今季のA班キャンプに抜擢された、ライオンズの将来を担う、若手投手トリオと言えば、上間、渡邉、井上です。



投手が課題のライオンズにとって、有力な若手の出現は、ポジティブな話題です。




ライオンズファンなので、上間、渡邉、井上の能力を贔屓目に見ている所はありますが、首脳陣も高く評価しているように、素材としては良いものを持っています。






現在までの成績ですが、



上間

(1軍)5試合 21.1回 1勝1敗 防御率6.33 WHIP1.64

(2軍)8試合43回5勝0敗防御率0.84WHIP0.95


3人の中では唯一、1軍でプロ初勝利を上げました。

ストレートは140前後ですが、キレがあり空振りも取れます。変化球に課題はありますが、カット、スライダー、シンカー、カーブと使ってます。

現在は2軍にいますが、イースタンでの成績は圧倒的です。

WHIPを見ても、ランナーを出さない投球が出来ています。また、先発投手として完投もしており、球速を落とさずに9回を投げ切れました。


後半戦は、1軍ローテを狙える位置にいます。

課題は変化球の精度で、右にはスライダー、左にはシンカーをよく使ってますが、カウント球、決め球として機能出来るようにしたいです。





渡邉

(1軍)8試合13回0勝2敗防御率4.15WHIP1.23

(2軍)12試合24回2勝2敗防御率7.13WHIP2.13



イースタンでは制球に苦しみ、あまりいい成績を出せず、先発から中継ぎに配置転換していました。

中継ぎになり、ストレートの力が増した事で、1軍に昇格しましたが、1軍でも150キロを連発して好投しています。



1軍ではWHIPを見ても、防御率ほど悪くはなく、力のあるストレートとカットを中心に、中継ぎとして活躍出来ています。



速い球だけではなく、カーブで緩急を使うことも出来る投手なので、後半戦の中継ぎの状況次第では、先発としての起用も視野に入る投手です。

前半戦は、渡邉が投げると味方打線が反撃をするシーンも多く、チームに活力を与えています。


たまたまかも知れませんが、リズムが良いと言うことだと思うので、後半戦も期待したいです。





井上

(1軍)2試合2.2回0勝0敗防御率16.88WHIP4.13

(2軍)12試合25.2回0勝2敗防御率8.42WHIP8.69



昨年のフェニックスリーグ、今季のキャンプと良い投球をしていたことから、3人の中では一番期待が大きかった選手ですが、今の所苦しんでいます。



持ち味は球威のあるストレートですが、制球が安定しないため効果的に使えていません。

イースタンでは、中継ぎとして25.2回を投げて23四死球です。

球威あるストレートでファールを打たせてカウントを稼ぎ、低めに決まるスライダーで空振りを取る場面もあるだけに、もったいないです。


ドラフト下位指名の高卒投手ですが、怪我がなければ、ドラフト上位で消える可能性があった投手です。


素材は素晴らしいので、持ち味のストレートを活かせる投球が出来るように、投手コーチも交えて、分析して修正したいです。





上間が良いスタートを切り、渡邉もそれに続きましたが、井上が苦しんでいるという状況です。


ただ、3人共まだ若く、今後がある投手たちです。


焦らずに、一歩一歩成長してもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













スポンサードリンク