埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

アギラー選手が上々の実戦デビューです。

Screenshot_20240218-144336~2



簡単ではないインコースの球を、上手く捌いてホームランです。





この辺の技術的な所は、流石にメジャーの第一線でやっていたキャリアでもあります。


守備もハンドリングの良さから壊滅的ではなく、マキノン選手程ではなくても十分スタメンで行けそうです。


今の時期は結果よりも内容ですが、今日の内容的にはポジれる内容です。



特に、何でもかんでも振りに行くのではなく、しっかり待つ控えめなスイングなのは好評価です。


昨年のマキノン選手もでしたが、ボールを見極められると1軍での成績に繋がりやすいです。


ライオンズに数多くいる1.5軍クラスの選手達はこの部分が弱く、何でもかんでも振ってしまいボール球スイング率が高くなり結果も付いてこない選手が多いです。


若林選手や高木渉選手などは顕著です。


逆に、佐藤龍選手は昨年しっかり待てるようになり、且つ打球も良化したことで結果が付いてきましたので、アギラー選手としてはパワーはあると思いますので、この待てる打撃スタイルは継続したいです。



Screenshot_20240209-181933~2



まだ1試合の紅白戦ですので評価をするのは早いですが、今日は良い部分が見られました。


理想を言えば、早い段階で悪い所も見せ、本人も首脳陣もそれを把握したいです。


インハイのストレート、外に逃げる変化球や落ちる変化球への対応といった外国人選手が苦手となる事が多い部分は、実戦で確認したいです。


シーズンに入る前なら、修正出来る時間もありますので、出来るだけ打席に立たせて弱い部分の確認と修正を行なってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク

第3クール3日目です。




Screenshot_20240218-143248~2



Screenshot_20240218-110855~2





ドラ1武内投手がBP登板です。


Screenshot_20240218-112452~2





蛭間、長谷川選手相手に良い投球を見せました。即戦力との評判通りと言った所です。

順調に調整していますが疲れも出てくる頃だと思いますので、コンディションを落とすことなくこのまま実戦に入りたいです。






本日は、今季初の紅白戦も行いました。


20240218_140126





紅白戦は、アギラー選手が最も目立っていました。隅田投手からホームランです。


Screenshot_20240218-144336~2




インコースを上手く捌きました。

メジャーでバリバリやっていただけあって、パワーだけでなく打撃の技術的な部分も持っています。

シーズンでも、こういった技術的な部分でも適応出来れば期待も高まります。


また、キャンプで評価の上がっている守備でも良い所がありました。


Screenshot_20240218-144900~2


今日の紅白戦では最も目立っていましたが、期待されるのはシーズンでマキノン選手以上の活躍です。

指名打者専は回避出来そうですので、後は長打を打てる打者として期待をしたいです。





野手は他にも、佐藤龍選手、西川選手が良かったです。


Screenshot_20240218-154001~2


佐藤龍選手は、昨年大きく成長したアプローチ面の良さは顕在です。

今季で源田、外崎選手に次ぐ、ライオンズの主力へと飛躍したいです。







投手では、本田、ボー、松本投手が比較的制球良く投げられ良かったです。


Screenshot_20240218-162922~2



松本、ボー投手はローテ争い、本田投手は勝ちパ争いと競争をしなくてはならない投手ですので、良い仕上がりを見せられたのは良かったです。

主力を脅かせられるように、今日のようにストライク先行で投げられるようにしたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク

復活、そして守護神争いに加わりたい水上由伸投手です。





昨年は開幕から球速が上がらず、結局不調のままシーズンを終えました。


5キロも球速を落としていることから怪我も疑われましたが、本人は身体は大丈夫だけどオフのトレーニングが上手くいなかったと考えています。


そのため今季はオフに肉体改造を行ない、体重を7キロ減量して臨む選択をしました。



Screenshot_20240216-181158~2



水上投手の強みは、相手のインコースに投げ切れる事です。


基本はストレート、スライダーの投手ですが、松坂大輔から効果的と言われたシュートも使い投球の幅を拡げました。


物怖じしない性格を表すかのように、強気にインコースに投げ切れる事で、外のスライダーも活かせています。


ただ、昨年は球速が遅くなった事で捕らえられる事も増え、さらに自慢だった制球もイマイチとなりました。




まずは球速を140後半に戻したいです。


見ていて気持ちの良いキレのあるストレートが復活するかどうかは、復調へのバロメーターになります。


元々、三振を取りまくる投手と言うよりも、打球管理能力の優れた投手です。


一昨年は、外野にまともに飛ばさせなかったと言う点は、ストレート、スライダー、シュートを効果的に使えた結果です。勿論、球速も出ていた事から変化球も活きました。


育成から早期支配下入りをし、そこから休む暇なく勝ちパまで上り詰めたシンデレラボーイでしたので、昨年は蓄積疲労もあったのだと思います。


オフのリカバリーが上手く行かないままトレーニングを続けて、パフォーマンスを落としたのであれば、今オフの肉体改造がどう影響するかは注目です。




一昨年のパフォーマンスに戻れば、勝ちパ固定できる投手です。



ただ、球速を戻し四球も減らさなければなりません。


昨年の投球を見る限りは、劇的に戻るかどうかは微妙な所です。。。


この辺はオープン戦で確認しなければなりませんが、ライオンズブルペン陣は守護神レースと言いながらも実際は決め手がない現状です。


実績のある水上投手が復活すれば、チームとしても大きな戦力ですので、今季は開幕から期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク

↑このページのトップヘ