埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

パ・リーグ順位表です。

20220808_073733



ライオンズは貯金10の首位です。



昨年最下位のチームからしたら、この時期に優勝という目標が現実的な所にある順位にいるのは嬉しい事です。


ただ、4位オリックスまで4ゲーム差と、連敗すれば一気に逆転される恐れもある首位ですので、カード勝ち越しは基本として、勝てるときに連勝を積み上げたいです。




勝敗に大きく影響する得失点差を見ると、


西武+48
ソフトバンク+34
楽天+39
オリックス+4
ロッテ−44
日ハム−44




リーグ最少失点のディフェンス力を誇る、ライオンズが得失点差も1位です。


貯金は得失点差と比例するケースが多く、およそ得失点差の1/5が貯金数とも言われていますので、現状得失点差+48の貯金10は得失点差通りの貯金数となっています。



失点は頑張って減らしていますので、もっと貯金を増やすには、もう少し得点を伸ばしたいです。



ただ、昨年、一昨年と得失点差がマイナスとなり、今季もマイナスなら暗黒期突入へ待ったなしといった状況だっただけに、大した補強もない中、選手、首脳陣と健闘しています。



コア4の活躍で、良い感じにチームも回りだしましたが、得点力を伸ばすにはコア4以外にも起爆剤となる選手が必要です。




残り試合が少なくなってくるこれからの試合は、勝負強い栗山、中村選手や、来季の契約がかかっている外国人選手は期待が出来ると思います。



長打も打てる選手ですので、コア4が作ったチャンスやコア4に繋げる打撃を期待したいです。




また、個人的には呉、愛斗、鈴木、川越選手辺りのレギュラーを目指す中堅選手や、ブランドン、若林、渡部、長谷川選手といった若手選手に起爆剤としての活躍を期待しています。



昨日の試合は、呉、長谷川選手の下位打線から上位へとチャンスメイクし、逆転に繋げました。


また、愛斗、川越選手は勝ちパを使わずに勝利を確実にする、ダメ押しタイムリーも打ちました。



こういった、レギュラーではない中堅、若手選手の活躍があれば、大量点にも繋がりますので、日替わりヒーローでも良いので、コア4との共闘を期待したいです。




昨年は、コア4が揃って活躍することが少なく、怪我などもあり、結局、栗山、中村選手といった大ベテランが規定打席に到達してしまう事態となりました。



まだまだ現役ですが、栗山、中村選手に頼りすぎない打線の構築は、ライオンズの必須課題です。



優勝するためには、森、山川、源田、外崎選手の活躍は不可欠ではありますが、プラスαの部分は特に愛斗、呉選手といった、来季からでもライオンズの中心選手にならなくてはいけない世代に期待をしたいです。









明日からはビジター6連戦です。


緩めることなく一気に勝ちを積み上げたいですが、調子の良いときこそ怪我に注意です。


特に明日からは、鬼門の札幌ドームですので注意が必要です。


足に負担のかかる球場ですので、札幌ドームでは辻監督はベテラン選手を積極的には使わない起用も目立ちます。


中堅、若手選手にとっては、大きくアピールするチャンスですので、期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











スポンサードリンク

最低限勝ち越しはしたい、ロッテ戦です。

20220807_170128



スタメンは、

Screenshot_20220807-163305~2


エンス、森選手のバッテリーです。

ここ2試合、6失点、4失点と満足な結果ではなかったため、捕手を古賀選手から森選手に代えました。ホームでは5勝1敗、防御率1.48と安定した投球を見せていますので期待したいです。



【結果】

Screenshot_20220807-203247~2



久しぶりに打線爆発です。


サヨナラ勝ちも嬉しいですが、序盤でこれだけの点差をつけられれば、勝ちパも早々に休ませられるので、こういう試合を増やしたいです。



【投手】

Screenshot_20220807-203306~2

エンス

初回にいきなり2ランを打たれ、不安な立ち上がりでしたが、その後は無失点に抑えて5回2失点と試合は作りました。

今日は、ストレートの制球がイマイチで初回は打たれましたが、カット中心の投球に切り替えてからは、空振りも取れ修正出来ました。

直近2試合と比べれば、少しずつ良くなっていると思います。特に右打者へは制球良く投げられました。


ファームでは隅田投手が好投してますし、ローテに組み入れたい所ですが、どうしますかね。


今週投げた先発の中では今井投手がイマイチでしたが、柱として期待されている投手ですから外すことはないでしょうし、隅田投手もローテに入れたいですし、悩ましい所です。

そうなると、来週は左の多い楽天戦ですのでエンス投手を一度飛ばす可能性もありますし、隅田投手の登板日的には平井投手をズラす可能性もあるので、豊田コーチの采配にも注目です。



