埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ


育成の水上由伸投手が支配下契約となりました。






イースタンでは、育成選手の中で結果を出しているのは赤上投手や、先発に中継ぎにフル回転の大窪投手なので、意外ではありますが、水上投手は支配下を勝ち取りました。


おめでとうございます。



いよいよここからがスタートです。



水上投手は、140後半のストレートと、カット中心の投手です。



イースタンではここまで、

14.1回 被安打16 被本塁打3

防御率6.91  三振11  四球3 



あまり良い結果ではありませんが、四球が少ない投手です。


赤上投手のような空振りの取れるストレートや、大窪投手のような緩急を使った投球というような、


特徴がないのが不安ではありますが、まとまった投手ではあります。


水上投手といえば、これという決め球が欲しいですので、ここからレベルアップしていって欲しいですね。




長野県宮田村という小さな村出身の投手です。

地元は盛り上がっていると思いますので、期待に応えられるような活躍を期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク



相次ぐ主力の怪我により、駒不足に陥った野手陣ですが、徐々に戻ってきました。

ただ、駒が増えても得点力不足が解消されていないのが、現在のライオンズ打線です。




山賊打線と言われていた頃のライオンズ打線は、上位がチャンスメイクして森、山川、外崎で決める基本の形に加えて、下位にも栗山、中村、スパンジーがいる事で、クリーンナップの二段構えが出来ており、下位打線の得点力の高さも売りでした。



昨年は、チャンスメイク出来る秋山が抜けた事に加えて、主力の成績も軒並みダウンした事で、得点力の低下を招きました。



今季も今の所、昨季同様に得点力の低さに苦しんでいます。



打順を組み替えても、主力が打たなければ得点力の改善にはなりませんが、


明日からのロッテ戦では、そろそろ森、山川中心の打線に戻すのではないかと思います。




希望としては、

1若林(中)
2源田(遊)
3森(捕)
4山川(一)
5栗山(左)
6中村(三)
7愛斗(右)
8スパンジー(指)
9山田(二)



スパンジーの守備は怖いので、本当は指名打者が良いのですが、栗山、中村は無理させられないので、昨年同様に2人で指名打者を回す形にし、スパンジーはサード、レフトを併用になります。


セカンドは山田と呉を併用する形になると思いますが、9番打者なら山田でも良いと思います。


若林が1番として機能しなくなれば、四球も選べる呉をセカンドにして上位に持ってきたいです。


森、山川を打線の中心に添え、チャンスを回す形を作りたいです。



ロッテ戦は相性が良いので、何とか打線浮上のきっかけを掴みたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク

現在ライオンズは、借金2です。


今年のパ・リーグは混戦のため、まだまだこれから行ける位置にはいます。


ライオンズは、打線と中継ぎが強みでしたが、打線は怪我人が出たとはいえ、主力選手がまだ本調子ではありません。



中継ぎも勝ちパの増田が離脱、森脇がまだ状態が上がっていない事もあり苦戦しています。



また、ライオンズは先発を5回で代えることも多いため、勝ちパの前を担う投手も重要です。その役目を担って欲しかった、宮川、田村、佐野は2軍にいます。

先発に転向した、平井の後釜を埋めきれていない状態です。





一方、弱みだった先発は高橋光成が軸として確立し、平井や今井も成長し、ある程度目処が立っています。


現状は、高橋光成、松本、平井が表ローテ。裏ローテは、今井を一回飛ばしたので、カード頭に今井、ダーモディ、ニールで回すことになりそうです。



ただ、ダーモディ、ニールは5、6回までの中継ぎありきの投手なので、中継ぎ負担を考えれば、どちらかは日曜日に回したいです。




個人的には、タラレバですが、



ダーモディが中継ぎなら、ストレートの球速が上がるのであれば、チェンジアップとのコンビネーションもより効果的になるので、勝ちパの前を任せる投手にしたいです。


制球の良い投手ですが、先発だと抑えて投げているのであれば、現状それでもイニング消化がそれ程出来ていないので、中継ぎの方が起用の幅は広がりそうです。




先発の6人目は、與座や内海、本田といった2軍で好調な先発投手や、育成込みで上間、今は中継ぎですがイニングを稼げる十亀や榎田を持ってきたいです。


ただ、計画的に運用する事が前提ですが。




ローテーションとしては、


【表】高橋光成、松本、ニール
【裏】平井、今井、6人目


で回せると、中継ぎも厚みが出ますし、イースタンで活躍している状態の良い投手の起用も出来ると思います。



現状通りダーモディを先発として使うのであれば、ロングも行ける第2先発の役割を担える投手を、ベンチ入りさせておきたいです。



出来れば、その役割候補である與座、榎田はイースタンでもロングの起用をして慣らしておきたいです。



ソフトバンクや楽天と比べて、戦力層の薄いライオンズが優勝するためには、既存の戦力を目一杯使う方法を考え、挑んでもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク

↑このページのトップヘ