埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

本日は2/1と言うことで、11球団がキャンプインの球春到来となります。





ご存知のようにライオンズのみ、2/6からキャンプインのため、まだ所沢で自主トレの延長です。



設備面では問題ないですので、しっかりトレーニングは継続し、キャンプインしたらすぐにでも実戦に入れる身体に仕上げておきたいです。



もう紅白戦をやっているチームがあるのを見ると不安にもなりますが、今更焦っても仕方ないので、今出来ることを順を追ってやっていきたいです。







松井監督は、キャンプインが遅れる事に対してどうなるかは分からないと言いつつも、最近の選手は自主的にトレーニング出来ていると話しています。



主力やベテランなら自分で逆算して身体は仕上げて来ると思いますので、後は実戦勘を戻したいです。




ただ、若手に関しては個人トレーニングは自分でも出来ますが、組織プレイの習熟や目指すべき方向性など自主トレでは出来ない面をやる時間を、キャンプでしっかり取りたかったです。




キャンプインまでの間でもフォローは出来ますので、首脳陣は特に若手選手には今から指導をしておきたいです。




昨年も若手の判断ミスが目立ちましたし、松井監督は隙のない野球をしたいと言うからには、野球脳の部分も向上させなければならないため、期間は短いですがその辺もしっかり習熟させたいです。











自主トレを終え、たくましくなった選手もいます。





山川選手とトレーニングを行った西川選手も、身体が大きくなりましたし、高橋・平良投手とトレーニングした渡邉投手も大きな身体となりました。



20230131_154852



渡邉投手は、高橋投手にも引けを取らない身体となりました。その身体を活かした投球を見せたいです。





師匠である内海コーチも見守る中、ブルペン投球も行っています。





対左打者になるとアウトハイに抜ける悪癖をどこまで改善出来ましたでしょうか。



また、身体を大きくしたことで、球速も常時150キロくらい出せるくらいレベルアップしたでしょうか。



制球が課題ではありますが、出力面でもまだまだ物足りない投手ですので、成長した姿をキャンプで見せてもらいたいです。




浦和学院高校の時は大谷2世とも言われてましたが、ポテンシャル、体格の良さを活かせるか注目です。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














スポンサードリンク

新外国人マキノン選手は、自主トレを終えいよいよ日本へと旅立ちます。





野手はマキノン、ペイトン選手と獲得しましたが、1塁が本職のマキノン選手は指名打者での起用が想定されますので、とにかく打てなければ使えません。




昨季3Aでは三振が少なく四球を選べ、長打も打てる中距離砲として好成績を残しメジャー昇格を果たした伸び盛りの選手ですので、日本で開花してもらいたいです。




まだどんな性格の選手なのか分かりませんが、おちゃめな所もある選手です。





あまり性格に難のある外国人選手をライオンズは取りませんので大丈夫だと思いますが、日本で通用するためには日本野球を学ぶ姿勢も大切です。



まずは、チームに打ち解けられるようにコミュニケーションも積極的に取りたいです。










今季は、マキノン、ペイトン、ティノコ選手と新外国人選手3人獲得しました。






新外国人選手は蓋を開けてみないと分からない部分が大きいのですが、今季は久しぶりにキャンプ初日から合流ができる見込みです。





FA流出はあっても補強のないライオンズとしては、既存戦力の底上げと共に外国人の活躍が必須のチームです。そのため、その外国人選手をキャンプから見ることが出来るのは非常に大きいです。





キャンプから参加出来れば、チームとしての決まり事やサインプレイなどを習熟出来ますし、野手であればゾーンの確認や日本人投手対策に時間を使ったり、慣れさせる事もシーズン中に合流するよりは出来ます。




また投手であれば、ゾーンやマウンドなど環境の確認と共に、日本で活躍するための新しい変化球をマスターしたり、リードする捕手も強みを知れますので、この辺は豊田コーチ、スコアラー、古賀、柘植捕手は積極的にコミュニケーションを取りたいです。




ティノコ投手は今までも獲得をしてきたパワーピッチのリリーバーですが、マキノン、ペイトン選手は三振が少なく四球を選べる中距離砲と中距離砲の部分は近年同様ですが、コンタクトに関しては今までとは違う新たな試みです。




