今日も打線の爆発を期待したいDeNA戦です。


交流戦残り7試合、5勝2敗で借金返済したいので、明日の内海を楽に投げさせるためにも、今日も勝ちたい試合です。



今日の公示で、ドラ2左腕の佐々木が昇格になりました。


佐々木は、左腕から繰り出される、150キロ近い速いストレートとチェンジアップのコンビネーションが魅力ですが、制球に課題がある投手です。


イースタンの直近2試合では、1回2失点、1回3失点と結果を出せていません。球速も140前半と本調子ではないです。



戦力的には昨日ストレートの強さが戻り、好投した田村の方が良いと思いますので、佐々木はお試し的な昇格だと思われます。


状態的にはあまり良くはないですが、出番があれば、思い切った投球を見せてもらいたいです。





スタメンは、

Screenshot_20210609-172149~2

メヒアが今季初スタメンです。

中村が欠場してますが、昨日の流れの良かった打線の形を変えずに、中村の代わりを山川が、山川の代わりをメヒアがという打線になっています。


昨日足を痛めた中村は、試合前練習には参加していませんが、ベンチ入りはしています。

イースタンで好調な、ブランドンを昇格させておいても良かったと思いますが、投手の佐々木を上げたので、軽症という判断だと思います。


先発はダーモディです。

本職の中継ぎで、1イニング全力の方が、個人的には良いと思いますが、ニール、平井不在に加えて、先日の上間、内海を見てると、何とか5回まで試合を作ってきたダーモディは、先発から動かせないという現状がもどかしいです。

来日初勝利を今日こそ飾ってもらいたいです。




【結果】

ダーモディ、森脇が打たれて序盤から6点差が付きますが、プロ初登板の渡邉勇太郎の力投、呉、愛斗、山田といった下位打線が、タイムリーを積み重ねて追いつき、

8対8の引き分けです。





【投手】

Screenshot_20210609-211647~2


ダーモディ

今までで一番悪い内容でした。制球の良い投手ですが、四球が多く、コースを狙えば外れ、ストライクを取りに行くと、球の力も弱いので打たれると言う悪循環でした。

内容的には再調整もありですが、8連戦中で、ニール、平井が居なく、上間も抹消したばかりですので、先発に余裕がないです。

與座を広島戦の先発に回して、中継ぎに田村を上げるか、あまり変わってないですが、昨日イースタンで先発した浜屋を広島戦の先発にするかですが、首脳陣の判断に注目です。



森脇

ストレートは140中盤と球速は出てましたが、勝負所でフォークが甘く入りました。

ツーアウトからの四球が余計でしたね。


渡邉

プロ初登板です。

ストレートは150キロを連発してました。

立ち上がり、緊張もあったと思いますが、味方の良いプレイもあり、無失点で抑えます。

2軍で一緒にやってきた、愛斗、山田といった先輩たちが、1軍の舞台で助けてくれましたね。


2イニング目は、150キロのストレートに、カットを低めに集め、120キロ台のカーブで三振も取りました。流れを持ってくる投球が出来ました。

さらに3イニング目も行き、球速が少し落ちましたが、ストレートの球威があり、ヒットを打たれましたが、無失点で切り抜けました。

全体的に、140キロのカットが良く、低めに集めて空振りも取れました。緩いカーブもストレートとの球速差があり、上手く使いたいです。ストレートはややアバウトな制球ですが、球速も出てましたし、今後が楽しみです。


3イニング無失点と、素晴らしいデビュー戦でした。




ギャレット

ストレートも変化球も高かったですが、球に力はあり無失点で抑えました。



平良

四球とヒットでピンチになりましたが、牧に対して、インコースのストレートを続けた後、外のスライダーで三振に取りました。

ピンチになってから、さらにギアを上げられる投手なので、心配はしてませんが、使いすぎには注意して行かないとです。

これで開幕から30試合連続無失点です。






【野手】

Screenshot_20210609-211626~2

愛斗、山田が猛打賞。


呉がマルチです。




試合を振り返ると、



初回に3点を取られますが、2回、四球で出た呉、スパンジーを置いて、

愛斗の2点タイムリーで反撃です。


追い上げ体制を作るためにも、早めに複数点が欲しかったので、非常に大きいタイムリーでした。





4回、ダーモディ、森脇が打たれて大差が付きましたが、すぐ裏、

愛斗、山田のタイムリーで2点を返します。





さらに6回には、

山田の2点タイムリーで、2点差まで追い上げます。





そして7回、

メヒアのタイムリーで1点差にすると、続く呉のタイムリーで、最大6点差を追いつきました。

渡邉勇太朗が作った良い流れを、愛斗、山田、呉といった、昨年までは渡邉と一緒に、2軍が主戦場だった選手達の活躍で、6点差を追いつくという熱い展開でした。







負けゲームを、渡邉の力投、下位打線の奮闘で追いつき、流れ的には勝ち越せる雰囲気でしたが、またもや引き分けでした。


今日の試合は、渡邉、愛斗、呉、山田の活躍で負けませんでした。



昨年の今頃からは想像してなかったメンツの活躍でしたが、努力が実を結んだ良い試合でした。
 


ただ、

よく追いついた試合ですが、この流れなら勝ちたかったです。




結果的には、森、山川、栗山の主力がノーヒットだったのが痛かったです。


明日は、森、山川もやってくれると期待したいですね。











スポンサードリンク