたいです。



辻監督は「いいヤツを上げる。若い選手にはチャンス」とコメントしてます。


辻監督が誰を選択し、明日からは誰を起用するのか注目です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日のソフトバンク戦は、難敵、高橋礼です。

前回の高橋礼は6回5四球と荒れていましたが、どこまで調整してきたかですね。


ライオンズ先発は不安定な浜屋なので、出来るだけ点を取れるように積極的に攻めて行きたいです。




スタメンは、

20210403_145615



サードに佐藤、レフトに岸を使ってきました。

ブランドンは熱中症のため、抹消となっています。




【ハイライト】


1回表

ソフトバンク先発は高橋礼。

前回同様にストレートが荒れています。


金子に四球、源田ヒット、中村四球で満塁とすると、外崎に押し出しの死球を与えて先制点です。

外崎は山野辺に交代です。左足首に当たった外崎は、市内の病院に行くことになりました。


さらに、

ラッキーボーイの呉の2点タイムリーで、初回3点を取りました。


大した補強のないライオンズが、巨大戦力のソフトバンク、楽天に勝つためには、若手の覚醒+主力が怪我しない事が前提のチームなので、守備での貢献度も高い外崎まで離脱となると、かなり苦しいです。



1回裏

ライオンズ先発は浜屋。

先頭の川島に、高めのストレートをホームランされます。

その後は、スライダーを使いながら、柳田をストレートで、グラシアルをスライダーで連続三振です。

球質の軽い浜屋の被弾は、当面付き合っていくしかないですね。



3回表

制球が定まらない高橋礼の前に、森四球、中村2ベース、呉四球で満塁とすると、木村の犠牲フライで1点追加。



5回表

山野辺が死球で出塁すると、盗塁で2塁へ。
ここで、またしても呉がタイムリーで追加点。


5回裏

浜屋はこの回も無失点。


今日の浜屋は、

5回99球3安打6三振3四球1失点


制球はそれほど良くはなく、ランナーを出しますが、要所で低めにストレート、スライダーが決まり、結果的に抑えました。

今日は、スライダーでカウントが取れたのも大きかったです。


不調ではありますが、柳田から2三振奪った事は自信に繋げたい。



6回裏


佐野が登板。

柳田、グラシアル、中村を3者連続三振。

球威あるストレートでファールを打たせて、カウントを稼ぎ、スライダーで三振を獲る素晴らしい投球でした。


7回表

森、中村をランナーに置いて、またまた呉の2点タイムリーツーベースで追加点。

呉は、3安打5打点の大活躍です。



8回裏

宮川登板。

3凡で終わらせました。三振も1つ取りましたね。

不安定な投球が続く宮川でしたが、今日みたいにパワーカーブが低めに決まると、ストレートが高めにいっても空振りが取れるので、継続して欲しい。


9回裏

6点差リードの場面で、井上1軍初登板。

先頭の柳田に、高めのストレートをホームラン打たれました。


続くグラシアルにも高めをヒット、真砂には高めのチェンジアップを打たれピンチに。

栗原はインローにスライダーが決まり、三振を獲りましたが、松田に高めのストレートを2点タイムリーされ、3点差に縮まった所で降板です。

緊張もあったでしょうが、制球が安定せずに、ほとんど高めにいきましたね。

球威あるストレートを持ってますが、柳田、グラシアルクラスなら高めだと打ち返します。

栗原には球威で押して、最後はインローにスライダーが決まる、良い投球をしました。

いずれは、緩い球でカウントが取れるようになると、ストレートも活きますね。

これからに期待です。


3点差になったので、増田が登板。
しっかり抑えて、試合終了です。


試合は、7対4でライオンズの勝利です。




呉が3安打5打点と大活躍です。

浜屋も粘りの投球で頑張りましたね。


ソフトバンクに連勝しましたが、

外崎が骨折となりました。


明日から大変です。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日は福岡でソフトバンク戦です。


スタメンは、

20210402_174451

金子、源田の1、2番に戻しました。


金子は、日ハム戦では、踵重心になる悪い時の打ち方でしたが、どこまで調整出来たかですね。


外崎もあまり良くないですが、呉、木村の調子が良いです。

上位は調子の良い選手で固めて欲しかったですが、金子、外崎の奮起に期待ですね。


ブランドンが熱中症のため、ベンチ外です。



【ハイライト】

1回表

ソフトバンク先発は石川。

金子が死球で出塁するが、その後は石川のカーブにタイミングを外され無得点。

ノーアウトのランナーにエンドランをかけましたが、初回から簡単にバントをしなかったのは、良かった。