今季は、多少荒くても長打を打てる外国人ではなく、コンタクトの良い外国人野手を獲得しました。




個人的には、カブレラ、メヒアのような長距離砲の外国人選手が打線に欲しいですが、このコンタクトを重視した新たな試みがどう出るのかも注目です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク

育成1位の野村和輝選手は、フリー打撃で電光掲示板直撃含む6本の柵越えでアピールです。





独立リーグからの育成1位指名です。



年齢的には、滝澤、羽田、黒田、菅井投手と同じ高卒2年目です。



そう考えると、まだまだこれからの選手ではありますが、独立リーグ出身だけあってがむしゃらに取り組んでいます。



投手としても最速150キロを投げる事が出来る二刀流の選手です。ドラフト指名時も投手として掲示されましたが、野手としてプロ入りです。



本人はアピールポイントに長打をあげましたが、大砲候補のサードの選手ですし体格も良いので、さらにビルドアップしてプロ仕様の身体を作りたいです。



プロとして開花するためには、身体を大きくしつつも動きを鈍らせない事が必要です。



二刀流をやっていたくらいですし、身体能力は高いと思いますので、その能力を野球に活かせるようにしたいです。



上手くなるには練習するしかありませんので、泥臭く一生懸命に練習をしたいです。








水上投手の成功で味をしめたライオンズは、最近は育成からの支配下入りを積極的に行っています。



予算的な問題や足りない人数合わせ的な意味合いもありますが。。。



理由はどうあれ、育成選手にとってはチャンスの大きな球団ですので、そのチャンスを掴みたいです。


昨年ほどではありませんが、今季もシーズン途中の緊急外国人補強枠を考慮したとしても支配下枠は空いていますので、育成からの昇格もあると思います。





ライバルとなりそうなのは、ヘレラ投手、豆田投手、菅井投手です。




ヘレラ投手は個人的には、昨年のようなパフォーマンスが今季も出せるのかを確認次第、支配下入りで良いと思います。



ただ、外国人枠の関係もありますしもう少し球速、球種のレベルアップは欲しいので、様子見をしそうではあります。






豆田投手は、とりあえずのリミット育成3年目になりますので、今季は勝負の年です。昨年はルーキーイヤーの頃よりも制球がまとまり炎上することも減りました。元々の武器である空振りの取れる浮き上がるようなストレートは健在ですし、先発として成長を見せました。



ファームでは今井達也投手のような、三振数=四球数という荒れ球ですが、力はある投手ですのでどこまで制球をまとめられるか、そしてウイニングショットとなる変化球を確立出来れば支配下も近い投手です。





菅井投手は、時間がかかるかと思いましたが、思ったよりも早く昨年の後半戦から実戦登板をするようになった高卒2年目の左腕投手です。


フェニックスリーグでも存在感を出しています。


高校時はストレート、スライダーのコンビネーションで奪三振率も高い投手でしたが、相手のレベルも高くないためプロではどうかと思いましたが、プロ入りし球速も伸びてきましたし、登板するたびに好投を見せています。


まだ登板数自体が少ないため、今季のイースタンで実戦経験を積み、その結果どうだったかを見て、良ければ貴重な左腕投手ですし支配下入りもあると思います。


ライオンズには中継ぎ左腕が少ないので、公文投手のように140後半のストレートに切れの良いスライダーで空振りが取れるような投球を見せることが出来れば、左キラーとして需要も高まりますので、成長次第では支配下入りも早期であるかも知れません。




3投手共にファームでアピールしていますし、期待をしたい選手ですが、ライオンズは今季ポジション的には捕手が足りません。


もし捕手に怪我人が出るような事があれば、古市選手しか上げられる育成捕手はいませんので、そういう意味では実は支配下入りに最も近い選手とも言えます。






野村選手としては、先輩にあたる育成選手を追い越して支配下入りを目指さなければなりません。



サードは補強ポイントでもありますので、チャンスはあります。ただ、光るものがないと支配下入りも厳しいです。



昨年はファームでOPS.900を超えた長谷川選手が支配下入りをしましたが、野村選手も打撃面でアピールをしたいです。



高卒2年目ですし年齢的にはまだ焦る年齢ではありませんが、同級生の滝澤選手が支配下入りをしましたし、野村選手も将来の中心選手候補として来年の今頃には支配下入りを待望されるような選手へと成長を見せたいシーズンです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

↑このページのトップヘ