埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ


成績不振により、退任報道されていた辻監督ですが、一転、続投要請の報道です。









退任報道は各紙してましたが、続投に関しては今の所、スポニチのみですので、まだ分かりませんが、


賛否あるでしょうけど、個人的には朗報です。




辻監督の監督としての実績は確かです。



采配に関しては疑問を持つこともありますし、私も批判的な事を書いてもいますが、おそらく誰が監督になっても賛否は起こります。


ただ批判はしても、毎年のように主力が抜け、補強もほとんどない中のこの実績は、評価しているファンも多いと思いますし、結果的には名監督と言っても良いです。




何度も書いてますが、ある程度戦力がいたにも関わらず、選手起用が上手くなく、将来への方向性も不透明で、チームに閉塞感をもたらせていた伊原、田辺政権を引き継ぎ、辻監督はすぐに優勝争いをするチームに変えてくれた事には、ライオンズファンとして感謝していますし、恩人だと思っています。





まだ、正式発表ではありませんが、辻監督の知らない所で退任報道も出ましたし、球団としては誠意を持って接してもらいたいです。


頑固な性格ですので、責任をとって辞めると言いかねません。




続投してもらうなら、ホーム最終戦までには受諾してもらうように働きかけて、ホーム最終戦では来季に向けたファンへのメッセージを届けられるようにしてもらいたいです。






松井稼頭央監督就任は、ライオンズの既定路線と言われています。ライオンズの切り札とも報道されていました。




今回の続投報道は、チームが低迷している状況で、切り札でもある松井稼頭央監督に引き渡して良いものかどうかと球団の迷いもあったと思います。



もしかすると、松井稼頭央監督が断わった可能性もあります。



この辺は、今後発表される来季の組閣を見れば、ある程度明らかになると思います。





今年のドラフトでは、隅田、佐藤と言う素晴らしい素材を手に入れました。



新任の監督に任せるよりも、まずは辻監督に任せてある程度戦力として形を作ってから、次の監督へと言う方針であれば、

松井稼頭央2軍監督は来季、1軍首脳陣に入れて次期監督として育成する必要があります。



(追記)

西口投手コーチが2軍監督、松井稼頭央2軍監督は1軍ヘッド格に昇格で調整中との報道です。








退任報道、続投報道とチームに迷いも見られますが、続投と決めたからには早急にチームを立て直すための組閣も進めてもらいたいです。



辻監督には、一度は報道陣を通してプライドを傷つけてしまったので、断られないように誠意を持って続投をお願いしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















スポンサードリンク

松坂大輔投手の引退会見が19日に決まりました。








心身ともに疲弊している事から、先延ばしされていましたが、メンタル的には会見に臨めるようになったと言う事でしょう。



晩年は体が言う事を聞かなくなり、昨年行った頸椎の手術後には痺れが取れないと言う、プロ野球選手にとってはトドメとも言える体の状態です。


長い間、ライオンズだけでなく、プロ野球界に貢献してくれたレジェンドです。



体はしんどいと思いますが、松坂大輔さえ良ければ、球団を上げて引退セレモニーを行い、出来ればマウンドで投げる姿を見せてもらいたいです。






会見では、今後の事にも触れると思います。



ライオンズに残ってもらいたいですが、今の所そういった情報はなく、どちらかと言えば残らないと言う風潮です。







ライオンズは、首脳陣の進退発表はシーズン後です。


来季からは2軍監督が空く見込みですが、まだ1軍はシーズンを戦っていますので、そういった発表はなさそうです。



監督でお客さんを呼ぶ時代ではありませんし、名選手が名コーチになるとは限りません。


ただ、時代のトップを走ってきた松坂大輔が経験してきた事は唯一無二です。



ライオンズに残り、指導者への道を進んでもらいたいです。



(追記)



