埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

昨日ライオンズは試合がありませんでしたが、ロッテが勝ちましたのでゲーム差は0.5に縮まりました。

ライオンズは自力でクライマックスに行ける位置にいるので、残り4試合苦手なビジターですが全勝したいですね。

今日からは楽天2連戦です。



楽天はクライマックス進出が消滅してモチベーション的に下がってると思いますが、

厄介な事に元ライオンズの渡辺直人の引退試合だそうです。



ライオンズはクライマックス争いの際中なので、

花を持たせる必要は一切ありません。



選手達は移籍しても繋がりがあるでしょうが、出てきたら全力勝負です。



せっかくやる気のなくなった楽天選手達ですが、

楽天にいる元ライオンズ選手達が張り切りそうで嫌ですね。



よりによって先発はその元ライオンズの岸です。




ここ最近は好投続きの岸ですし、

直人さんのためにとか言って張り切るでしょうから困ります。




順位確定してるので本来なら、

個人成績狙いで大振りするはずの浅村も直人さんのためにとか言ってチームバッティングするかも知れないのでさらに困ります。




正直日ハム戦は育成モードの相手だったのでやりやすかったですが、今日からは切り替えて勝負して欲しいですね。

ライオンズ先発は浜屋です。


三振の取れる投手ですが、最近は打たせて取るピッチングになっていますが、結果的に力みが取れて好投してます。

多分捕手は岡田でしょうから、森のいない打線になります。



岸から連打するのは難しいと思うので、栗山、中村の前にランナーを出し、少ないチャンスを一撃で仕留めたいです。

スパンジーも好調なので期待ですね。


経験豊富な投手ですし、ゲームメイクも出来ます。低めに決まるとなかなか打てません。

それでも試合の中で何球かはカーブ、チェンジアップが高めに浮くこともあるので、見逃さずに打ち返したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク

楽天は今オフFA補強せずに育成に重点をおくとの報道です。



本当なんでしょうか。

岸の時もマスコミを上手く使い外堀を埋めた球団なので、にわかに信じがたいですが。。。



楽天はOBの平石からヤクルト派閥の三木へ不可解な監督交代があり、選手起用ではあれだけ補強しながら抑えを松井から能力的には劣る森原に代えるという不可解な起用をしてきたので、

ヤクルト山田とライオンズ増田の受入れ準備だと思ってました。



今年はコロナ渦でどの球団も経営的に厳しいですし、特に元々予算が少ないヤクルトやライオンズは流出やむなしの状況です。


もしかするとこの状況下なので、1年残留して来年FAするって事になったのでしょうか?

それとも流出ばっかりのライオンズファンに染み付いた被害妄想だったのでしょうか。



報道が本当なら、増田に関してはオリックスが最有力になりますね。


やはり複数年断ってますし、残留はないと思います。

オリックスもFAには積極的ですし、増井が先発に回りましたし、ディクソンは不安定ですし、あそこも抑えには苦労してます。


残留の可能性があるのは、コロナ渦なので様子見で1年残留でその後FAくらいで、流出は既定路線だと思ってます。


避けてほしいのは、ヤクルト山田のソフトバンク入りです。



ソフトバンクは浅村の時も手を挙げましたが、セカンドは空いてます。

もし山田に入られると来季の優勝を狙うライオンズにとっては厳しいです。

ライオンズだけでなく、パ・リーグがソフトバンク1強になってしまいます。



FAはタンパリングが禁止ですが、球団がマスコミを使ってアプローチかけるのが当たり前になってるそうです。


これから情報が出てくると思います。

残留などという事はあまり期待せずに待ちたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク

本日の日ハム戦は10対3で勝利です。

2020年ホーム最終戦を勝利で飾りましたね。

大事なホーム9連戦は6勝3敗でした。  



ライオンズはホームでの成績は良いのですが、ビジターは借金10あるので、このホーム9連戦は全勝を狙って欲しかったので残念です。

しかし、ソフトバンク戦の連敗からよく切り替えて戦ったと思います。

特に中継ぎ陣と栗山、中村は頑張りましたね。





試合を振り返ると、

打線は素晴らしい攻撃を見せました。



日ハム吉田輝星から初回に4点、2回に4点取りましたね。

こういう若い投手相手なら立ち上がりを攻めるのは定石です。


初回、金子、源田の連続ヒットでバタバタしてる吉田から外崎のラッキーなタイムリーでリズムを崩した吉田は、栗山、中村に連続四球で押し出しとライオンズの思うつぼになりました。

さらに2回には立ち直れない吉田からスパンジーの3ランも出て早々に試合を決めました。

初回の攻撃が全てを決めましたね。


金子、源田の出塁で行ける雰囲気になりましたし、バタバタしてる吉田からしっかり四球を選ぶ栗山、中村も良い働きでした。





一方、

心配な先発ニールは、

5回79球8安打1三振3失点


でした。


結果を見れば前回よりはましですが、ライオンズの攻撃で意気消沈した日ハム打線相手なので比べられないです。


良いボールもありましたが、不安定でした。

ニールの場合はボールを動かすゴロピッチャーです。



打者は捕らえたと思って振ってもボールが動くことで芯がずれてゴロになる訳で、

今みたいに変化量が少ないと打ちごろの球になります。



特に高めに浮くと棒球になるので長打も打たれやすいです。

今日は捕手を森から岡田に変えましたが、リードの問題ではなくニール自身の問題です。



今のままではソフトバンク打線なら炎上させられる内容なので、クライマックスに向けてコンディションを整えて欲しいですね。




本日ロッテが負けたので、単独2位です。


明後日からのビジター4連戦は総力戦です。
チーム一丸で戦ってもらいたいです。






今日の最終戦後、高橋朋己の引退セレモニーがありました。

実働期間の短い投手でしたが、こうやってセレモニーをしてもらえるなんてチームにもファンにも愛された選手でした。 

私は暗黒期の希望の星だった高橋には感謝してますし、私だけでなく西武ファンなら当時の頼りない中継ぎ陣に彗星の如く現れた高橋に感謝してると思います。

また西武ドームでfollowmeが流れるのを待っていました。

引退セレモニーという違った形でfollowmeが流れましたが、本人も楽しく野球がやれたと言ってましたし、今後もライオンズアカデミーに残るということなので良かったと思います。

本当にお疲れ様でした。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





スポンサードリンク

↑このページのトップヘ