埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

辻監督が、後藤オーナーにシーズン終了報告を行いました。







コロナ禍により観光事業が奮わず、西武グループは大赤字と暗い話題の多い中、明るい報告をしたかったですが、最下位という残念な報告となりました。




ただ、辻監督は若手が今シーズン経験出来た事をプラスと考え、来季は有力な新人や新外国人が加わり優勝を目指すと話しました。




日本はコロナ感染者が一旦落ち着き、ワクチン接種も多くの方がしています。GoToも再開しますし、来季は球場にも上限なしで観客を入れられる見込みです。



来季は、西武グループの経営好転と共に、ライオンズも優勝をしたいです。






チームは現在、秋季練習中です。



辻監督は松井稼頭央ヘッドに練習メニューも一任していると話しました。



それぞれのスペシャリストが適切なメニューを考えて、それを松井稼頭央ヘッドが取りまとめ、相談を受けた辻監督が決断する流れは良いと思います。




自分勝手にバラバラでは駄目ですが、辻監督に報連相をしている様なので、共通の目的意識を持って、コーチも主体的に考え動くことは大事です。




後藤オーナーも辻監督はコーチ経験もあるから、コーチの気持ちも分かるし、指導者の育成も大切と話されました。





気になるのは、




後藤オーナーから、「例えば監督とかの教育指導もやってもらいたい」と発言があった事です。



辻監督を高く評価しての発言ですが、ライオンズファンとしては、


やはり松井稼頭央次期監督は既定路線なんだと再確認出来ました。



オーナーお墨付きの既定路線なら、変えることは難しいので、変えることを考えるよりも、松井稼頭央ヘッドに少しでも監督としてのノウハウを学んでもらった方が良いです。




松井稼頭央ヘッドは、今季までファームの監督をしていましたが、2年連続最下位と言う不名誉な結果を出してしまいました。




育成主体のファームと、勝つための1軍とは違うとはいえ、不安はあります。




実績のある辻監督の立ち振る舞いや考え方、選手の目利きを学んで、監督になった時に役立たせるようにしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

日ハムがFA権を持つ、西川選手、大田選手、秋吉投手をノンテンダーとしました。







ノンテンダーとは、主にメジャーで使われる用語で、契約がコストに見合わなくなった時に市場に放出する事をだそうです。




ノンテンダーは聞き慣れない用語ですが、聞き慣れてる用語で言えば自由契約扱いとなります。


自由契約扱いなのでFA持ちではありますが、補償せずに獲得する事が出来ます。また、交渉次第ではダウン提示でも獲得可能となります。





日ハムはGM、監督共に変わり、新政権となりますが、こういうタイミングで主力だった選手の放出はあり得ることです。



日ハムとしては、おそらく大幅ダウン予定の選手だったため、このような手法を取ったとも思われます。



日ハムらしい思い切った判断です。







3選手の今季の推定年俸ですが、



西川 24000万円


大田 13000万円


秋吉 5000万円




西川選手は今季130試合に出場しましたが、大田選手は76試合、秋吉投手は10試合にとどまりました。




西川選手は、打率.233、出塁率.362、OPS.680と、ライオンズの外野手達と比べると良い成績ではあります。ただ、日ハムであれば、今での貢献度も年俸に含まれていると思いますが、移籍となれば年俸に見合った成績ではないです。

まだ主力クラスの選手ですが、高額なので巨人辺りが候補ですかね。





大田選手も西川選手と同様に、今季の打率.204、OPS.555だと年俸に見合った成績ではないです。魅力のある選手ですが、既存の外野手と同程度の年俸なら良いですが、少し高いです。

打線強化をしたい中日辺りは候補になりそうです。





秋吉投手は今季は10試合の登板にとどまりました。年俸的には声をかけるとしたら秋吉投手だとは思います。ただ、怪我がなければ良いとは思いますが、ライオンズは榎田、小川とまだ戦力の2人をコストカットしたので、厳しいと思います。





ライオンズは投手と外野が弱点ではありますが、他球団からの誘いもあるでしょうし、基本はダウンでしょうけども、ライオンズ的にはそれでも高い年俸を提示する球団も出てくると思います。


そうなると、全員年俸的に厳しいです。


自由に声をかけられる状況とはなりますが、結局はFA同様に金銭的に有利な球団が持っていく事になりそうです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク

アストロズに所属しているテイラー・ジョーンズ選手を、ライオンズが獲得調査との報道です。


Screenshot_20211116-073649~2


201cm104kgの大型スラッガーです。


体の割にコンタクトに優れ、打球速度も速い、打撃特化型の選手でもあります。




ポジションは、1、3塁とレフトを守れますが、メインは1塁です。3塁はエラーも多いので、おそらくライオンズではないと思います。


27歳と若く、メジャーでもこれからの選手でしたが、化ければかなり面白い選手です。







今季はメジャーで35試合.245 2本塁打でしたが、3Aでは優れた結果を残しています。



今季在籍したスパンジー、獲得報道のあったオグレイディと直近の3A成績を比べると、




スパンジー

113試合.309 14HR OPS.876 三振率32%


オグレイディ

74試合.281 15HR  OPS.913 三振率25.8%


ジョーンズ

48試合.331 10HR OPS1.009 三振率20.3%

さらにジョーンズは、出塁率.425、四球率14.6%と選球眼も良く出塁も出来、長打率.584と長打も打てる選手です。


オグレイディは外野を守れるスパンジーと言った成績ですが、ジョーンズは守備はイマイチですが、打撃特化の選手です。



日本野球にフィットするかが問題になりますが、やってみないと分からない部分は多いです。




体の割に、典型的なパワーヒッターではないのは気になるところですが、

ただ、指標的には振り回す打者ではないので、期待出来ると思います。




逆に打てないと使い所のない選手なので、適応してもらいたいです。








まだ仮ですが、ライオンズ待望の打てる外国人選手です。

今季は3Aで1塁22試合と最も多く守っていますので、山川のライバルになります。




ただ、ライオンズは山川をベンチに置いておくほどの余裕はないので、指名打者や今季10試合守ったレフトが候補に上がります。サードも16試合守っていますが、6失策とエラーも多いので、指名打者が基本になりそうです。




外国人選手は使わないといけないので、無理なフォーメーションもあるかも知れませんが、守備に関しては辻監督の目利きがあるので、その判断を信じたいです。








コンタクトに優れた大砲の獲得となれば、打線の強化に繋がります。

オグレイディと合わせて、外国人野手2人体制は良い判断だと思います。



後は投手です。先発か中継ぎかは平良の先発転向があるかないかによりますが、出来れば3人は欲しいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

↑このページのトップヘ