埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2022年シーズン最終戦です。

Screenshot_20221002-185307~2

劇団獅子の最後は首脳陣が勢ぞろいです。シーズン最終戦らしい光景です。




ライオンズ一筋でFA残留もしてくれた、十亀剣投手の引退試合でもありますが、何とライオンズ一筋15年の武隈祥太投手も突然の引退発表となりました。




ライオンズが苦しい時代に、チームを支えた2人が去るのは寂しい気持ちが強いですが、勝利で華を添えたいです。




本日のスタメンは、

Screenshot_20221002-175248~2



【結果】

Screenshot_20221002-210904~2



シーズン最終戦は打線の援護なく敗戦です。


連勝は止まりましたが、しっかり調整してクライマックスでは下剋上を達成してもらいたいです。



【投手】

Screenshot_20221002-210507~2

エンス

クライマックスシリーズに向けて、2イニングの調整登板です。

ストレートに力もありましたし、カットで空振りが取れたのは良かったです。

ファイナルステージでの先発が予想されますので、チームが勝ち抜くことを信じて調整を続けたいです。


平良

3回に打者1人に登板して三振を奪いました。
水上投手と並んで35ホールドポイントで、最優秀中継ぎ投手のタイトルを確定させました。

クライマックスシリーズでは、おそらく守護神を任されますので、フル回転で活躍してもらいたいです。


佐藤

最速151キロのストレートには力があり、唸っていました。

ストレート押しで抑えていましたが、3イニング目にそのストレートが抜けたり、狙われて打たれたりとし、満塁から連続四死球で押し出しとなり交代です。

ストレートの球威は素晴らしいですが、先発としてイニングを重ねていくのであれば、変化球の精度も高めたいです。


宮川

2アウト満塁からの火消し登板でしたが、パワーカーブ、フォークで空振りを取り追い込みながらも、高めに浮いたカットをタイムリーにされました。

回跨ぎとなった6回は、先頭はヒットで出しますが無失点で抑えています。


十亀

現役ラスト登板です。

辻監督からボールを受け取りました。

Screenshot_20221002-201743~2


打者1人に対して三振を奪いました。

まだまだ力のあるストレートが投げられていますが、本人の決断です。

印象的なシーンも多い、記憶に残る投手でした。チームのために尽くしてくれた投手でもあります。

長い間お疲れさまでした。


公文

左打者2人を抑えています。スライダーで三振も奪いました。終盤に来て貴重な中継ぎ左腕として機能しています。クライマックスも出番があると思いますので、しっかり調整したいです。


スミス

今日もストレートが走り2奪三振です。

基本はストレートゴリ押しの投手ですので、今日のようにストレートが走っていると、三振が取れる中継ぎとして大きな戦力です。


森脇

3ベースを打たれますが、スクイズをフォークで空振りさせランナーをアウトに出来たのが大きかったです。無失点で切り抜けました。




【野手】

Screenshot_20221002-210846~2



試合を振り返ると、



4回、森選手が四球で出塁すると、

中村選手の2ランホームランで先制です。

最近は代打での登場が多いですが、サードを守れるようにコンディションを整えて、クライマックスではスタメンで起用したいです。






5回には、鈴木、平沼選手が出塁し1、2塁のチャンスを作ると、呉選手がセンター前にヒットを放ちますが、2塁ランナーの鈴木選手はホームタッチアウトとなり追加点は取れませんでした。


この場面では、相手の送球も良かったですが、どちらかと言えば、鈴木選手の打球判断が悪くスタートが遅れた事、ホーム突入時も頭からではなく足から行った事と走塁面でのミスです。


昨日もありましたが、短期決戦では一つのプレイで流れが変わりますので、こういう走塁ミスは避けたいです。



結局打線は5安打と元気なく、今季は最後まで打線が迫力不足で終わりました。





今季のライオンズは、72勝69敗3分の3位でフィニッシュです。

優勝争いからの、まさかの7連敗で脱落しましたが、何とかクライマックスシリーズ行きは決めました。


今季のパ・リーグは、最終戦まで優勝が決まらない大混戦です。ライオンズは、その混戦を共に演出しましたし堂々と戦ってもらいたいです。




そして、気になる対戦相手ですが、



オリックスが逆転優勝で連覇を達成しました。




ソフトバンクは痛恨の連敗で優勝を逃しました。


ライオンズのクライマックスシリーズファーストステージの相手は、ソフトバンクです。終盤に喫した3連敗の借りを、福岡でリベンジしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









スポンサードリンク

ライオンズのブルペンを支えた、武隈祥太投手が引退を発表しました。

20221002_175354


試合前のセレモニアルピッチで、突然の発表です。

15年と長い間、ライオンズのブルペンを支えました。全盛期はライオンズ暗黒期でしたが、毎試合のように投げ続けてくれました。


酷使の影響もあり、一度はもう壊れてしまったと思いましたが、昨年V字回復を見せファンを喜ばせてくれました。しかし、今季春先に肩を痛め引退を決断することになりました。


