今季は怪我との戦いでもあるライオンズですが、コロナ感染者も出ましたし、戦力的には厳しいシーズンです。




今季だけでも、


森脇 肩痛

高木 大腿四頭筋の肉離れ

栗山 下半身のコンディション不良

山川 ハムストリングの肉離れ

ブランドン 熱中症

外崎 腓骨手術

山野辺 母指手術

木村 腰痛

粟津 トミージョン手術

戸川 ヘルニア手術

増田 下半身のコンディション不良

今井 前腕打撲

若林 前十字靭帯損傷→多分手術

榎田 母指手術

斎藤 トミージョン手術
 


細かい怪我も入れればもっと居ると思いますが、だいたいこんな感じです。


シーズン中の手術が非常に多く、現状で6件です。多分若林も手術になると思うので、7件になりますね。



手術となれば発表されますが、そこまでではなく、怪我で休んでいるかもしれない、行方が分からない選手もいますので、実際はもっと多いかも知れません。



さらに、


源田 コロナ陽性
木村 濃厚接触者
ニール 濃厚接触者


として、抹消されています。



昨年までの1軍の主力野手で離脱がないのが、森、中村、金子だけです。



ただ、金子は怪我以前に出ていませんし、中村は元々怪我がちですし、森はワンバウンドのキャッチングの際に、素手で止めることがあるので、実際怪我をしましたが、リスクが高いです。


特に中村は大事に使わないといけませんね。





スポーツに怪我はつきものですが、近年の怪我人の少なかったライオンズにとっては、

シーズン中の手術が6人は多いです。



若林の長期離脱により、今季はもうベストオーダーが組めませんが、それでも戦っていかなくてはなりませんし、山田や呉、愛斗のように、代わりを務める選手の成長を期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












スポンサードリンク