本日のイースタンは、メットライフドームでヤクルト戦です。



スタメンは、

Screenshot_20210720-175045~2


基本的に、ファームの若手メンバーがスタメンです。


先発は後半戦のローテ入りの期待がかかる上間です。

イースタンでは、WHIP0.95と圧倒的な投球をしています。

このままアピールを続けて、ローテ入りを狙いたいです。




【結果】


川越のホームランで先制しましたが、

先発上間が5回に、味方エラーから突如崩れて4失点。

高木渉のタイムリーで追い上げますが届かずに、

3対4の敗戦です。



【投手】


Screenshot_20210720-205813~2


上間

4回までは無四球でリズム良く投げていましたが、5回にツーアウトから山村のエラーでピンチとなると、気持ちの切り替えが上手くいかなかったのか、そこから連打され、制球も崩しました。

5回だけで4失点です。


序盤は、左が7人並ぶヤクルト打線に対して、シンカーが効果的でした。

ただ、ストレートの制球がイマイチで、変化球に頼りすぎました。ストレートで押して、変化球で空振りが取れるように、制球を高めたいです。


1軍の二遊間は鉄壁なので、エラーの心配はないですが、四球などでリズムを崩しても立ち直れるように、修正したいです。

まだ後半戦まで1ヶ月近くあるので、後半戦に合わせて状態をあげていきたいですね。



ダーモディ

助っ人ですし、後半戦は中継ぎとして活躍してもらいたい投手です。

今日は、チェンジアップが低めに決まり、三振も取れました。

力のあるストレートに、低めに決まるチェンジアップ、後はスライダーでボール球を振らせられるようにしたいです。



宮川

ダーモディ同様に、後半戦はブルペンを支えてもらいたい投手です。

およそ1ヶ月ぶりの登板ですが、いきなりストレートの四球を出しました。

以前、宮川はメットライフドームのマウンドだと滑るようだと、辻監督がコメントしてましたが、その状況は変わらないようです。

その後は、比較的ストライクの入るカット主体に切り替えましたが、宮川は、最後の打者から三振を取った様な、良いパワーカーブを持っているので、ストレートの安定性を高めてもらいたいです。



佐野

四球は余計でしたが、無失点で抑えました。

高めのストレートは球威がありましたが、それを活かして空振りを取れるように、アクセントとなる変化球の精度も高めたいです。




【野手】


Screenshot_20210720-205751~2




川越は好調キープです。



1軍は外野の打力が弱いので、まだ後半戦は先ですが、打撃の状態を出来るだけキープしたいです。



代打で登場した、高木渉にタイムリーが出ています。



1軍ではなかなか結果を出せませんでしたが、イースタンレベルなら、よく打ちます。


イースタンの帝王だった、今季殻を破った愛斗のように、1軍でも打力を開花してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク