埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

今季、3番手捕手として打撃面でアピールした柘植世那選手です。



Screenshot_20211125-125427~2





ライオンズには森友哉という不動の正捕手がいるので、出番は少なくなりますが、負担の大きい森を休みやすくするためには、岡田、柘植の存在は大事になってきます。



来季は、大学生No.1捕手と言われるドラ3古賀選手が入ります。まずは捕手として、総合的に育成していくと思われますが、じっくりファームで育成をしたいので、無理に1軍の第3捕手としてベンチの置物になるくらいなら、森、岡田、柘植体制で行きたいです。




柘植は、バックアップ選手としての位置づけとなりますので、捕手としての能力はもちろんですが、特化した能力も磨いて、使い所のある選手へとレベルアップしてもらいたいです。




今でも守備なら岡田、打撃なら柘植というイメージですが、柘植には外野コンバートも考慮されるくらい、強みでもある打撃向上をしてもらいたいです。





今季の1軍成績は、

Screenshot_20211125-123114~2

35試合

OPS.535、長打率.292、三振率26.3%





イースタンでは、

Screenshot_20211125-123144~2

14試合

OPS1.067、長打率.649、三振率25.5%




打撃が粗く三振も多いですが、長打を打てる選手として存在感を出しました。



特にイースタンでは、外野コンバートも視野に入れたくなるくらいの打撃を見せました。




長打は魅力ですが、確実性が低いので、長打を維持したまま確実性を少しでも上げていきたいです。





来季も、おそらく第3捕手ですので、出番は少ないと思います。試合に出ない事が多いので難しいと思いますが、その少ない打席の中でも結果を出せるように準備は常にしておきたいです。







今季、森友哉は痛み止めを服用しながら試合に出場し続けました。



打線を考えれば森を外すのは勇気がいりますが、守備的に行くなら岡田、打線の迫力を落とさないように行くなら柘植と、首脳陣が森を無理させなくても良いと判断出来るように、柘植にはレベルアップしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

ライオンズは、本日で秋季練習は打ち上げとなります。


20211125_125259




今後はオフとなり、個人での練習が中心となります。来季に向けた体作りが重要になってきますので、特に若い伸び悩んでいる選手は、筋トレをしっかり行い、パワーアップした姿をキャンプで見せてもらいたいです。




辻監督からは、期待の選手の名前が出ました。






監督ですので、たくさんの名前を出しました。


山川、森、源田、外崎、金子の中堅選手、愛斗、渡部、ブランドン、長谷川の若手、投手では高橋光成、今井、松本の3本柱の名前を出しました。


金子の名前を出す辺りは、辻監督らしい配慮ですね。






個人的にも、当然主力の復調は不可欠だと思います。



外国人補強、有力新人が入り補強されたとしても、主力が今年と同レベルの成績なら、最下位脱出程度です。



優勝するためには、野手なら山川、森、源田、外崎、投手なら高橋光成、今井、松本、平良の活躍は必須です。



野手に関しては、2019年並みの成績は欲しい所ですが、特に、今季不調の山川はOPS.900近く、外崎はOPS.750以上の打撃を見せてもらいたいです。




守備力の高い外崎はともかく、山川に関しては打たなくてはならない選手です。不調の間に、パ・リーグを代表するホームランアーティストの座を、オリックス杉本に取られてしまいましたが、来季は圧倒的な成績で、格の違いを見せてくれる事を期待してます。





投手に関しては、高橋光成、今井、松本の先発3本柱たちの、もう一回り成長が必要です。指標的には、まだまだ他球団に負けていますので、来季は開幕から先発投手として結果を出して、投手陣を引っ張って行ってもらいたいです。






若手の成長や外国人の活躍も期待していますが、主力の活躍があってこそです。



まだまだ老け込むような歳ではないですし、オフの間に怪我をしない体作りをしっかり行い、来季に備えてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

シーズン後半、1軍で存在感を出したロマン砲、川越誠司選手です。

20211122_154753





今季の外野手争いは、シーズン前半は若林、愛斗がリードしましたが、若林は怪我をしシーズン中盤からは岸が、愛斗は打撃不振もあり、後半からは川越が1軍の外野を担うことが増えました。







今季の1軍成績は、

Screenshot_20211122-154934~2

OPS.633、長打率.350、出塁率.283、三振率25%






OPSで比べると、川越.633、岸.609、愛斗.642と、それ程変わりませんが、試合に出始めた8月はOPS1.000超えと、瞬間的なインパクトは川越選手です。



出場試合数は63試合と、100試合の岸、97試合の愛斗には及びませんが、今季は良い経験が出来ました。








川越選手の魅力は長打です。


二桁本塁打も夢ではない選手だと思います。



ただ、岸や愛斗の成績と比べても、どんぐりの背比べなのが現状です。



フルスイングしますので三振率が高いですが、四球率が6.8%と、岸3.8%、愛斗4.1%よりも高いので、ロマン砲とはいえ、今の長打率程度なら確実性も身につけたいです。




川越選手だけでなく他の選手もですが、何か突き抜けたものがないと、外野手争いを制するには難しいのが現状です。




一時的とはいえ、OPS1.000を超えていた打撃が出来ていた時期もある選手です。

あの打撃が出来れば、守備も悪くはないのでレギュラーになれます。



好調期を出来るだけ長く維持出来るようになりたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

↑このページのトップヘ