埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

今季レイズに所属した、クリス・マッツァ投手に日韓の複数球団が興味と言う情報です。




Screenshot_20211204-201329~2




先発も中継ぎも出来る、制球の良いサイドスロー投手です。



32歳の投手で、あまりプレイには関係ないですが、あの、ジョー・ディマジオと血縁関係があるとの事です。






投球としては、平均で145キロのストレートに、決め球はスライダーです。他にもカット、シンカーを投げます。




右サイドのスライダー投手だと、平井の様に左打者が課題となりますが、マッツァ投手はシンカーを使えることから左打者とも勝負出来る投手との評判です。






2020年はレッドソックスで先発として6試合登板して、防御率4.80、WHIP1.63の成績を残しています。



2021年はレイズに移籍し、メジャーでは中継ぎとして14試合に登板しましたが、防御率4.61、WHIP1.21、奪三振率6.91、与四球率2.30の成績でした。





2021年の3Aでは、



26試合37イニング

防御率3.16 WHIP1.05 奪三振率11.37 与四球率3.08




制球は安定しており、スライダー、シンカーと左右の揺さぶりに加えて、球を動かして打ち取る、技巧派スタイルです。




特にスライダーは、メジャークラスからも三振を奪っており、決め球として機能しています。





投げ方的にもイメージは、元ライオンズのデニー友利氏っぽいです。





マッツァ投手の奥様が、ライオンズのTwitterをフォローした事で、ライオンズ行きが取り沙汰されています。





今季は中継ぎでしたが、2020年はレッドソックスで、2019年は3Aで先発投手でした。




スライダーは良さげですが、シンカーをどこまで使えるかです。




日本のボールは、メジャーより滑りづらいと言われていますが、問題なくシンカーが使えれば良いのですが、スライダー投手になってしまうと、平井と被るので使い所が難しいです。







先発、中継ぎ問わず、欲しいのは三振の取れる投手です。




三振が取れる事に加えて、先発なら長い回を投げられる投手、中継ぎなら左打者にも強い投手です。





マッツァ投手は、成績的には三振を取れる投手です。



しかし、ボールを動かすタイプとの事なので、球団はニールの様なイメージを持っているのかも知れませんが、2019年は3Aで14試合76イニングを記録しており、メジャーでは球数を制限するのでイニングは少なくなるとは言え、今季は中継ぎでしたし、先発として長い回を投げられるかは不透明です。





逆に中継ぎとしては、シンカーが使えれば、左右関係なく登板出来ますが、シンカーが使えないと、他のライオンズ中継ぎ陣と同じ、左に弱い投手となってしまう可能性もあり心配です。





個人的には、中継ぎなら球が速くて決め球のある、パワー系の投手が良いのですが、マッツァ投手獲得となれば球団としての考えも注目です。





マッツァ投手もアメリカ人です。



通訳を募集した事で獲得が噂されている、中南米の選手は今後となります。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

本日のファンフェスタで、松坂大輔選手の引退セレモニーが行われました。


Screenshot_20211204-174455~2




個人的にも、横浜高校時代から見ていた事もあり、感慨深いです。














先発投手らしい投手でした。




球数が多くなろうが、降板を申し入れずに最後まで投げたがる投手です。大事に使えばもっと長くやれたのではと言う質問にも、先発として早くマウンドを降りたくないと言い切りました。




本人はそういう時代だったからと言ってましたが、確かに今は分業制であり、先発投手はQSの数値が一つの目安になります。




それでも、先発投手としてのプライドは、今のライオンズの3本柱にも引き継いでもらいたいです。








セレモニーのハイライトは、スピーチ後の場内一周を終えてからでした。




平成の名勝負と言われたイチロー氏による突然のメッセージに加えて、本人登場のサプライズです。



20211204_165500





松坂大輔は涙してましたが、絵になる光景です。









色々なパフォーマンスで、ファンを楽しませてくれる選手もいますが、イチロー対松坂のように、演出ではなく、存在感でファンを楽しませてくれる選手は稀です。




そういう選手が、ライオンズに居てくれた事はファンとして誇りでもあります。




イチロー氏も、わざわざ来てくれて有り難いです。




松坂大輔投手、長い間お疲れ様でした。


次は指導者として、ライオンズで活躍してくれるのを待っています。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

ライオンズが足りない中継ぎ左腕として、存在感を出したかった佐野泰雄投手です。



Screenshot_20211130-111547~2





今季は1軍で23試合に登板しましたが、


防御率4.91 WHIP1.64 K/BB0.88



結果を出せませんでした。






イースタンでも19試合に登板し、


防御率4.50 WHIP1.70 K/BB1.22



ファーム相手でも打ち込まれる事が増え、来季に向けて心配な選手です。







ライオンズは中継ぎ左腕が足りませんが、左腕が足りないのではなく、左キラーが足りていません。


佐野投手の左右別被打率は、



右.172 左.386


左打者対策としては使えないと言う結果となりました。







武器は球威あるストレートです。



今季オープン戦では、中継ぎ陣の中でも最もアピールした投手でした。



松本投手のように空振りの取れるストレートではありませんが、球威がありゴロやファールを打たせるなど、押し込むことが出来ます。



オープン戦では、右打者のインコース、左打者のアウトローへもストレートを投げ込めていました。


ヤクルト村上選手からも、ストレートで押し込みカウントを稼ぎ、最後はスライダーで三振を取るシーンもあり、期待の出来る内容でした。



ただ、シーズンに入り制球難が顔を覗かせる場面も増え、ストレートの力も落ちていき降格となりました。






投球の5割はストレート、3割はスライダーの投手です。


ただストレートは.324、スライダーは.280の被打率と決め球に欠けています。フォークが最も被打率は低いですが、精度に欠ける事から全体の1割程度しか使っていません。



ストレートに力があるので、フォークを扱えるようになれば、空振りも取れる中継ぎ投手になれるのですが、キャリア的にも上積みは厳しい可能性が高いです。


先発も中継ぎも出来る投手ですが、今のままだと今季の吉川のように、ファームのイニングイーターが主な役割となってしまいます。




これも大事な役回りですが、今季のオープン戦の様な投球を定着させ、1軍の戦力になりたいです。



オープン戦の時のように、球威あるストレートを右のインコース、左のアウトローに投げ込める制球が鍵です。


若い左腕投手も入ってきますし、プロ8年目となる来季はキャリア的にものんびりしていられません。



生き残りをかけて、来季は存在感を出せるシーズンとしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

↑このページのトップヘ