呉念庭がこの休み期間中に外野守備も挑戦する事になりました。







辻監督は、外崎がイースタンに復帰した際に、呉の外野は考えていないとコメントしましたが、外野が弱いチームの状況を考えて、方針転換したようです。





シーズン中ですし、コンバートではなく、あくまでサブポジション的な所だと思いますが、弱点となっている外野に呉と外崎を組み込む事も考えて、テコ入れしました。



上位進出をするために、なりふり構っていられないので、打線強化のためのオプションを増やすことになります。



今日も外野練習に参加した、1軍での外野守備経験のある外崎が、外野を守ったほうが無難ではありますが、

セカンド出身の監督だけあって、二遊間の重要性を分かっているので、外崎のセカンドは外せないという事でしょう。



個人的にも、12球団最高の二遊間を崩すのはどうかと思いますし、外崎はセカンドが良いと思っています。




なので辻監督同様に私も、



呉の外野は賛成です。

外崎が複数年契約を結んでくれれば、正式にコンバートでも良いと思ってます。



ただ、

呉が外野守備を無難にこなせる事と、打撃が落ちない事が前提です。


レフトの練習をしたようですが、スパンジーのレフト守備を許容しているライオンズなので、打ってさえくれれば、ある程度の守備でも許容されます。







しかし、シーズン前からライオンズは、外野が課題なのは分かっていたので、本来は外野専門の外国人を補強するべきでしたが、


シーズン途中の補強もなさそうですし、呉が穴埋めする形になりました。






呉は数試合、外野を守った事があるとはいえ、シーズン途中に慣れないポジションをやらせるのは、本人の負担にもなりますが、なんとか乗り越えてもらいたいです。



呉には頑張ってもらいたいですし、外野を守れるようになれば、チームとして非常に助かります。



ただ、レフト呉が誕生すれば、スパンジー、メヒアは、今以上に守るところがなくなります。



補強の少ないライオンズにとっては、外国人枠はかなり重要です。

その重要な枠を、主力が怪我や休む時のためのバックアップ要員に使うことになってしまいます。



シーズン前からファンの中でも懸念はされていましたが、それ程打ち勝てていない中、外国人がベンチ要員とは寂しいですね。




編成の失敗は、現場の首脳陣、選手に負担がかかります。



今季はオリンピック休みがあったので、こういうチャレンジが出来ますが、来季はこういう事がないように、守備位置も含めた適切な編成をしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















スポンサードリンク