埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

予定通りイースタンで本塁打王、打点王と2冠を獲得した渡部健人選手です。






体の中を変えていこうと思うとコメントしていますが、体重を維持したまま筋肉量を増やしたとの事です。



体重の重い選手は、膝や腰に負担がかかります。しっかりトレーニングする事で、怪我の予防にもなりますので、いい事だと思います。



筋肉に関しては、どこを鍛えれば良いかは正解がありますので、専門家に聞きながら継続的に鍛えてもらいたいです。






また、中田モデル、茂木モデルと来て、今度は中村モデルのバットを使うそうです。



色々と試している段階です。


バットもフォームも自分の形が出来てからが勝負になります。



早く自分の形を作ってもらいたいですが、今季の成績的にはもう少し時間がかかりそうです。



今季は1軍デビューを果たし、ホームランも打ちましたが、16打数1安打と実力ではなくお試しでの1軍デビューとなりました。




イースタンでは90試合に出場し、


Screenshot_20211113-190320~2

本塁打、打点の2冠を獲得しました。

素材型のドラ1と言う事もあり、入団が決まったときから、今季はイースタンで本塁打王をと期待するファンも多かったですが、予定通り取れたのは素晴らしいです。




しかし、



OPS.772、長打率.466、三振率29.9%と、2冠とは言え数字は伸びず、不調の時期も長く課題の多さも露呈しました。


期待の高さから、山川と比べられる事が多い選手ですが、山川の1年目のイースタンはOPSが1.000を超えていましたので、まだ比べるまでには至らずといった1年目でした。

1軍では、ソフトバンク和田のストレートにクルクルでしたが、イースタンでも2軍クラスの投手のストレートを捉えられていません。また、落ちる球への対応もまだまだです。



少なくとも、速いストレートへの対応が出来なければ1軍は厳しいです。


また、三振率の高さからも、バットに捉える確実性が低くミスショットや三振も多いです。




ドラ1とは言え素材型のルーキーですし、大砲タイプの打者なので、好不調の波の大きさは想定内でしたが、シーズン後半の不調の時期が想定外に長かったです。



不調の時期を短くし、長打力を維持したまま確実性を上げることが来季の課題です。




個人的には今の段階では、来季1軍戦力として計算するのはまだ早いと思います。


今季のイースタンでは、渡部よりもブランドンの方が、長打力を維持したまま確実性を上げる成長を見せています。


現状はブランドン優勢ですが、秋季練習、自主トレ、キャンプと成長の機会は残っています。



まだ1軍戦力として計算するのは早いとは言え、ホームランアーティストとしての才能はある、期待の持てる選手です。



来季は2軍スタートだったとしても、OPS1.000に近い圧倒的な成績を維持して、6月くらいに1軍戦力になれれば理想的です。



今季はドラ1と言う事もあり、成績関係なく1軍に呼んでくれましたが、来季は圧倒的は成績を残して1軍に昇格してもらいたいです。



今季覚醒したオリックス杉本のように、ホームランを打てる選手の登場は、チームの得点力を向上させてくれます。


ライオンズの未来のためにも、渡部選手には大きな期待をしています。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

ファームでは、来季期待の若手筆頭とも言える活躍を見せた、ブランドン選手です。

Screenshot_20211113-135431~2



ブランドン選手の魅力は長打力です。

オープン戦からシーズン序盤は、三振かホームランかの、荒削りのロマン砲でしたが、ファームで腕を磨き、ライオンズの若手の中ではトップクラスの打撃を見せるようになりました。




今季のイースタンの成績は、


Screenshot_20211113-135020~3


OPS.842、長打率.481、三振率14.5%と、長打力を維持したまま確実性を高め、三振率を減らしました。


中村剛也の守るサードの後継者として、ドラ1渡部選手を取りましたが、現時点ではブランドン選手が優勢です。







1軍では32試合に出場し、


Screenshot_20211113-135020~2

OPS.697、長打率.444、三振率25%でした。


1軍クラス相手だと、まだまだ確実性はありませんが、長打力は見せられています。



今季は何度か1軍昇格しましたが、その度に1軍の壁に阻まれました。


しかし、シーズン後半に1軍に昇格してからは、オリックス宮城からホームランを打ったり、全て長打の猛打賞を記録するなど、来季に向けてアピールしました。





10月の1軍成績は、


9試合 OPS.933 長打率.600

と、来季に向けてポジれる成績でした。






ここ数年、中村剛也の後継者は急務ではありますが、今季も規定打席に到達するなどまだまだ中村はやってくれています。



ただ、休ませたり、指名打者を併用しながら使えるのが理想です。ブランドンには、打線の迫力を落とさずにその穴を埋められる存在となってもらいたいです。





オープン戦の時と比べると、著しく打撃が成長しました。

ホームランを打てる選手ですが、中村や渡部の様な大砲タイプと言うよりも、中距離バッターです。



まだまだ伸びる選手だと思いますので、中島や浅村のようなバッターになれるように、オフもしっかりトレーニングをしてレベルアップしてもらいたいです。



来季は開幕から1軍で活躍出来るように、アピールを続けたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

ライオンズコレクターでもある楽天が、FA補強から育成に舵を切ったとの報道です。






楽天の監督は、若い選手が場数を踏めたことで、FA補強から育成するフェーズにチームは入ったとコメントしています。



真に受ければ、森、外崎、源田、山川と主力のFAが近いライオンズにとっては、これ以上楽天ライオンズ化を見なくて済みますが、



おそらく今季は欲しい選手がいなかった、若しくは事前交渉が上手く行かなかっただけだと思われます。




欲しい選手がFAになれば、やっぱり必要なフェーズになったとか言うと思います。






個人的には、適切なFA補強は、若手の育成を阻害するものにはならないと思っています。


適切なFA補強とは、既存の選手では埋められていない弱点を埋める補強であり、駒不足ではなく能力不足のための補強です。



例えばライオンズなら、3つ全てのポジションが空いている外野手です。



育成は、スカウティングや指導者、施設面などの環境面も大事ですが、選手たちの競争があってこそ成長に繋がります。



ここ数年のライオンズの外野手を見ても、空いているポジションを若手に差し出すのは、選手の成長に繋がらないです。



確かに、FAで補強すれば若手の出番は減りますが、打てない選手を使い続けるのと、打てるFA選手を使うのなら、優勝を目指すチームなら後者です。


FA選手よりも大きく育つ可能性がある若手がいるなら話は変わりますが、その辺の見極めは難しいです。




ライオンズでいえば、木村、金子を外野で使い続けてきましたが、もし資金力があり糸井や丸をFAで取ってたら、おそらく木村、金子よりも打っていたと思います。




また、楽天のように、ポジション被りも気にせずに乱獲していたら、若手に蓋ををするだけとなりますが、一時期のソフトバンクのように、小久保や松中など主力が高齢化する中、打線の軸にもなる内川を獲得した事で、次の世代が育つまでは内川に頼れる事となり、優勝争いをしながらも、余裕を持って将来の軸となる柳田を育てるというような事も出来ます。




ライオンズにとってFAは出ていくものではありますが、資金的な余裕があれば、適切な補強はしたいものです。





ただ、今季はどこの企業も厳しいですが、西武グループは大赤字です。ちなみに楽天もです。



楽天はこういう経営状況もあり、FAには消極的になったのかも知れませんね。



ライオンズファンとしては、FAに関しては楽天に良い思いをしていませんので、被害的になってしまいますが、



森、外崎、山川、源田がFAになった時は、やっぱり補強と、楽天側が言うと思っていた方が良いと思います。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

↑このページのトップヘ