19日、日ハム戦の先発をすることになりました。





体はボロボロだと思いますが、ファンのために投げてくれて有り難いです。


プロ初登板も東京ドームの日ハム戦でしたが、今でも鮮明に思い出せます。テレ玉も急遽放送しましたし、テレビに釘付けで見てました。



球団の計らいもあり、19日の日ハム戦は、

この日限定で松坂大輔は背番号18を付けてマウンドに立ちます。



スポンサードリンク

2021年ドラフト会議で指名された、パ・リーグ各球団の選手達と総評です。




ライオンズは、来季こそは優勝争いするために、即戦力を中心としたドラフトを行い、専門家からも軒並み高評価です。


ライオンズは即戦力中心でしたが、球団によって様々です。ドラフトでは、チーム強化の方向性が見て取れますので、ライバルとなるパ・リーグ各球団の指名をまとめます。





【西武

支配下

20211012_080259

育成

20211012_080619


ドラフト1位評価の隅田、佐藤両左腕投手を獲得しました。3位でも即戦力捕手を獲得した事で、来季からの戦力の底上げをしました。


下位&育成は将来性を買っての指名です。今までは上位で素材型のロマン枠を使っていましたが、上位は即戦力、下位は将来性と、今季の低迷を来季巻き返すための指名が出来ました。



選手個々の情報は、こちらで紹介しています。







【日ハム】

支配下

20211012_080314

育成

20211012_080652


ライオンズと共に今季最下位争いをしている日ハムですが、上位は高校生中心のドラフトをしました。


ライオンズのように、今季は低迷しましたが、ここ数年優勝争いをしていた選手達がいる状況とは違い、日ハムは下位に沈むことも多かったですので、思い切って数年後を見据えた育成に舵を切りました。

低迷しているチームを根本的に変えるために、将来に賭けた指名となりました。

ファンにとっては、しばらく我慢のシーズンが続きそうです。





【ロッテ】

支配下

20211012_080252

育成

20211012_080555


打てる野手を上位で獲得しました。


ライオンズのドラ2候補としても名前が挙がっていた松川捕手をドラ1指名です。捕手として育てるのか、コンバートして打力を活かすのかはポイントですが、高校生野手が育ってきているロッテは、さらなる強化を試みました。

上手く育てば、既存の若手野手と一緒に、強力打線が組めるような指名です。






【オリックス】

支配下

20211012_080245

育成

20211012_092503


近年、高校生を中心としたドラフトを行って来ましたが、今年の活躍を見ても分かるように、上手く戦力になってきている事もあり、大卒中心の即戦力ドラフトを行いました。


下位に低迷する事が多かったオリックスですが、近年の将来性を買っての指名が成功した事による、即戦力の獲得です。


チームを固めるために、必要なピースを獲得したドラフトと言った所です。









残りは、今季こそ低迷していますが、来季も優勝予想されるであろう巨大戦力の2チームです。




【ソフトバンク】

支配下

20211012_080236

育成

20211012_080541



チームの高齢化が懸念のソフトバンクですが、将来性、即戦力とバランス良く指名しました。


今季から育成を拡大する方針もあり、育成選手は大量14人指名です。これだけの育成を育てるスタッフ、設備を持っているのは羨ましいです。

最近は外国人も育成しているソフトバンクですが、長期的には日本人、外国人共に育成し戦力化し、短期的には既存戦力の底上げと外国人で賄う方向性だと思います。


最近は、ヘイトを集めるような無理なFA補強はしていないですが、DeNA宮崎は補強ポイントに合致してますので、今年は動きそうです。







【楽天】

支配下

20211012_080309

育成

20211012_080643

毎年のように大型補強していますが、結果の出ない楽天ですが、中長期的視点での素材型中心のドラフトを行いました。


ソフトバンクのように、毎年優勝争いをしているチームや、日ハムのように下位が続いて根本から変える方針のチームなら、中長期的視点のドラフトは分かりますが、オーナーから優勝を指示されている楽天としては、何かしら疑ってしまう指名です。

流失の多いライオンズファンなので、被害的になっているだけかも知れませんが、短期的にはFA補強前提のドラフトだと感じます。


ドラ1は外野、ドラ2はサードへのコンバートも視野に入れた選手ですので、ライオンズとしては、セカンドを守る外崎や、捕手の森の動向は気になる所です。










投手豊作と言われるドラフトで、投手中心の指名をした西武、逆に野手を上位指名したロッテ、楽天と、各球団、チーム強化の方向性や思惑があっての指名です。



大事なのは、ここからの育成です。



ライオンズは素材としては評価の高い左腕を、2人獲得しました。

2人を育成する指導者も大事ですが、ライオンズだと今は球団にいる土肥氏辺りは現場復帰するかも知れませんね。



投手運用では結果を出せませんでしたが、伸び悩んでいた菊池雄星と二人三脚でフォームを作り、覚醒のきっかけを作りました。



素晴らしい素材を活かすも殺すも、後は育成です。


球団を上げてしっかり育成していきたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





















スポンサードリンク

↑このページのトップヘ