埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

辻監督退任報道から一転、続投のニュースが昨日出ました。




退任報道の時と同様に、続投要請も各紙報じるようになりましたので、球団としては続投が基本線になったと言う事です。



後は辻監督次第ですが、本人は明言を避けています。




辻監督は今季を集大成と位置づけていたので、頑固な性格ですし、この成績なら辞めるつもりもあると思います。




また、監督業は過酷ですし、そろそろゆっくりしたい気持ちもあると思います。



ただ、もし退任となれば、チームが低迷している中、新任の松井稼頭央監督に任せる道しかライオンズにはないので、球団も困っていますし、思い入れのあるライオンズが困っていれば助けるつもりで続投してくれると感じています。


ファンも続投には好意的ですので、そういったファンの声も届いていると信じたいです。








今季のライオンズはBクラスが決定しましたので、辻監督の去就は関係なく、首脳陣の立て直しは必要です。



資金力的にも他所からたくさん呼んでくるのは難しそうなので、

個人的には、辻監督の権限を拡大し1、2軍の入れ替えをスムーズに出来るようにする。打撃、作戦面ではデーブ大久保氏、投手は豊田コーチ、守備走塁は黒田、佐藤友亮コーチを軸に、組閣してもらいたいです。



ライオンズは1、2軍の入れ替えが上手くなく、好調期を下で、少し落ちているときに上でと言うことが多々あります。



辻監督は自宅でイースタンの試合も、映像で確認していると以前息子さんも言ってましたし、把握しているのであれば、すぐに上げられる仕組みで戦いたいです。


ただ、辻監督のやる事が多く、大変ではあるので、盟友の馬場コーチをサポートにつけて、馬場コーチは1、2軍を巡回出来るようにしておきたいです。








コーチには作戦を立てられる分析力と、それを選手たちに浸透させられるコミュニケーション能力が必要だと思っています。





大久保氏は素行面で問題もありましたが、辻監督の下なら抑えられると思いますし、優秀なコーチです。


資金力的にあれもこれもとコーチを他所から呼べないですし、そもそも来てくれないから自前でコーチを育てているので、作戦面、コミュニケーション能力と両方を出来る大久保氏は適任です。



ライオンズ球団とも和解しましたし、渡辺GMの盟友でもあるので、声をかけてもらいたいです。



また、松井稼頭央を監督として育てるに辺り、野球を良く知っている辻監督と、コミュニケーション能力に長けた大久保氏を間近で見られるのも経験として良いと思います。



試合に出るのは選手ですが、選手が高いパフォーマンスを出せるための環境を整えるのは、首脳陣の役目です。


資金的に出来る範囲となってしまうのは、しょうがないですが、優秀なコーチはチームを活性化してくれます。



球団は内部の人事異動で済ませずに、巻き返しのための最善の策を立ててもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク

