埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

今日からのファーム人員表です。

Screenshot_20240610-191143~2




5/26以来登板のなかった羽田投手が帯同しています。

Screenshot_20240608-185951~2


5/26に先発し、3イニングで降板して以来実戦登板がなかったため心配してましたが、帯同予定に入っているのは一安心です。

ライオンズのトッププロスペクトですが怪我だけは心配ですので、無理はせずに調整したいです。

こういうチーム状況ですし先発機会は貰えると思いますが、焦らずにコンディション重視で行きたいです。





一方、

甲斐野投手は5/17以来登板がありません。

Screenshot_20240610-200402~2

復帰した時は一安心でしたが3週間登板がないため、コンディションが良くないのでしょう。

以前痛めた右肘痛ですので、無理はさせられません。

ライオンズファームは、音沙汰がないと思ったら突然手術の報告があるチームですので心配です。

ただ、来季以降も戦力として計算したい投手ですので、まずは完治優先です。

中継ぎが苦しいですが無理して早期復帰するよりも、今後も考えて治療を行いたいです。





また、7月復帰見込みと話していた平良投手は、まだ登板がありません。

Screenshot_20240610-200507~2

本人がXで発信した見込みですのでズレる事はあると思いますが、復帰してからも少なくとも3戦程度はファーム調整は必要ですので、7月に1軍復帰するのであればそろそろファームでも投げたいです。

オールスター明けの後半戦には、1軍ローテに戻れればと言った所です。

万全ならば、今井、武内投手と並びWARを稼いでくれる能力の投手ですので、万全に戻したいです。





野手では、ブランドン選手が外れています。

Screenshot_20240530-130821~2

6/4にイースタンに出場しましたが、その後出場はありません。

怪我の多い選手ですので無理はさせられませんが、このままだとオフにはまた育成契約の可能性もあります。

万全ならば1軍戦力になれる素材ですが、怪我が続くと起用するにも難しいです。

ブランドン選手としては、イースタンで打撃をアピールするよりも、継続的に試合に出られるコンディションを維持出来る方がアピールになりますので、しっかりコンディションを作りケアも徹底してから復帰したいです。





そして、アギラー選手はまだ試合に出る気はないようです。

Screenshot_20240528-135753~2

ファームの試合を見学している様子は見られますが、まだリフレッシュ休暇中と言った所です。

勿論、足が痛いのだと思いますが、本人も復帰時期は未定と話していましたし、怪我以上にどこまで本人にやる気があるのかも不明です。

駄目なら助っ人補強をしなければなりませんし、球団もしっかりコミュニケーションを取りたいです。

7月末の補強期限までに白黒つけなければなりませんので、アギラー選手とコミュニケーションを取りながらも補強調査は続けてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク

支配下即スタメンとなった奥村光一選手です。


Screenshot_20240609-203607~2


4打席でノーヒットと結果は出ませんでしたが、阪神才木投手と言う高いレベルの投手の球を体験出来ました。


そして何より、今のライオンズ打線の現状を分かったと思います。


外から見ていても成績的な不味さは分かりますが、実際のコーチの作戦やベンチの雰囲気は中に入って始めて分かると思います。


奥村選手に期待されているのは、起爆剤としての活躍です。


今のライオンズの雰囲気に染まる必要はないですし、最も染まっていない選手でもありますので、周りに合わせずに自分の良さを首脳陣にアピールするつもりで挑んでもらいたいです。


Screenshot_20240609-203645~2


とは言え、まだまだ力不足の側面がある事は否めません。


守備走塁に関しては非常に良いですので、そこはチームの戦力になれると思います。散々な成績の外野陣ですので、守備走塁面だけでもプラスとなるポジションは作りたいです。


ただ、スタメンで出る以上打撃もです。


特に外野のスタメンは打てる人優先ですので、奥村選手には打撃でも貢献したいです。


イースタンでは三振率が低くコンタクトが良く、打球は波はあるものの強いライナー性の打球も打てるのはメリットです。


ただ、ようやくイースタンレベルに適応し始めた矢先でしたので、正直もう少し様子見してからだと思っていました。今回の支配下には驚きもあります。


それだけ、1軍に新しい戦力を加えたい思惑があり、また投げっぷりや思い切りと言う部分が好きな渡辺監督の好みにもあったのだと思います。


個人的には、意外なパンチ力とアグレッシブさがある所は外野版山野辺選手と評していますが、1軍となると身体能力だけでは難しいです。


特に、ホームランやヒットを量産する打者ではないため、身体能力だけに頼らず頭を使ったプレイを出来るように今のうちからトレーニングしたいです。


現段階では、渡辺監督の望む救世主になれるかと言えば微妙な所ですが、振り返れば水上投手も支配下入りした際、何故?と言う部分もありながら1軍で投げてみたら活躍した例もありますので、ほぼ願望にはなりますが奥村選手も予想以上の活躍を期待したいです。


