本日からの交流戦ホーム6連戦は、まずはDeNAと対戦します。



交流戦は残り8試合ありますが、現在借金4のライオンズが5割に復帰するためには、6勝2敗で乗り切りたいです。



好調DeNA相手ですが、勝ち越しが必須のため、今日の初戦は大事な一戦となりますね。




本日の公示で、上間が抹消され、ナベUこと渡邉勇太郎が初昇格しました。

渡邉は先日のイースタンでは150キロを連発していたので、調子は良さそうです。役割は敗戦処理だと思うので、経験だと思って打者としっかり勝負して、自信と課題を見つけてもらいたいですね。







本日のスタメンは、

Screenshot_20210608-174409~2


今出来るベストメンバーです。

DeNA先発のピープルズは、ボールを動かしてきますが、打てない投手ではないので、ミスショットせずに捕らえたいです。



【結果】


久しぶりに序盤に山賊が現れました。集中打で一挙6点を取り、先発松本が悪いながらも試合を作り、

8対3で勝利です。




【投手】

Screenshot_20210608-210427~2


松本

立ち上がりは、生命線のストレートの球速も出ていましたが、徐々に140キロ前半まで落ちて行き、前回良かったスライダーもイマイチでした。

ただ、制球に関しては、ストレートやスプリットは低めには投げられていました。が、審判と合わず、ボール判定になる際どい球が多かったです。

11安打打たれましたが、2失点で凌ぎました。

生命線のストレートが走ってなかったですが、四球は2個でしたし、粘って抑えられたのは、シーズン序盤の四球から崩れていた松本と比べると、大きな成長です。



武隈

ツーアウト満塁のピンチで登板。
チェンジアップが低めに決まり抑えました。

打線が作ってくれたいい流れを渡さない、見事な火消しでした。



與座

連続ヒットからピンチを作り、何とかツーアウトまで来ますが、大和にタイムリーを打たれて失点です。さらにピンチでしたが、最後は緩急を使って三振で抑えました。

これ以上失点すると、せっかくの楽勝ムードから一転、平良、ギャレットの登板もあり得る展開でしたので、よく踏ん張りました。

さらに、回跨ぎで8回も投げ、3凡で終わらせました。

投手をあまり使いたくない時に、イニングを稼いでくれる、こういう投手が居ると、非常に助かります。



十亀

渡邉勇太郎の初登板でも良かったですが、5点差で一発もある外国人にも回るので、十亀で来ました。

ヒットは打たれましたが、最後はスライダーで三振に取り試合終了です。





【野手】

Screenshot_20210608-210358~2


スパンジーが猛打賞です。


今日は、9安打8得点と、ここぞの集中打で点を取る、素晴らしい攻撃でした。




試合を振り返ると、



1点先制されますが、すぐ裏の3回、

愛斗のホームランですぐに追いつきます。

愛斗のコメントから、中村のアドバイスが効いたとの事です。最近の中村は、選手兼コーチですね。




そして、4回に山賊が襲来しました。


栗山のタイムリーから始まり、山川、呉と3連続タイムリー、トドメはスパンジーの2ランホームランで、一挙6点取りました。





良くも悪くも、イケイケドンドン気質のライオンズ打線が久しぶりに見れました。


ノーアウトのチャンスで、アウトを重ねると、最近は打線が重苦しくなってくるので、チャンスで最初の打者だった栗山が打てたのが大きかったです。

ただ、中村がホームインの際に足を痛めてしまいました。大事を取って交代してます。





途中交代した中村以外は、スタメンメンバーがそのまま9回まで行きましたが、8連戦ですので、主力を休ませてもと思いましたが、最近の中継ぎ陣を見てると、主力を下げるのは不安でしたかね。



中村の怪我は心配ですが、8連戦を中村、栗山が出続けるのは厳しいので、イースタンで打撃好調な、ブランドンや高木渉の昇格も検討してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク