埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

本日のイースタンは楽天戦です。






スタメンは、

Screenshot_20220518-121803~2

キャッチャー森選手、センター若林選手の1、2番です。

打席が多く回る上位に森、若林選手を配置していますので、少しでも感覚を取り戻したいです。

ファームはしばらく迫力不足の打線でしたが、今日の1〜4番の並びは魅力的な打線になってます。1軍の戦力になってもらいたい選手たちですので、しっかり調整し1軍首脳陣にアピールしたいです。





先発は浜屋投手です。

前回は全体的に球が高く、球威もさほどないためイマイチの投球でした。

ストレートの球速ももう少し欲しいですし、球威がさほどないので制球も良くしたいです。変化球は、スライダーでカウントが取れ、チェンジアップで空振りが取れるような精度が欲しいです。

昨年からの課題を克服しないと1軍は厳しいですので、少しずつでも状態を上げて、また1軍のマウンドに上がれるようにしたいです。





【結果】

Screenshot_20220518-153249~2


浜屋投手が毎回のように失点し、打線は楽天藤井投手に8回1失点に抑え込まれました。



大敗ですが、森、若林、西川選手と期待の持てる選手たちは、結果を残せた試合でした。





【投手】

Screenshot_20220518-153334~2

浜屋

5回10安打6失点でした。

6奪三振と空振りは取れましたが、5四球と課題の一つである制球が悪かったです。10安打6失点したことよりも、制球が課題でもあるので、この5四球は良くないですね。

ストレートも140キロ前後と、同じ左腕先発の隅田、佐藤投手と比べても物足りないですし、今の状態だと使い所が難しいです。

まだ復帰3戦目ではありますが、今後はもう少し可能性を感じる投球を期待したいです。



田村

2イニングを2失点です。

変化球が真ん中付近に集まってしまい、打たれてしまいました。ストレートも140キロ中盤出たり、140キロ切ったりと不安定でした。



佐々木

無失点に抑えましたが、球速が140キロそこそことまだ物足りなさはあります。変化球も高く行くことも多かったので、球速と共に制球面ももう少し調整したいです。





【野手】

Screenshot_20220518-153316~2



森選手は2安打です。

今日は6回の守備から交代しました。昨日は2回、今日は5回と守るイニングを増やしています。

フル出場出来る状態になったら1軍となりますので、それまでに打撃の状態も上げて行き、昇格後すぐに活躍出来るコンディションにしたいです。




若林選手も2安打でした。

明日もファームは試合がありますが、若林選手は帯同しない予定です。

センターでフル出場しましたし、明後日からの1軍の日ハム戦で昇格の可能性もあります。





得点は、西川選手のタイムリー3ベースです。

またも長打が出ました。まだ守れていませんが、守れるようになり、この打撃が継続して出来れば、大きな戦力になりそうです。






にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









スポンサードリンク

昨日は、與座投手がキャリアベストの投球を見せました。





個人的には、昨日の與座投手の投球は、今季ライオンズの先発投手の投球の中でも、1番の投球だったと思います。




9回に平良投手が、まさかの大乱調で試合は負けてしまいましたが、先発投手に離脱者の多いライオンズとしては、来週から始まる交流戦に向けて與座投手の好投は、明るい話題です。




今井、松本、スミス投手とローテから抜けたライオンズですが、週5試合が多かった事もあり、何とか回せていましたが、来週からの交流戦は、週6試合を3週間行います。




来週はドーム球場での6試合ですので、雨天中止はなく、コロナがなければ試合を行うため、確実に6人は必要です。




髙橋光成、隅田、佐藤、エンス投手に加えて、昨日の好投もあり、與座投手もここに加わります。




松本投手は、発熱しましたがコロナではないので、来週からの復帰も出来ると思いますが、発熱によるコンディションの低下が懸念はされます。


万全を期すなら、1度ファームで調整登板が望ましいですが、余裕もないのでぶっつけで来週登板させるかも知れません。




また、ファーム調整中の内海、渡邉投手の師弟コンビも候補になります。




ただ、内海投手は1軍登板後はファームでも投げていませんし、渡邉投手はファームで大炎上したり、逆に三振を奪いまくる投球をしたりと安定感に欠けています。




渡邉投手は、1軍ではストレートがイマイチで、緩いカーブやスプリットを持っていても活かせていませんでした。何より制球が悪く、ストレートでカウントが取れる状態には改善させたいです。






ファームでは大炎上もありましたが、4/28には8回11奪三振と、スプリットで空振りを奪いまくる投球も見せています。





将来的にはローテの柱になってもらいたい投手ですし、ストレートの精度、変化球の使い方など考えて投球が出来るようになってもらいたいです。




ただ、渡邉投手、内海投手共に今週火、水、木のファームでの試合での登板はない予定です。


ファームでは、昨日出井投手、今日、明日はおそらく浜屋、黒田投手が先発だと思われます。出井投手は育成、黒田投手は育ててる最中ですし、浜屋投手は手術から復帰後間もなく、まだまだ状態も上がっていないため、ここから来週の1軍先発はないです。



そのため、先発として上���げられる投手も居ないので、来週の6連戦は松本投手の復帰が濃厚です。

松本投手の状態が上がらず万が一の時は、本田投手が先発となると思います。



松本投手のコンディションに不安はありますが、與座投手が先発ローテに入ってくれた事で、何とか回せそうな陣容ににはなりました。


ただ、6連戦が3週間続くので、アクシデントや不調なども考えて、渡邉、内海投手には準備をしておいてもらいたいです。


特に内海投手は、前回も良かったですし、こういうスポットで入ってくれるとチームも助かりますし、そういう不規則な使われ方でも対応出来る唯一の投手です。





ライオンズは、5割付近でウロウロしていますが、貧打でありながらも大きな借金がない位置に居られるのは投手陣の頑張りです。



その強みも継続するためにも、穴を埋める投手たちの奮起に期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

