埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

2020年の西武ライオンズは勝率5割の3位でした。



中盤まではBクラス確定かと思われましたが、終盤の攻勢で一気にクライマックス争いまで来ましたが、最後はロッテに敗れて3位となりました。

辻監督は就任してから、2位、1位、1位、3位と結果だけを見れば名将です。


暗黒期のライオンズを引き継ぎ、さらに毎年主力が抜ける中でのこの結果は十分過ぎる結果です。


が、他球団ファンからしたら贅沢な悩みだと思いますが、物足りなさを感じる方も多いです。


原因は、

今年のロッテとのクライマックス争いや、昨年、一昨年のクライマックスでの敗退など短期決戦での勝負弱さだと思います。




ソフトバンク工藤監督はシーズンは大したことないですが、短期決戦だと勝負手が決まりまくります。



逆に辻監督は頑なにいつも通りの采配で負けています。


工藤監督が良いと言う訳ではなく、辻監督の方が良いですが、やはり辻監督も監督としてさらに成長して引き出しを増やしてもらいたいです。


辻監督の課題は、選手マネジメントです。



黄金期脳の辻監督は固定したがりますが、今季、多分来季もそれは難しい陣容です。

また、正々堂々と真っ向勝負をするほど余裕のあるチームではありません。


打線は固定打順に選手任せの攻撃で、同じ投手にやられる場面を今シーズン何度も見ましたね。


過去のクライマックスでもいつも通りの選手任せ打線でしたし、課題の投手陣もいつも通りの運用で負けました。

調子や相性によって柔軟に起用することと、作戦をたて選手にケースバッティングを徹底させることが必要です。



相手の嫌がることを徹底的にやることも必要です。

どんなに良いバッターでも7割はアウトです。そのアウトをどう使うのかが重要です。



特に金子、木村、源田はアウトになるにしても自由に打たせてポップフライではなく、進塁打を打つように徹底させたいです。





選手層の薄いライオンズなので、クライマックスの時には大抵満身創痍の状態です。

しかし、その選手層の薄さをカバーする選手起用も出来ていません。



2020年西武ライオンズ総括打者編でも書きましたが、

既存戦力を最大化させれば選手層の薄さを補えます。



打者だけでなく、投手も同じです。



2軍の選手は良い時に1軍で使う事が必要です。


今年は榎田や十亀なんかは良い時に2軍でしたし、1軍にあげても中継ぎ待機なんて事もありました。


辻監督には選手マネジメントをもっと上手くなってもらいたいです。





西武球団は松井稼頭央を監督にしたがっています。



采配批判はしますが、ライオンズファンとして辛かった伊原、田辺政権の暗黒期を変えてくれた辻監督には感謝してます。

辻監督にはこのまま監督をしてもらいたいです。



それに、内部調整で人事を行うライオンズが落合監督とか栗山監督とか大物を引っ張って来れる可能性はありません。

松井稼頭央以外なら多分潮崎を選ぶと思われます。




常に結果を出し続けないと代えられてしまう辻監督は大変ですが、

監督として自らも成長してもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク



楽天の来季監督はGMの石井一久が監督になるそうです。


最終手段で来ましたね。


平石を首にして子飼いの三木を監督にするも成績が落ち責任問題になりましたが、三木は複数年なので首には出来ないし、2軍監督に降格させたら新監督も選手もやりづらいだろうということで、監督より格上のGMである石井が監督をやることになったのでしょう。


これで結果が出なければ流石に石井も首でしょう。


楽天は嫌いですが、話題性の面では面白いですね。

来季は今以上に楽天には勝ちたくなりますね。


面白くなってきました。

来季が待ち遠しいです。





ただ采配は未知数ですが、舐めてかからない方が良いです。



楽天はオーナーのワンマン球団なので、実際GMの石井にどこまでの権限があるのか分かりませんが、

選手からしたら自分の契約を決める責任者に直接アピール出来るのでモチベーションは高まるでしょう。


来季、試合で活躍しなくてもベンチで盛り上げ役をやる楽天の選手がいたらその選手は絶対契約を意識してる選手です。



注目しましょう。




石井が監督をやるとなると、

元ライオンズ勢は張り切りそうですね。


特に涌井、岸、牧田はライオンズ時代から石井組でしたので、監督のためにと頑張るでしょう。




岸なんかはすぐにどこかしら痛くなる選手ですが、来季は無理してやろうとするかもしれませんね。


元ライオンズ勢が張り切ることで、楽天生え抜き組と溝が出来て内部崩壊してくれたら楽なのですが。。。

石井は無駄にコミュ力高いのでどうでしょうか。


私は1軍の首脳陣には分析力とコミュニケーション能力が必要だと思ってます。



石井にはコミュニケーション能力があります。

もし分析力に長けたコーチが入閣すると非常に厄介ですね。



しかし、

今後、楽天ライオンズを加速させないためにも来季は絶対楽天に大幅に勝ち越して、楽天ライオンズにした元凶の石井に引導を渡しましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク


投手陣が課題と言われてる中、

今年のライオンズの強みは中継ぎ投手陣でした。



勝ちパの防御率は、

森脇1.35

平良1.87

増田2.02

増田はセーブ王のタイトルを取りました。



その他にもルーキー宮川は制球を乱すこともありますが、マウンド度胸がありピンチで登板することが多かったので、この経験を来季に活かしてもらいたいです。

増田を見ても分かるように、中継ぎ投手はスペシャリストです。



ストレートの質と得意のパワーカーブを磨いて欲しいです。


ギャレットはシーズン序盤は無双してましたが、中盤からスピードは出ますが打たれる事が増えました。

球種が読まれてるような事もありましたね。

豊田コーチともう一度復活出来るように練習してもらいたいです。


平井は先発や中継ぎと難しい使われ方をしましたが、対左が課題のままです。

起用法も含めて考える必要があります。



しかし、思い起こせば、2軍で無双、1軍で炎上を繰り返す1.5軍レベルの中継ぎ投手陣。通称、【俺たち】を要していた数年前のライオンズがこんなにも中継ぎ投手を頼りにする時が来たことが嬉しいですね。








ただ課題もあります。

増田は来季いません。


ギャレットは残留濃厚らしいですが、森脇が来季もこのパフォーマンスが出来るのか、平井の起用法をどうするかなどあります。


増田不在に加えて先発陣が来季も苦しいと思われるので、今年は宮川、ギャレットが担ってきた5、6回を投げる投手がもう1人~2人必要です。


タフな田村辺りがここに入ってくると来季も頼れる中継ぎ陣になれます。


来季の希望の陣容はまた書きたいと思います。


今シーズン中継ぎ陣は、

本当に頑張りました。



お疲れ様でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




スポンサードリンク

↑このページのトップヘ