埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

森友哉の人的補償で加入した張奕投手が、B班キャンプに変更となりました。





高木渉選手に続いて、キャンプ前から2人目のB班行きです。高木渉選手は、以前も痛めた両太腿の痛みとの事で怪我の再発によるB班行きです。




そして、


張奕投手は右肩のコンディション不良です。






張奕投手はつい先日までは所沢でブルペン入りもしていました。





台湾代表としてWBCへの出場も視野に入っていただけに非常に残念です。



また、肩の不安となるとシーズン自体が心配ですので、しっかり検査して万全の状態に戻したいです。







今季はライオンズの選手として迎える初のシーズンでしたので、本人も勝ちパ入りを目指すくらい意欲も高くトレーニングをしていました。



オリックス時代は、一時期ライオンズキラーとして存在感を増し、ストレートの空振り率も高水準でしたが、最近はそのストレートの安定性に欠けイマイチ伸び悩んでいました。



それでも速いストレートにフォークのコンビネーションは大きな武器であり、ファームでは既存のライオンズファーム投手よりも良い成績を残しています。



それだけに、張奕投手には一時的にでも1軍の戦力になることを期待していただけに、状態が気になる所です。









人的補償で加入した選手は、過去を見ると活躍する選手はほとんどいません。




ライオンズでも人的補償に関しては、人材という意味では内海コーチは当たりでしたが、プレイヤーとなると脇谷選手が限定的に活躍した程度で、当たりとなった選手は居ません。



当然、主力を引き抜かれていますので、同じレベルの活躍を期待するのは酷ではありますが、最も困るのは怪我などで試合に出られない事です。




ライオンズの場合、投手に手術明けの選手が多く特にファームは枚数的にもギリギリな所ですので、投手に怪我人が出ると厳しいです。




しっかり検査、治療、完治させてシーズンでは少しでもライオンズの戦力となるように期待しています。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

ライオンズ投手陣に明るい未来を見せてくれた、昨年のルーキー左腕2人は今季も共闘宣言です。









隅田投手に関しては、個人的には今季の飛躍を期待している投手です。










何度も取り上げましたので、今回は隅田投手と共にライオンズの柱の投手になれる素質を持っている佐藤投手に関してです。





昨年はドラ1隅田、ドラ2佐藤と両左腕投手がルーキーながらライオンズの大きな戦力になりました。



ただ、まだまだ満足な成績ではありませんでしたが、将来が楽しみな投手2人を獲得出来たのはライオンズとしては嬉しい事です。



怪我もあり評価を下げましたが、それまではずっとドラ1候補として取り上げられていた投手です。球威のあるストレートはプロでも武器になっています。




しかし、制球と変化球に課題があります。




球威あるストレートは安定性に欠け、ポテンシャルを十分に活かせていません。細かな制球はなくても、内外と投げ分け、左のインコースにも投げられるようになりたいです。



また変化球は、スライダー、チェンジアップと球種が少なく、攻め方も右にはストレートを含めた3球種を投げますが、左にはストレートとスライダーの2ピッチですので、回を追うごとに相手打者の慣れも出てきます。



球種が多ければ良いわけではなく、プロで使えるレベルでなければなりません。昨年はそれがスライダーとチェンジアップだけでした。



特に右相手に効果的なチェンジアップが左相手には投げられないためピッチングを苦しくし、左の被打率も3割と高く左投手ですが左打者が苦手です。





昨年の投球を見ていると、ストレートの安定性と対左にもチェンジアップを投げられるようにするというのが課題となりますが、オフにはそれを打開するためにカーブの習得を目指しました。




もしカーブを使えるようになれば、左相手の球種もストレート、スライダー、カーブと3球種になりますし、何と言っても150キロのストレートを活かすための緩急も使えるようになります。





どこまでカーブを使えるレベルになったのかは注目です。




隅田投手もカーブが良いと自主トレでは鴻江トレーナーから言われていましたが、両左腕共にそのカーブが今季のポイントになりそうです。




後は、どこで投げるかです。



基本は先発として育てて欲しい所ではありますが、ファームで寝かしておくには勿体ない投手ですので、チームに足りない左腕中継ぎとしての起用も想定出来ます。



球威あるストレートでパワーピッチが出来る投手ですので、パワーピッチの左腕中継ぎという、今のライオンズには居ないタイプとして使い所もある投手ですので、起用法にも注目です。




昨年は先発、中継ぎ両睨みでしたが、両睨みだと調整も難しいと思いますので、ある程度キャンプの仕上がりを見て豊田コーチが判断をしたいです。




ドラフトが補強のメインとなっているライオンズにとっては、ドラフト上位組の戦力化は必須です。



2021年ドラフトの上位組である隅田、佐藤、古賀選手と指名時も神ドラフトとファンの期待が高かったですが、5年後に振り返った時にやっぱり神ドラフトだったと言われるためにも今季の飛躍を期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









スポンサードリンク

大怪我からの完全復活を目指す若林楽人選手は、キャンプA班スタートです。





オフは渡米し、スピードとパワーアップのためにフィジカルトレーニングを行いました。




本人は昨年よりも膝の状態が良く、むしろパワーアップした分速くなっているかもと話すなど、順調にトレーニングを行えたようです。





松井監督の目指す、スピード感のある野球を体現するには、スピードのある若林選手は最適な選手です。




ただ、大怪我から復帰した昨年は復帰しただけで、本来のスピードとは程遠いパフォーマンスでした。




膝を庇うプレイも見られましたし、そうなると全力疾走は出来ません。




オフのトレーニングで、手応えを感じているようですし、キャンプ、オープン戦で膝を庇うようなプレイをせず、本来のスピードを出せるかは注目です。








元々粗さのある打撃でしたが、昨年はそれが際立ち1軍ではかなり高い三振率となりました。本人はそれを、膝の影響もありタメを作れていなかったと分析しています。




もちろんそれもあるでしょうけども、アプローチ面はルーキーイヤーでもそれ程良くなかったので、しっかりボールを見極められるように成長したいです。





若林選手がターゲットとしている1番打者に求められるのは出塁率です。





昨年は、ホームランを打ちたいと話す事もありました。



おそらく、膝の状態に不安があるため長打を増やしたいと思ったのではないかと推測します。




ただ今オフは膝に不安はあるものの、自信を持つためにもトレーニングの手応えを感じており、走れる事が自分の武器と言っているのは良い傾向です。



若林選手の武器は足ですので出塁率を高められるように、アプローチ面を改善し四球でも塁に出られるようにしたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

↑このページのトップヘ