埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2020年の西武ライオンズ対楽天の総括です。


2020年の対楽天の対戦成績は以下の通りです。
※( )内は2019年の対戦成績

12勝10敗2分け(11勝14敗)


チーム打率.265(.237)


チーム防御率4.75(5.08)



でした。

ライオンズの意地を見せた今季の楽天戦でした。 



今季苦しんだライオンズですが、対楽天戦は昨年よりも勝敗、打率、防御率と上回る結果です。


楽天ライオンズと言われる程に選手を取られた挙げ句、昨年は勝ち越されファンとしては嫌な気分になりましたが、今年は勝ち越してくれましたね。


ただ、クライマックス争い佳境の最後のビジター2連戦で勝てなかったことで喜びは薄いです。

個人的にはクライマックス争い最中で行われた渡辺直人の引退試合は、気持ち的には今季ワースト試合なので、悔しさの方が大きいです。


個人別に見ると、

金子.328

スパンジー.365

メヒア.298


と、よく打ちました。

メヒアは11本のホームランの内、6本が楽天戦です。




楽天の主な先発投手のライオンズ戦の成績は、

岸5.56

則本4.71

涌井2.61

塩見6.49

瀧中5.51



比較的よく打ちましたね。


どこの球団にもいるライオンズ専用機ですが、

昨年ライオンズ戦3勝をあげた福井は、2.84→7.36


と今季は攻略しました。


昨年ライオンズ戦2勝をあげた石橋は、今年はライオンズ戦1試合のみの登板でしたが1.80と抑えられました。


楽天戦では、対策が取れていたのか打線低調の中でも結果を出せました。



対楽天戦のライオンズ投手陣ですが、

高橋6.27

松本3.14

ニール6.75

今井10.13

浜屋7.24

ノリン3.86



今井はあの楽天戦大炎上がありましたが、それ以前から相性はよくなかったですね。

今井に賭けたのかもしれませんが、危険なギャンブルでしたし失敗もしました。

他の投手も比較的打たれました。


主な楽天打者の対ライオンズですが、

茂木.433

鈴木.340

島内.305


と左打者によく打たれました。

この結果を見ると勝ち越したのが嘘のようですが、今年はキーマンを抑えることが出来ました。

浅村.233

ロメロ.224


チャンスを作っても、浅村、ロメロと抑えたことで致命傷にならなかったのが大きかったです。

特に浅村は、2019年は.303、ホームラン11本とよく打たれましたが、今季は.233、ホームラン6本と抑えました。



ライオンズファンの溜飲を下げられましたね。

浅村には打たれたくないですし、バッテリー、スコアラー、首脳陣と、

ライオンズの意地を見せつけました。



浅村も今年の結果は分かっていますし、来季は対策をとってくると思いますが、今季同様当てるくらいのインコースを意識させて勝負したいです。


森も浅村に遠慮せずに、ライオンズ投手陣のコントロールなら浅村に被さって構えるくらいでちょうどいいので、厳しく攻めて欲しいです。

勝負に行って当てても浅村は怒りませんよ。





今季の楽天戦は、

勝負を決めるバッターを抑えられたのが勝ち越しに繋がりました。


ただ左打者に打たれすぎたので対策は必要です。

来季は楽天ライオンズにした元凶の石井一久が監督になりました。


直接叩くチャンスです。


今年以上に気合を入れて楽天戦に望みたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク


ライオンズの中継ぎ投手である小川が肘の手術をしたそうです。



左肘鏡視下関節形成術との事なので野球肘と言われるものですね。


肘関節の骨に棘の様な出っ張りが出来たり、それが剥がれて関節内をウロウロしてるため、普段は平気ですが投げるときに痛みが出ます。


野球選手によくある疾患です。



なので、骨の棘の様なものをノミで削ったり、剥がれたものを関節から取り除いたりして関節の動きを良くするための手術です。


小さい穴をあけて行う手術なので早期復帰が可能と言われてます。


全治未定とあるので詳細は分かりませんが、その手術なら早期からリハビリ出来るので2〜3ヶ月で復帰出来ると思います。


ただ、貴重な中継ぎ投手ですし無理せずに夏前くらいに1軍に来てくれれば良いと思います。


先発が早期降板するライオンズなので、5、6回を投げてた宮川や小川は貴重な存在です。


来季は増田がいません。

平井の使い方も考えなくてはいけません。

ギャレットも今の段階では後ろで使えるか分かりません。




そうなると宮川はもう少し後ろに回るかもしれないため、5、6回を投げる投手が足りないです。




現状は田村に期待したいですが、

2軍の佐野や斎藤はもう少し危機感を持ってオフはトレーニングして欲しいですね。






ももクロとコラボイベントを行うそうです。


野球開催日以外にもお客さんが来ることで西武グループが潤うのであればどんどんやって欲しいです。

ももクロさんはメットライフドームでライブもやってくださるので助かってます。




野球開催日もライオンズは色々コラボやってます。

アニメとのコラボもライオンズは積極的ですね。

来季は鬼滅の刃コラボをどの球団もやりそうです。



ライオンズの営業さんたちは観客動員を増やすためにいつも頑張ってます。

来年はたくさん球場に足を運びましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



スポンサードリンク

2020年の西武ライオンズ対日ハムの総括です。



2020年の対日ハムの対戦成績は以下の通りです。
※( )内は2019年の対戦成績

10勝14敗(14勝11敗)


チーム打率.234(.268)


チーム防御率4.93(5.05)



でした。

オリックス同様に貯金カードでしたが今年は負け越しました。



最後のホームでの3連戦で3タテしましたが、その頃日ハムは育成モードだったので、もし日ハムとクライマックス争いしてたらもっと負け越していてもおかしくない今季でした。


主な選手の打撃成績では、

源田.284

栗山.284



とそこそこ。

山川、中村、金子、スパンジーはシーズン打率並み。


外崎.217

森.231

メヒア.167



は打てなかったという結果です。


日ハムの主な先発投手のライオンズ戦の成績は、

上沢4.01

有原5.21

杉浦2.42

バーヘイゲン3.42


どこの球団にもいるライオンズ専用機が日ハムは杉浦ですが、今年はシーズン成績も3.13と好調でした。


防御率的には、ライオンズは今年は打線低調でしたが、全く打ててないという訳ではありません。

むしろ今年は日ハム打線によく打たれました。


近藤.431

渡邉.333

西川.329

大田.278

中田.272


主軸に軒並み打たれましたね。

対ライオンズのチーム打率も.272(シーズンチーム打率.249)と今年の日ハム打線はライオンズ戦でよく打ちました。



ライオンズの先発投手陣も対日ハム戦は、

高橋6.23

松本3.12

ニール4.81

浜屋7.45 榎田7.00 與座6.75

本田5.59 伊藤5.87


と松本は良かったのですが、他が書いているのが嫌になるくらい奮いませんでした。


今年はたくさんの先発投手が投げましたが、相性の良い投手は出ずに同じ様な結果になりましたね。

ライオンズも各球団に専用機を作りたいです。





今年の日ハム戦は、

よく打たれたという結果です。


日ハムもライオンズ同様に流出の多いチームです。
西川や有原の去就もあります。

ライオンズファンはよく知ってると思いますが、主力が抜けると良くも悪くも変化が起こりますので、今季の結果がそのまま来季もとはならないと思います。

流石に近藤には打たれ過ぎなので対策は必要ですが、打者は打てない投手陣ではないので来季はやってくれると信じましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク

↑このページのトップヘ