埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ


中村、スパンジー不在で激化するサード争いです。





中村の後釜育成は、もう何年もライオンズが抱える課題です。



中村が偉大すぎるばかりに、なかなか若手が伸びてきません。




現状の候補は、

佐藤、山田、ブランドン、山野辺です。




最も後釜に近かった佐藤は、昨年1年間を棒に振り脱落したかに思えましたが、今年スパンジーの入国時期が不透明なため、再びチャンス到来です。



伸び盛りの時期に、1年実戦から離れるというのは、大きなデメリットです。


が、

佐藤の打撃は大きな魅力です。



スイングスピードが速く、右にも打てる打撃センスは、他の若手を上回ります。




球史に名を残す中村みたいになるのは、難しいですので、

佐藤に目指して欲しい完成形は、元日ハムの小谷野です。




執行猶予中なので、球団、首脳陣が佐藤の扱いをどう考えるかですが、A班に合流させて、内野連携やシート打撃など、1軍レベルでの実戦練習をさせたいです。





対するA班の山田、ルーキーのブランドンは、まだアピール不足の様ですね。





山田はうるさ過ぎ、ブランドンはおとなし過ぎで怒られました。



佐藤の実戦感が戻らなければ、山田が有力ですが、辻監督が、声出しの方に目が言ってしまってるので、プレイの方に目を向けてもらえるレベルにならないとですね。



山野辺は、外野挑戦中ですが、辻監督からの内野守備評価は低いので、このまま外野に活路を見出してもらいたいです。



サードの基本は中村、スパンジーとするためには、

レフトの選択肢からスパンジーを外すとこが必要です。




レフトを栗山、山野辺、高木で回せれば、スパンジーをサードだけに集中させられますし、守備力的にもスパンジーの外野は怖いので、チームとしても安定します。




ライオンズは、主力が怪我をしない事が前提のチームです。



ですが、そろそろ中村は厳しくなってきました。



主力が抜けても代わりがいる、戦力層の厚いソフトバンクと戦うためには、佐藤、山田、山野辺、高木と若手の飛躍は絶対条件です。


中村が開幕から出来るのがベストですが、無理でも何とかなると思わせる様な、飛躍ぶりを見せて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク



度々ブログでも触れてますが、私は清原ファンになり、そこからの西武ファンです。


小さすぎてはっきり覚えてないのですが、まだ、山本浩二が現役だった頃の広島との日本シリーズで、清原のファンになったみたいです。



犯罪を犯しましたので、西武ファンの中には、もう清原には関わりたくない方も多いと思いますが、清原ファンとしては触れたいニュースです。








ファンや野球を裏切りましたが、やはり清原には野球しかありません。

指導者の道が開けました。







清原は、野球に関しては超一流でした。



右方向に飛ばす力は、同じライオンズの中島や浅村の比ではありませんでした。


チャンスに強く、ホームランもヒットも打てるバッターでしたね。



やんちゃなイメージがありますが、PLで叩き込まれた上下関係もあり、先輩には礼儀正しく、ライオンズ黄金時代のOBからは今でも、清原に対して好意的な発言が見られます。




後輩にはやんちゃ過ぎるエピソードが多いですが、元日ハム片岡や、元西武石井貴らから、バラエティー番組のネタにもされてましたね。







今は、息子さんの成長を見守ることに、生き甲斐を感じてるようです。


長男さんは、今年から慶應大学野球部に入る予定だそうで、清原は嬉しいでしょうね。







一般的には、犯罪を犯した人が、同じ仕事でやり直したり、こんなに応援される事はありません。



指導者になるには、最短でも2025年とのことで、それまで同じ過ちを犯さなければ、堂々と野球発展のために尽くしてもらいたいです。




覚せい剤は再犯率が高いです。



色々な治療法がありますが、有名なのは、条件反射制御法というもので、以前、治療場面を見させてもらったことがありますが、本人の意思だけではどうにもならない行動を変えるために、人間の反射に働きかける行動療法的な治療です。


パブロフの犬の原理です。


本人の意思だけではどうにもならないという部分が、再犯率の高さを表してます。




予防には、本人の反省と、家族への愛情を意識する事が大事と言われてますが、離婚はしましたが、清原を見捨てなかった息子さん達や元奥様に感謝ですね。



よく野村克也氏も、清原、桑田はタレントやってないで、指導者として野球に恩返しをと言ってましたが、そのチャンスをもらえた事に感謝して、今度こそ頑張ってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク



松井稼頭央2軍監督の、所沢キャンプ総括です。



B班は所沢でのキャンプが終了し、高知入りします。


マスコミ的にも、やはり気になるのは、ライオンズの中心選手の山川、未来の中心選手の渡部、かつての中心選手の松坂です。








山川は順調な様ですね。


今の山川は、プロとしての意識も高いので、開幕までにはしっかり合わせて来ると思います。

調整が遅れてしまったとしても、シーズンを考えれば、今は慎重に行って欲しいですね。









ドラ1渡部は、松井監督からも打撃の評価が高いです。




渡部は太い下半身を持ってますが、松井監督からは下半身強化と言われてますので、

まだまだ鍛え足りないという事だと思われます。




学生の時よりプロは疲れると思うので、疲れてフォームが不安定にならないように、今のうちに鍛えておきたいです。



多分、球団もファンも、今季は戦力というよりも、育成に重きをおいていると思います。




本当は、オフの自主トレ中に、体を作って来て欲しかったですが、正月太りしてきたので、

このキャンプでプロとして年間通して戦える体を作って欲しいですね。









松坂大輔は、厳しいですね。




松井監督もだいぶ気を遣ったコメントをしている辺りに、厳しさが感じられます。


アップを見てもだいぶ走れてる、とコメントしてますが、何とか良いところを見つけてコメントした感じですね。



ピッチャーなので、投げてこそです。




個人的な希望は、


以前も書いたように、何とか1軍で先発出来るようになってもらい、

楽天田中にぶつけたいです。









以前のように、

震災復興を思い起こす田中効果で、楽天が正義という風潮を崩すのは、田中に松坂大輔が勝利という結果です。




だいぶ状態が厳しいと思いますが、


初登板の日ハム片岡からの三振や、イチローを連続三振にした様な、数々の衝撃をファンに見せてきた松坂です。



全盛期の松坂を知ってるだけに、

このまま終わるはずがないと思いたいですし、期待したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク

↑このページのトップヘ