Screenshot_20240609-203721~2


育成選手からの支配下登録は、選手目線からすれば嬉しい事ですが、戦力として考えると即戦力とはなかなか行きません。


ファームで圧倒的な成績だった菅井投手、怪我さえなければ戦力になれるブランドン選手は即戦力の期待も出来ましたが、それ以外となると、、、


森脇投手が完治すれば即戦力補強になりますが、得点力不足が深刻な野手となると見当たりません。


渡辺監督の望む救世主は、補強するしかありません。


トレード、外国人補強どちらでも良いので、早急に手をうってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク

ライオンズは、さらに厳しい状況になってきました。

Screenshot_20240608-200617~2


松井監督が悪いものを全て持って行ってくれたと思っていましたが、さらに底があるとは思っていませんでした。。。



中軸を見込んだアギラー、コルデロ選手がファーム、さらにたった2人しか居ないレギュラーの1人である外崎選手も離脱となりました。


また、怪我人も増えていますし状況はさらに悪化しています。


育成に舵を切りたくても、毎年毎年若手が伸び悩んでいますし戦力は減っても一向に増えません。


頼れるのは今季41歳になる骨牙の2人となり、一体今は何年何だと言わんばかりの打線となっています。


Screenshot_20240609-090332~2


かと言って、その骨牙のどちらかを休ませるとなると、4番元山と言うイースタンでもやらない打線になってしまいます。


渡辺監督も頭の痛い所ですか、そういう編成をしたのですから仕方ないです。


勿論、編成の責任は渡辺GMだけにある訳でなく、背広組と呼ばれる球団幹部全員にあります。


おそらく、編成に関してわざと手を抜いている訳でもないでしょうから、怪我人が出ないだろう、若手が成長するだろう、外国人がやってくれるだろうと、希望的観測で編成をしたのが大きな要因です。


リスク管理の甘さが出ています。


ただ、決して多くはない予算の範囲内と言う足枷もありますので、この辺は本気でチームを強くしようと後藤オーナーが思わない限り暗黒期の脱却は遠のきます。


Screenshot_20240609-085933~2


今の現場が出来る事は、目先の勝利を目指しつつ、次世代の若手を起用しながら成長に繋げるアシストをする事です。


ただ、起用したら成長するなんて事はないため、起用のタイミングや指導も必須です。


ここ数年のライオンズの若手の伸び悩みを見ても、昔のように勝手に若手が生えてくる事はもうないなので、指導者が成長を促す手助けをしなければなりません。



渡辺監督に代わり、選手の意識への働きかけを狙ったかのように叱咤激励も増えました。


意識を変えれば行動が変わり、行動が変われば結果も変わります。


渡辺監督は、発信力もありコメントも上手い監督ですので、分かりやすい言葉で叱咤激励をしているのは意識を変えるには良いことだと思っています。


ただ、そのための技術的な指導をするのはコーチの役目です。


Screenshot_20240531-121846~2


渡辺監督のコメントを見ていれば分かりますが、ほぼ精神論です。


意識には働きかける事が出来ても、じゃあ何をすれば良いのかと言う技術的な部分や作戦的な部分へのフォローが必要です。


本来はプロですので、選手が自分で考えて実行するべき問題ではありますが、頭を使う事が苦手な若手も多いですので、コーチが正しい方向に持って行かなければなりません。


渡辺監督をモチベーターにし、各コーチ陣が選手達に技術的な指導や目指すべき方向性を間違わないようにフォローするべきです。


もう少し成熟したチームなら、1軍コーチは手取り足取りとせずに采配のみ振るったり、データを伝える役目だったり、モチベーターに留まったりするでも良いですが、どう考えても今のライオンズの若手は手を差し伸べなければならない状況です。


プロだから自分でとか、野球選手は個人事業主だからとか良く言いますが、成長が留まっていますので、古賀、佐藤龍、蛭間、長谷川、渡部選手と言ったレギュラー候補達へはこのまま腐らせずにしっかり指導したいです。


本来、指導はファームではやるべき事ではありますが、そういう余裕もないチームですので、若手を起用しつつもしっかりプレイの振り返りを行い課題を洗い出し、その対策を伝えてトレーニングをし次戦に臨むと言う基本的な事を繰り返し徹底したいです。


もし、コンプライアンスが邪魔をして厳しく指導出来ないなんて事があるのであれば、渡辺監督に言って取っ払いましょう。


GMが監督を兼任する事態は、もう後がないと言う事ですので、なりふり構わず行きたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




スポンサードリンク

↑このページのトップヘ