東京オリンピック野球の台湾代表は、メキシコで開催される最終予選に、プロ選手を派遣しない事を決めました。







世界的に蔓延しているコロナの影響で、野球中国代表は参加自体を辞退していますが、

台湾代表もアマチュアのみの編成で参加を検討している状況ですが、中国同様に参加辞退の可能性が濃厚のようです。








台湾代表には、ライオンズから呉念庭が選ばれる可能性があります。


呉は、東京オリンピックに台湾代表として出ることが目標と語ってました。






お父さんが、ロサンゼルスオリンピックに野球台湾代表として銅メダルを獲得しましたし、呉も父の背中を追い、オリンピックを目標としている様です。




現状のライオンズの状況では、呉が一時的にでも抜けると困るので、予選への派遣がなくなったのは、チーム的には助かります。



が、呉の気持ちを考えると非常に残念です。



(追記)

呉が球団を通じてコメントを出しました。






台湾代表の参加自体が微妙な状況ですが、


台湾代表がアマチュアのみの編成でも、予選を勝ち抜き、オリンピック出場を決めてもらえれば、まだ呉のオリンピック出場の可能性もあるため、台湾代表には頑張ってもらいたいです。




ライオンズが優勝するために呉は必要ですが、呉自身の夢も叶えてもらいたいですね。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









スポンサードリンク