本日は札幌で日ハム戦です。



先日はドラフトで盛り上がり、今日は辻監督の続投要請の報道がありました。来週には松坂大輔が、1日限定で18番を付けて引退マウンドに立つ予定です。


ライオンズの話題が盛り沢山ですが、まだシーズンは終わっていません。負け込めば最下位という、不名誉の可能性もありますので、しっかり目先の勝利を掴みたいです。




スタメンは、

Screenshot_20211013-172914~2


投打共に粘りは出てきましたが、大差で勝てるような勢いはまだないです。


最近は打線が打てないため、辻采配もバント多用と言う消極的な采配が目立ちます。


ただ、辻監督は消化試合ではなく、勝利のために采配をしていますので、選手たちもその想いに応える活躍をしてもらいたいです。




【結果】


Screenshot_20211013-222234~2


大敗で、再び最下位にゲーム差なしとなりました。


ドラフトや松坂大輔の引退登板といった、ライオンズファンが盛り上がる出来事がありましたが、肝心の試合がこれでは残念です。


最下位と言う不名誉な結果にならないように、選手たちには最後の意地を見せてもらいたいです。




【投手】


Screenshot_20211013-222315~2

高橋光成

7回途中10安打6失点と、粘り強く投げていましたが、7回に捕まりました。

序盤から制球が乱れ、落ちるボールの精度も良くなく苦しい投球となりました。

良い時はフォーク、スライダーの落ちるボールだけでなく、カットでも空振りが取れていますが、序盤はそのカットの制球も悪かったです。

今日も126球投げましたが、今シーズンのトータルの球数が、2800球を超えました。パ・リーグで一番多いです。

疲れもあると思いますが、あと一踏ん張りです。



十亀

死球、三振、四球でツーアウト満塁となり、日ハム清水にトドメの満塁ホームランを打たれました。

今日はストレートで三振も取りましたが、次の打者には制球がまとまらない、不安定さがありましたが、よりによって満塁の場面で真ん中にストレートを投げてしまいました。

今季は中継ぎとして、良い働きをしてましたが、久しぶりに十亀らしい炎上を見ました。



田村

チェンジアップとカットで2三振奪いました、ストレートも150キロ出ましたし、変化球も活きました。





【野手】



Screenshot_20211013-222257~2


チャンスは作りましたが、相手エラーと犠牲フライの得点のみに終わりました。



今日は打線に勢いだけでなく、粘りもなく終わりました。






ドラフトで良い投手を獲得しましたが、打力のある即戦力野手は居ないので、打線は主力の復活、若手の覚醒、外国人補強で来季は戦うことになります。



特に、優勝争いするためには、主力の復活は不可欠です。



打線の中心は森、山川のチームでしたが、山川が昨年に続いて低迷しています。

ライオンズには、山川が打てなくても勝てる戦力はないですし、そこまでの資金的な余裕もありません。



今季も山川が不調の時は、打撃コーチが付きっきりで指導したとの事ですが、昨年からずっとなので、指導の効果が出ていません。



打線は2年連続で停滞していますし、投手よりも上がり目を感じさせない状態ですので、

そろそろ打撃コーチは変え時です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















スポンサードリンク

宮崎では2戦目となる、フェニックスリーグが行われます。



初戦はサヨナラ負けしています。昨年の井上、渡邉、上間の活躍のように、来季に期待が持てる若手の活躍を期待したいです。



スタメンは、

Screenshot_20211013-122535~2




【結果】



Screenshot_20211013-153450~2


先発佐々木が好投。打線は、山村、西川のホームランなどで得点を重ねるが、中継ぎの佐野、井上が打たれて逃げ切れずに引き分ける。




【投手】


Screenshot_20211013-153600~2

佐々木

5回無失点の好投。

ストレートで空振りも取れていましたし、低めに行けばチェンジアップ、スライダーでも空振りが取れ、今日は6三振。

課題の制球は、やや高めに行くことはありましたが、ゾーン内に収めていた事もあり、無四球の好投。

良い球を持っていますし、来季はまだ2年目ですが、隅田、佐藤投手が入れば優先度は下がるので、このフェニックスリーグでアピールしたいです。


佐野

ホームランを含む4安打3失点。

ストレートの球威で押していく投手ですが、イースタンでも球速が落ち、球の力も感じられない投球が続いているのは心配です。


中塚

制球はやはり苦しいですが、三振も取りました。

正直、戦力外候補ではありますが、チャンスがあれば活かしたいです。


井上

今季は制球に苦しんできたシーズンですが、イースタン後半は良かったです。ただ、今日は制球が乱れました。

昨年はこのフェニックスリーグで名を上げましたが、今年も飛躍のきっかけにしたいです。


小川

危なげなく3人で終わらせました。

今季は手術で出遅れ、復帰後は見切り発車的に1軍に上げましたが、上手く行かずに、イースタンが主戦場になりました。

イースタン後半はだいぶ良かったですが、日ハムからトレードで来た公文を先に上げた事もあり、お呼びはかかりませんでした。

小川は右打者の方が得意な左投手ですので、中継ぎの1人として1軍の戦力になりたいです。




【野手】


Screenshot_20211013-153515~2


西川、山村がホームランを含む2安打です。

駒月にもホームランが出ています。




山村のホームランです。



山村は高卒ルーキーながら、イースタンでも多くの試合を経験しました。打撃は魅力的ですが、エラーか多く守備が大きな課題となっています。




西川にもホームランが出ました。


今季は1軍スタメンもありましたが、チャンスを掴めませんでした。打撃フォームも変えましたし、フェニックスリーグは新しいフォームを固めて、来季に備えたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

















スポンサードリンク

↑このページのトップヘ