2007年のドラフトで入団しましたが、この年はスカウトの不正が明るみに出たこともあり、ライオンズは上位指名権が剝奪されたドラフトでした。


そのドラフトで最初にライオンズが指名したのが、武隈投手です。


本当に長い間、チームに貢献してくれました。常にどこかしら痛めながらも、チームのためにここまで投げ続けてくれたのは、頭が下がります。



通算365登板は武隈投手の勲章です。



不思議ちゃんとも評された飄々とした性格ですが、武隈投手らしい去り方になりました。

笑顔を見せくれているのは、ファンとして救いですが、十亀、武隈投手とライオンズが苦しかった時の功労者が揃って去ることになり寂しい気持ちです。



長い間、お疲れさまでした。







にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

イースタン最終戦の巨人戦です。

Screenshot_20221002-133838~2


内海投手の、古巣ジャイアンツでの引退登板もあります。




スタメンは、

Screenshot_20221002-123453~2




【結果】

Screenshot_20221002-161429~2


内海投手のラストゲームを勝利で飾りました。

イースタンは全日程が終了し、ライオンズは5位と2年連続の最下位から脱出しました。




【投手】

Screenshot_20221002-161525~2

菅井

1イニングを1安打1三振無失点に抑えました。

最速146キロのストレート中心の投球でした。

高校時代は最速143キロどの事なので、球速も伸びています。変化球は空振りこそ取れませんでしたが、スライダーは外に、チェンジアップは低めに投げられました。

高卒育成ルーキーですが、来季からはイースタンで定期的に投げられるようにしたいです。


粟津

高めに浮いた球をホームランにされましたが、それ以外は、得意のシンカーのキレが良く2奪三振と良かったです。


黒田

立ち上がりは147キロと球速も出て、フォークで三振も奪いましたが、2アウトから連打でランナーを貯めると押し出し四球と、甘く入ったスライダーをタイムリーにされ一挙4失点です。

ランナーを貯めてからは、球速も140そこそこに落ちましたし、制球も甘く入りましたので、ランナーを背負ってもしっかり持っている力を出力出来るようにしたいです。


内海

5回2アウトから、現役最後の登板です。

Screenshot_20221002-145850~2


巨人石川選手の厚意もあり、オールストレートで三振を奪いました。


試合中ではありますが、花束贈呈、両チームの選手たちから胴上げも行われました。

Screenshot_20221002-145959~2

西武、巨人両チームにとっても大きな存在の投手でした。第2の指導者人生も、良きものになってもらいたいです。


與座

クライマックスシリーズに向けて、ファームで調整登板となりました。

3イニング無失点と順調に調整しています。

高低、緩急を使い3奪三振でしたが、中途半端な高さに行くと打たれる事もあるため、制球には気をつけたいです。

おそらく、ファイナルステージでの先発起用が考えられますので、チームを信じて調整して待ちたいです。


出井

ホームランを浴びましたが、スライダーで三振も奪っています。

今季は先発に中継ぎに、投手不足のファームを助けてくれました。育成3年目での支配下入りは叶わなかったため、一度契約は終わりますが、再雇用があるのかどうか、今後の道も含めて注目です。





【野手】

Screenshot_20221002-161505~2


西川、山野辺、コドラド選手が3安打です。

西川、山野辺選手は好調です。これからフェニックスリーグに回ると思いますが、来季に向けてレベルアップしたいです。


コドラド選手は、今季パワーは証明出来ましたので、後はコンタクトを良くしもう少し率を上げたいです。日本野球を今季経験しましたので、来季が勝負です。ここで適応して支配下を掴むか、未完の大砲で終わるのか、オフもしっかりトレーニングしたいです。








イースタンは全日程が終了しました。




47勝58敗6分の5位(全7チーム)

今年はコロナで、全球団の試合数もだいぶ違いますが、最下位からは抜け出せました。

予算不足もありますが編成がケチった事で、投手不足という大きなハンデを背負いながらの戦いでしたが、3年連続最下位回避は一安心です。

ただ、次世代を担う野手の育成が遅れています。2020年の野手偏重ドラフトで獲得した選手たちが、伸び悩んでいます。また、昨年同様に守備のミスも多く、ここも改善必須の課題です。

さらに、今季は行方不明者も多かったです。

1軍クラスの選手なら戦略的な意味合いもあるかも知れませんが、ファームの選手たちの怪我の情報がなく、突然手術したとリリースされるので、ファームの行方不明者に関しては、ファンにも情報を出してもらいたいです。

昔と違い、今はファームの球場、施設も整備されてきていますし、興行的な側面も重視してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

↑このページのトップヘ