佐々木

いきなり死球、ヒットでノーアウト1、2塁となりましたが、続く打者が昨日のライオンズ打線を彷彿とさせる、内野フライを打ってくれて助かりました。

無失点に抑えましたが、シーズン序盤の時のような安定感を戻したいです。



ボー

変化球が抜けて2死球与え、失点もしました。

ストレートは球速は出ていましたが、制球がイマイチでしたので、ストレートを軸に変化球とのコンビネーションを使えるようにしたいです。


宮川

2アウトまではサクサクでしたが、そこから連打で失点しています。回跨ぎとなった9回は無失点で抑えました。

球自体は良かったので、こういう大差の試合でもしっかり無失点で抑える所から、信頼を積み上げたいです。





【野手】

Screenshot_20220807-203334~2



試合を振り返ると、


2点ビハインドの2回、
山川選手四球、愛斗選手ヒットで1アウト1、3塁から、

川越選手の犠牲フライで1点返します。

山川選手の走力を考えると微妙な当たりでしたが、良く走りました。





しかし、続く3回には、2アウトながら満塁のチャンスを作りますが、栗山選手凡退で同点、逆転とはなりませんでした。



初先発のロッテ森投手に手こずり、最近のライオンズ打線は拙攻の嵐ですので嫌な雰囲気でしたが、4回にビッグイニングです。



2アウトから呉選手が四球で出塁すると、

長谷川選手のタイムリーで同点です。


長谷川選手は、ファームで森投手から3ランを打っています。

良いイメージで打席に入れましたし、送球間に3塁まで行けたのは大きかったです。

スタメン起用が当たりましたね。結果的に、打線に火を点ける起爆剤となりました。




さらに、


外崎、森選手のタイムリー、トドメに山川選手の3ランです。

今カードは打線低調でしたが、ようやく先発投手を打ち崩しました。長谷川選手から、素晴らしい5連打でした。

優勝争いをしているチームが、初物を言い訳に打てないでは困りますので、良かったです。





今日はその後も追加点を取りました。

6回は森選手のタイムリー、7回は愛斗、川越選手のタイムリーと、15安打10得点の大差をつけました。



森選手、源田選手が3安打、山川選手はホームラン、外崎選手もタイムリーとコア4が機能しました。


また、6番以降の愛斗、川越、呉選手のレギュラーを目指す中堅選手に、若手の長谷川選手が活躍したのが大量点に結びつきました。


愛斗、川越選手はタイムリー、呉選手はヒットこそありませんが当たりは悪くなかったです。


そして、長谷川選手は同点タイムリーを含む2安打1四球と、起爆剤として機能しました。



得点力を伸ばすには、コア4の活躍だけでは限界もありますので、起爆剤となるような選手が必要です。


日替わりでも良いので、若手やレギュラーを目指す中堅選手たちが活躍してくれると、打線に厚みも出ますし得点力アップの期待も持てます。





ホーム6連戦は6連勝をしたかったですが、5勝1敗で終えました。

首位固めというほど固まってはいませんが、優勝に向けて良いチーム状態になってきました。


序盤で失点してもそこから粘って試合を作る先発陣、疲れもある中健闘している中継ぎ陣、なかなか点が取れなくても最後まで諦めない野手陣と、チームも優勝という目標が現実的になり、モチベーションの高さも感じられるチーム状態です。






来週の6連戦も期待したいですが、来週はまずは札幌ドームでの試合です。


鬼門の札幌ドームですし、調子が良いときこそ怪我に注意です。


しっかり準備をして臨んでもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク

ファームは立正大学との練習試合です。




※無観客のため結果のみです。

 


【結果】

西武4ー4立正大

Screenshot_20220807-172947~2


西口2軍監督の母校との対戦です。


立正大学には、ドラフト候補の奈良間内野手が所属しています。ショートで出場し、1安打1四球2盗塁と活躍しています。昨日の白鴎大同様に、視察も兼ねた練習試合だったと思います。


しかし、大学生相手に引き分けてしまいました。


それも負けそうだった試合を何とか引き分けました。練習試合とはいえ、プロとして残念です。





【投手】

Screenshot_20220807-172355~2

浜屋

4回4安打1四球1三振2失点

3回に3安打を浴びて2失点です。今季は出遅れましたが、なかなか状態も上がらず、今の所は1軍での登板が見越せない状態です。まだ成長出来る投手ですので、目先の結果よりも来季飛躍するための土台作りを行いたいです。



豆田

2回1安打2四球2三振無失点

今季は叶いませんでしたが、来季は勝負の育成3年目ですので、支配下目指して頑張りたいです。



出井

2回1安打1三振無失点

中継ぎではなかなか結果を出せません。球速も上がりましたし、スライダーのキレも良くなりましたが、元々の武器である制球力を活かした投球を取り戻したいです。



田村

1回3安打2三振2失点

2失点後に2三振を奪いましたが、安定感に欠けました。今季はキャンプがピークで、それ以降は厳しいシーズンとなっていますが、力はある投手ですので復調してもらいたいです。






【野手】

Screenshot_20220807-172431~2



高木渉選手がホームランを含む3打点です。

1軍再昇格後は、1軍でも良い感じで打席に入れていただけにコロナ感染は残念でした。ただ、チャンスはまだありますので、状態を上げて1軍を狙いたいです。




若林選手がサードでスタメンです。

途中からはセカンドも守りました。

一時期は、内野手不足で岸選手と共に、セカンドを守る機会もありましたが、山野辺、滝澤、川野、ブランドン、渡部、熊代選手がいる中で、今日はサード、セカンドを守りました。

もしかすると内野も視野に入れたのかも知れませんので、今後に注目です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










スポンサードリンク

↑このページのトップヘ