本日のソフトバンク戦は、沖縄での開催となります。

Screenshot_20220517-184504~2


雨もやみ、急ピッチでグラウンド整備をしてくれたお陰で開催となりました。沖縄でのライオンズ主催開催は稀ですので、開催出来て良かったです。




ライオンズは本日から宮川投手が1軍合流です。

Screenshot_20220517-174222~2

コロナから復帰しました。

ファームでは、球速も出ていましたし、パワーカーブ、フォークで空振りも取れていたので、状態は悪くないと思います。

安定感が課題ではありますが、空振りが取れる中継ぎ投手として、戦力になってもらいたいです。





スタメンは、

Screenshot_20220517-180721~2

滝澤選手は、9番ショートでスタメンです。

ショートは山田選手の方が安定すると思いますが、ファーストも手薄なため山田選手がファーストに入り、ショートは滝澤選手で来ました。まだ打力に劣るので、打順を9番にしたのは良かったと思います。

守備走塁が売りの選手ですが、地方球場ですのでバウンド等確認して、ミスを減らしたいです。

前回ノーヒットノーランをされた東浜投手相手ですので、変化球への対応がまだ難しく、さらに初見の滝澤選手にとってシンカーを捕えるのは難しいと思いますが、前に飛ばせば足もあるので何か起こるかも知れませんし、何とか喰らいついて行きたいです。





古賀選手がスタメン捕手です。

與座投手とは前回組んで、好投を引き出しましたが、次の出場試合では送球判断ミスもあり、苦い経験もしました。

ルーキーですし全てが勉強ではありますが、ファームでは森選手、岡田選手と復帰に向けて調整中で、遠くない内に1軍合流となると思います。

古賀選手は出番を貰えている今の内に、1軍でもアピールをしてもらいたいです。




【結果】

Screenshot_20220517-220743~2


與座投手が、ソフトバンク打線を圧倒する素晴らしい投球を見せ、打線も何とか終盤に点を取りましたが、9回に平良投手がまさかの大乱調で敗戦です。





【投手】

Screenshot_20220517-220829~2

與座

キャリア1番の投球を見せました。

相手が慣れてくる、3巡目からが課題ではありますが、今日はそれもクリアーし、8回4安打8奪三振無四球無失点です。


今日もストレートが良かったです。

そのストレートと武器であるスライダーで、空振りも多く取りました。アンダースローのメリットでもある高めの釣り球も古賀捕手が上手く使い、與座投手もしっかり投げ込めました。

特に、左打者へのインハイのスライダーは効果的でした。

柳田選手からも、2打席連続三振を奪いました。

ストレート、スライダー中心でしたが、時折交ぜるカーブも上手く緩急となり、非常に良い投球を続けました。

豊田コーチからも、與座投手は地元沖縄での先発ということで、かなり気合を入れて準備をしていたとのことでしたが、想像以上の素晴らしい投球でした。




平良

1点リードの9回、増田投手ではなく平良投手が登板しました。

結果的に打たれた事もあって、地元凱旋登板だからかとか、セオリー無視の継投だとか、賛否あると思います。

ただ個人的には、柳田選手まで確実に回る1番からの好打順でしたし、ライオンズで一番力のある投手である平良投手の登板は良いと思います。

しかし、地元凱旋登板という事もあってか、平良投手の気持ちが空回りしてしまいました。


先頭から2四死球でピンチを作ると、柳田選手に同点タイムリー、さらにはグラシアル選手に逆転タイムリーを浴びてしまいました。

1点ビハインドになり、そこで切りたかったですが、外崎選手の悪送球もあり、結局この回5失点とまさかの炎上となってしまいました。


與座投手の好投から、まさかこういう展開になるとは思いませんでしたが、打たれたことよりも、エラーやミスでの失点は防ぎたかったです。




森脇

平良投手の制球が乱れ、流れが止まらない状況だったので急遽登板です。

初球をいきなりスクイズされ失点しましたが、後続を断ち何とかこの回を終わらせました。





【野手】

Screenshot_20220517-220809~2


ライオンズが貧打という事もありますが、ソフトバンク東浜投手も良い投球をしており、打ち崩せませんでした。






それでも8回、


代わった津森投手から、ツーアウト取られますがそこから、岸四球、金子ヒットで1、3塁のチャンスを作ると、

外崎選手のタイムリーで1点取りました。


初球を、三塁ファールフライを打ち上げて終わりのはずが、相手が落としてくれたので、拾った命を活かせました。

尚も1、3塁で山川選手を迎えるはずが、3塁ランナー金子選手が戻りきれずにアウトになるポカは反省です。


結果的に、金子選手のポカがなければどうなっていたかを想像してしまう展開にはなってしまいましたが、ツーアウトからよく繋いで点にしました。





9回に平良投手のまさかの乱調もあり、5点奪われましたが、9回裏にはモイネロ投手から、中村四球、愛斗、古賀連続ヒットで、ワンアウト満塁と諦めずにチャンスを作りました。



しかし、山田、代打栗山選手が倒れて試合終了です。








好投した與座投手に、勝ち星をつける事が出来る8回裏に取った1点で、流れはライオンズだと思われましたが、ソフトバンクの自力に加えてライオンズの走塁、守備ミスで自滅しました。





ショックの大きい負けとはなりましたが、明日はずっと援護出来ていない隅田投手登板ゲームです。



しっかり切り替えて明日こそは隅田投手に勝ちをつけてあげられる展開に持ち込みたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









スポンサードリンク

↑このページのトップヘ