埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ


開幕投手にほぼ内定している、高橋光成です。



ルーキー時から、ずっと期待されてましたが、フォームが安定せず、そこから数年間フォーム探しの旅をしてましたが、一昨年からようやく戦力になり、昨年後半はエース級の活躍でしたね。




高橋といえば、菊池雄星の門下生で、

筋トレによる肉体改造の成功者です。




体つきが他の選手と違います。



体つきとだいぶ伸びた髪の影響もあり、

風貌がレスラー見たいですね。






ストレートの力強さが増したことで、得意のフォークが活きるようになりました。


まだ24歳です。



今季も力強いストレートを投げられるように、コンディションを整えて、年間通して活躍してもらいたいですね。




ライオンズのエースといえば、松坂や涌井であり、周りが求めるエースのハードルは高いです。



松坂、涌井に共通するのは、

完投能力と、責任感の高さだと思います。




大舞台には、ちゃんと合わせて来ましたし、中継ぎがしんどいときは完投してくれました。



だからこそ当時、野手の中心だった中村や栗山も、涌井が投げてるんだし負けられないと、よく発言してました。





選手やファンに認められて、エースです。



今季は、他球団のエースと当たるので、勝ち星が伸びないかもしれません。



それでも、めげずに投げていれば、山川、森が光成が投げてるんだしと、発言する日がきっと来ます。


圧倒的飛躍を、期待してます。





あと、

誕生日おめでとう。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



スポンサードリンク


ライオンズ期待のショート、川野選手です。




昨年はルーキーながらイースタンでも活躍しましたし、マスコミからも松井稼頭央2世として注目され始めています。



A班に抜擢された事からも、首脳陣からの期待が高い事が分かります。





1軍には源田という絶対的なレギュラーがいますので、1軍に入っても役割はバックアップです。



期待されていた頃の永江の様に、1軍ベンチで置物になるくらいなら、

今季は2軍でレギュラーとして経験を積んで欲しい逸材ですね。





守備が良い選手ですが、辻監督から見たらまだまだのようです。



辻監督まだまだ動けますね。



ぱっと見で、川野が源田モデルのグローブを、使ってるのが分かるのも良いですね。



名手、辻発彦ですので、守備を教えるとなると厳しいです。



守備が売りと聞いていた山野辺が入った時も、まだプロレベルの守備ではないと見切りをつけたのも、辻監督でしたね。



今回のA班キャンプで川野には、トップレベルの勉強をしてもらいたかったので、良い経験になったと思います。


 


ライオンズの2軍を見ても、守備力が高いチームではありません。



しかし、


1軍では源田、外崎の12球団No.1の二遊間がいますし、辻監督も守備の名手でした。




このキャンプで源田や、辻監督から守備のアドバイスをどんどんもらいたいですね。





最近のライオンズの若手は、特に外野ですが、打撃は期待出来ても守備がちょっと、という選手が多いです。


川野は内野の要、ショートです。





源田が入る前までのライオンズは、ショートが固定出来ずに守備崩壊していたのは、記憶に新しいです。



川野には、源田がいる内にアドバイスをもらって、将来は1軍のショートを任せられるようになってもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク


2軍キャンプでは、現ライオンズの打線の核、山川と将来の打線の核、渡部の共演です。




山川は柵越もあり、順調のようですね。



渡部には、1年目だし好きなようにやれと話したようですね。


山川は意外と面倒見がよいので、好きなようにと言いながらも、バットはコロコロ変えない方が良いともアドバイスしてますね。




山川は、

渡部はこのまま行けば50本打てるとコメントしてますね。



リップサービスもあると思いますが、


渡部には良いモチベーションとなりますね。





ブランドン、若林の時にも触れましたが、

ルーキーが苦労する事が多いのは、変化球への対応です。




渡部も、大学ではレベルの高いリーグではなかったので、プロの変化球に対してどういう打撃をするのか見物です。

渡部の長所は、ホームランアーティストの打球角度を持ってる事です。



実績のある田辺コーチや嶋コーチなら、その部分を消さないような指導が出来ると思いますが、2軍コーチは新任の上本、高山コーチです。



新任の時って、

良く言えば意欲的、悪く言えば空回りしてる、色々教えたがる人も多いです。



どの仕事でもいますよね。


渡部は、ライオンズの将来の打線の核を担う可能性のある選手です。




まだプロとして色のついてない渡部に、色を付けるのが経験のないコーチでは荷が重いです。




上本、高山コーチは、田辺コーチに聞きながら、渡部に教えるというスタイルをとって欲しいですね。



松井2軍監督も、任せっきりにせずにちゃんと間に入って、田辺コーチと嶋コーチに見てもらえるように働きかけてもらいたいです。



上本、高山コーチが自分の色を出したいなら、今まで色々指導されながらも結果の出ない、

愛斗を何とかしてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク

↑このページのトップヘ