埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

今日からは、メットライフドームで楽天との2連戦です。



楽天は岸、田中で来ると思われます。


対するライオンズは、松本、佐々木で臨みます。



イースタンで調整中の平井が調子はイマイチですが、遠征メンバーに入ってないので、先発として昇格もあるかと思いましたが、

ドラ2左腕の佐々木を先発として抜擢しました。


イースタンでの佐々木は先発もやりましたが、回を追うごとに球速も落ち、制球も乱れるスタミナ不足を露呈しました。



首脳陣も分かってはいると思うので、この日はブルペンデーですね。



楽天の左打者にライオンズはよく打たれているので、左が課題のアンダースローの與座ではなく、左腕の佐々木にしたという所だと思われます。



明後日はブルペンデーになるので、今日の松本は出来るだけ長い回を投げてもらいたいですし、宮川の抜けた中継ぎ補充も必要になります。

イースタン遠征メンバーに入ってはいますが、連投のきく田村を上げて、対処したいです。平井も中継ぎは出来ますが、調子で言えば田村の方が今は良いです。






金曜日からは好調オリックスとの3連戦が待っています。

運が悪い事に、オリックスは山本、宮城が登板する可能性があります。



ただ今週は、

楽天、オリックスといった上位チームと差を縮めるチャンスです。




相手が誰でも打ち勝つしかないので、まずは今日の岸を攻略して勢いをつけたいです。

岸が良い投手なのはよく知っていますが、被弾が多いことも知っています。



連打で攻略するのはなかなか難しいですが、ランナーを貯めてドカンと複数点を取るために、山川に大きな期待をしたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

本日の公示で宮川が抹消されました。



最近は登板のたびに失点していたので、再調整は妥当な判断です。




平良が先発希望している事もあり、来季以降希望を叶えるためには、


外国人の中継ぎ2人に加えて、宮川、森脇が継続的に勝ちパを担える投手に飛躍することが必要でしたが、


今の状態では来季も平良には後ろに居てもらわないとチームとしては厳しいです。




ストレートの力はある投手ですが、パワーカーブ、カットを低めに制球出来るようにならないと、ストレートも活きてこないので、

どのマウンドでも同じパフォーマンスが出せるようにレベルアップしたいです。



投球フォームも含めて、コーチ、スコアラーと再調整期間で修正していきたいです。





代わりに上がる選手ですが、

個人的には、イースタンでストレートが走っている、調子の良い田村が良いと思います。


ただ、明日からのイースタンの遠征メンバーに入っているので、田村の昇格はないかも知れません。


Screenshot_20210621-161722~2




メンバー表を見る限りでは、明後日の試合に、平井を先発させるために枠を空けた可能性があります。




平井はイースタンでは先週先発しましたが、ストレートは140キロを下回り、スライダーのキレもそれ程良くはなかったです。



久しぶりの登板だったということもあると思いますが、1回投げて次はもっと良くなるという判断でしょうか。





野手では好調な鈴木、高木渉も遠征メンバーに入ってますので、入れ替えはなさそうです。



調子の良い選手を積極的に使っていきたいので、残念ではありますが、既存の1軍メンバーに頑張ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

明日からは、首位楽天とメットライフドームで2連戦です。


今季は楽天との相性が悪く、0勝6敗2分と勝ちがありません。




ライオンズは外崎、増田、若林の離脱者に加えて、平井、ダーモディも調整中と、過去シーズンの様に主力を揃えた戦いが出来ていませんが、

現在、首位とは3ゲーム差とまだまだ優勝争いの出来る状況にはいます。




勝ち上がるためには、得意チームから貯金を増やし、苦手チームからの借金を減らす事が必要です。





現在、ライオンズは、

ロッテから3つ、ソフトバンク、日ハムから2つ勝ち越してます。


一方、

オリックスから2つ、楽天からは6つの負け越しです。



対楽天の6の負け越しが、足を大きく引っ張っているので、少しでも減らしたいです。







楽天打線の中心は浅村です。


ライオンズ戦は、打率.357と当たっています。



ライオンズファンの心情的にも抑えてもらいたい打者ですが、

今季の楽天戦でポイントとなる打者は、浅村よりも島内です。



島内はシーズン.257の打者ですが、ライオンズ戦は.385と1割以上打っています。


さらに、

対ライオンズ戦、浅村が打点1に対して、島内は打点13と、ライオンズ戦のポイントとなっています。



浅村を警戒して歩かせ、島内が返すというパターンに持ち込まれないように、スコアラー、コーチと話し合い、対策を取って臨んで欲しいです。





打線はトップバッターの岸の当たりが止まり始めています。


個人的には、代わりを立てるより、源田以降を繰り上げて1番から並ばせた方が良いと思います。


源田、森がチャンスメイクして、山川、呉が返すパターンを作りたいです。



交流戦と比べて、お互い対策を取り合っているチーム同士の対戦なので、簡単には打たせてくれませが、

少ないチャンスを活かすためにも、打順の多く回る上位打線に好調な選手を並ばせたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク

↑このページのトップヘ