1回裏

ライオンズ先発は高橋。

ストレートがかかってましたが、球威はあり3者凡退の立ち上がりです。


3回表

金子、源田のヒットでチャンスを作り、

森の内野安打で先制点。

さらに、

4番中村の3ランホームランで、この回4点。

やはり上位が出れば得点チャンスですね。

なかなか打球が上がらなかった中村ですが、この場面で出ましたね。頼りになりますね。

金子は日ハム戦は、踵重心で当てるだけの打撃をしてましたが、しっかり振り切ったのが良かったです。


3回裏

点をもらった裏の大事な回。
高橋光成は、3者連続三振でソフトバンク打線を寄せ付けない投球。

ストレートで2つ、フォークて1つ三振です。力強いストレートがアウトローにも決まりました。


5回表

ヒットの森、四球の外崎をランナーに置いて、呉がライト前にポトリと落ちるタイムリーで2点追加。

辻監督が呉の活躍を見て、調子の良い選手を調子の良い時に、上にあげてすぐに使う采配を学んでくれると、既存戦力を最大活用出来ますね。



6回裏

周東、今宮と連続四球。柳田はフェンスギリギリで打ち取りましたが、グラシアルに真ん中低めのストレートを弾き返され、2点タイムリーを打たれました。


8回表

途中出場の佐藤龍世が、ソフトバンク高橋純平の153キロストレートをライトにヒット。

佐藤は、2019年9月26日楽天戦以来の1軍でのヒットです。ここから再スタートですね。


8回裏

先頭の明石にヒットを許すも、周東をフォークで三振。牧原をフォークで併殺と、100球を超えたこの回も抑える。


今日の高橋光成は、

8回110球4安打8三振2四球2失点

素晴らしい投球でした。


今日はストレート、フォーク主体の投球で、的を絞らせない投球でした。

やや制球にばらつきがありましたが、決め球はしっかり低めに制球出来ていたのも、この結果に結びついたと思われます。

エースの投球でしたね。


9回裏

柳田から始まる打順ということもあり、4点差で増田を使って来ました。
柳田を三振、グラシアルに2塁打されるも、後続を抑えて試合終了です。


試合は、6対2でライオンズの勝利です。






12安打6得点と、苦手のソフトバンク石川からよく打ちました。

森が猛打賞。

中村、金子がマルチです。


森、中村に当たりが出れば、1、2番に好調な選手を配置する意味も出てきます。

今日は金子、源田のチャンスメイクから得点を取りましたが、明日以降も期待したいですね。



呉がラッキーボーイ化しています。

好調な選手を好調な時に使うのは鉄則です。


しかし、ずっとこの調子が続く訳ではないので、思考停止の固定起用にはせずに、打撃コーチはしっかり見極めて欲しいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









本日は、福岡でソフトバンク戦です。



パ・リーグで優勝するためには、ソフトバンクという大きな壁を倒さなくてはなりませんが、


本日の先発は鷹キラーの高橋光成です。







前回登板時は、高橋の持っている能力からすれば、ストレートがそこまで良くない中でも、カットやフォークを使い、試合を作りました。


開幕戦という独特な雰囲気からも開放されて、高橋がいつも通りに投げれば大丈夫だと思います。




しかし、

対するソフトバンクもレオキラーの石川です。




昨年、ソフトバンク工藤監督は、これでもかというくらい、苦手な石川、東浜をライオンズ戦にぶつけて来ました。



石川は昨年ライオンズ戦に6試合も先発し、

4勝1敗、防御率2.62と抑え込まれました。



ストレートを中心に、スライダー、フォーク、カーブと投げてきます。制球が乱れる事のある投手ですが、振り回す打者の多いライオンズなので、三振も増えてしまいます。


左右別でも、右.181 左.176と、左を苦にする投手ではないです。




主力の対戦成績は、

木村.375

森.286

源田.222

金子.214

外崎.188

と、昨年は上位の金子、源田が塁に出れずに、厳しい展開となりました。



ただ、昨年いなかったブランドン、若林に加えて、西川や好調の呉といった選手もいます。


山野辺も対戦は少ないですが、昨年は石川に対して5-2と打ってます。

主砲山川のいない中、辻監督の打順の組み方にも注目です。



個人的には、

1源田(遊)
2呉(一)
3森(捕)
4中村(三)
5木村(右)
6山野辺(左)
7外崎(二)
8ブランドン(指)
9金子(中)


日ハム戦では、タイミングが合ってなかった外崎を下げて、まだ春なので木村を上げる打順です。


山川、栗山がいないとだいぶ弱い打線になりますが、若手の活躍に期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