公式戦は、8/13(金)から再開となります。


ライオンズは後半戦、楽天との3連戦の後、休みを挟んで、ロッテ、オリックスと6連戦となります。



前半戦の後半は先発を高橋光成、今井、ニール、松本の4人で回せていましたが、

後半戦からは再び6人で回すことになるため、ローテ再編となります。





後半戦のローテは、

表ローテは、高橋光成、今井、候補1。


裏ローテは、ニール、松本、候補2。


と予想します。



他球団も表ローテは強力なため、高橋光成、今井を配置し、日曜日は中継ぎが注ぎ込めるため候補1を。


裏ローテは、中継ぎ負担を分散させるために、長い回を投げられる松本を真ん中に置いて、火曜はニール、水曜は松本、木曜は次の日が長い回を投げられる高橋光成なので、候補2となります。


現時点での予想ではありますが、高橋光成、今井、ニール、松本の4人は、後半戦もローテを守る事が前提となります。



候補1、候補2はイースタンと休み期間中の練習試合での状態から選ぶ事になります。



現状有力なのは、浜屋、本田、上間、内海、そして、まだ後半戦の使われ方が分からない平井です。






個人的には、

浜屋は不調の前半戦序盤でもローテで投げさせたくらい、首脳陣からの期待値の大きさを考えると、ローテ入り有力です。


ただ、首脳陣からの期待値だけでなく、投球内容も良い時に戻って来ています。


ここ数試合のイースタンの先発では、課題の一つでもあるスライダーでカウント、空振りも取れるようになり、元々キレの良かったチェンジアップも含めて、状態を上げています。



昨年を見ても、調子が良ければ、ローテを回せる力はある投手ですし、

この調整期間中に打ち込まれる事がなければ、ローテ入り最有力です。





次に、


使われ方がまだ分からない平井ですが、


今季先発としてやっていく決意をし、オフから体を作り、キャンプでも結果を出し、ローテ入りをしました。



シーズン序盤はスライダーがキレキレで、ストレートも140中盤をコンスタントに投げて、安定感のある投球が出来ていましたが、その後スライダーのキレがイマイチになると、打ち込まれる事が増えました。



シーズン序盤の状態に戻せれば、ローテは確定ですが、どんな投手も波はあります。


スライダーが生命線の平井は、スライダーがイマイチなら打ち込まれてしまうため、先発として重要な、調子が悪いなりに試合を作るという事が出来ていませんでした。


ここを首脳陣がどう判断するかです。


調子がイマイチでも、先発として試合を作るという課題を、もちろん平井にはクリアーしてもらいたいですが、


ストレートを含む、球種の習得やレベルアップはオフの課題だと思うので、現状の平井の状態なら、中継ぎとして起用するのが妥当となります。








浜屋の他に、もう一人となれば、本田、上間、内海が候補になりますが、




現時点での成績は、



本田

(1軍)2試合8.2回0勝0敗防御率3.12WHIP1.50

(2軍)13試合76回5勝3敗防御率2.25WHIP1.22


イースタンでは、規定投球回に達している投手の中で、防御率がトップです。

さらに、奪三振が66とこちらもトップです。




上間

(1軍)5試合 21.1回 1勝1敗 防御率6.33 WHIP1.64

(2軍)8試合43回5勝0敗防御率0.84WHIP0.95



内海

(1軍)2試合7回1勝0敗防御率7.71WHIP2.29

(2軍)9試合43回5勝0敗防御率2.30WHIP1.19



本田が素晴らしい成績です。

上間もWHIPを見ても、ランナーを出さない投球が出来ており、イースタンでは圧倒的です。

内海もイースタンでの成績が、本田、上間に負けないくらい良いです。



ただ、

成績で言えば本田ですが、高橋光成の様な主力先発投手なら別ですが、このクラスの投手であれば調子で決めるのが良いと考えます。



首脳陣には、

この調整期間中の投球内容を見て、一番調子の良い投手をローテ入りさせてもらいたいです。





現状、先発ローテは2つ空いています。


首脳陣の期待値なら浜屋、上間となりそうですが、戦力補強を、ドラフトと育成のみで戦うしかないライオンズにとっては、

戦力を最大限に使うには、1、2軍の連携をし、調子の良い選手を優先的に使うことです。



今日からイースタンが再開されます。



先発ローテ入りをかけた競争が始まりますので、1軍では中継ぎだった與座や渡邉を含む、ローテ入り候補選手たちは勝負所です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク